【22歳で月収100万円達成】
フリーランスエンジニア"あおい"のプロフィール

商社マンからIT社長?非エンジニアからITビジネスで成功した辰巳衛社長を徹底取材

こんにちは!フリーランスエンジニアのあおいです。

この記事では、元商社マンで現在IT企業の社長である辰巳衛さんに今までのキャリアをインタビューしました。

辰巳さんはITのバックラウドはお持ちではありませんが、年々拡大しているIT企業を経営されています。

そんな辰巳さんに起業した理由やエンジニアとの付き合い方など、IT起業について話してもらいました。

ITビジネスで成功する秘訣も教えてもらいましたよ。

「エンジニアと協業してビジネスを作りたい」

と思っている非技術職のビジネスパーソンや

「ITはよく分からないけれど将来起業したい!」

と思っている方はぜひ本記事をご覧下さい。

インタビューした辰巳衛さんについて

現在辰巳さんは、株式会社Lerettoの代表取締役社長です。

株式会社Lerettoではこの7月に、Googleマイビジネスや各SNSアカウントの一括管理サービスである「Canly」をリリースされました。

また「MEOクラウド」というMEO対策サービス(Google Mapなどの地図エンジンの最適化)も運営されています。

辰巳さんは高校生の頃から起業家になる事を目標とされて来たそうです。

そして今はTwitterのフォローワーが3万人のインフルエンサーでもあります。

あおい

早稲田大学→双日→起業家とエリート街道まっしぐらな辰巳さんですが、起業にあたり迷った事もあるそう。

今日はそんな辰巳さんに起業に至る過程と起業後の体験を徹底的にインタビューしました。

ITビジネスで成功する秘訣も教えてもらえましたよ!

いつからIT起業しようと思っていたのか?

あおい

辰巳さん、本日はよろしくお願いします。

いきなりですが、辰巳さんはいつからIT起業しようと思っていたのですか?

よろしくお願いします。

起業を志したのは高校生の時ですね、また実際に起業したのは25歳でした。

辰巳さん

あおい

高校生の時からだったのですね!

なぜそんな早くから起業に興味を持たれたのですか?

高校生の時に、父・母・おじいさん・おじさん・おばさん全員が勤めていた会社が倒産しまして。

「サラリーマンだと正しい努力をしても報われるかは分からない」と思ったのですよね。

辰巳さん

あおい

そうだったのですね・・・。

それはショックな体験でしたね。

なので「起業して自分の人生をコントロールしたい!」と思いまして。

高校卒業後は早稲田の理工学部の経営理工学科に入学しました。理系の経営者を育てる学科でして、簿記やプログラミングも勉強しましたよ。

辰巳さん

なぜ商社に入社したのか?

あおい

なぜ大学卒業後は商社に入社されたのですか?

学生起業して就職しないルートもあったのではないのかなと。

それも考えたのですが、実力不足だなと感じまして。

辰巳さん

あおい

それはなぜですか?
学生時代にベンチャー企業でインターンをしていて。

HPを売る営業で100万円のHPを売っていました。

辰巳さん

あおい

100万円のHPですか!売れるのですか笑?
売れますよ笑。

実際に売れたのは成功体験になりました。けれども営業だけでは起業は無理だなと思って。

辰巳さん

あおい

起業は何でもこなさないといけませんからね。
それで商社に入社しました。

一番商社がビジネス知識をグローバルで幅広く学べると思ったんですよね。

辰巳さん

あおい

はい。
メーカーだとものづくりしか学べないですし、コンサルは資料作りや人を説得する事に注力するので。

なので双日に入社を決めて全力で働く事にしました。

辰巳さん

商社での仕事内容は?

あおい

商社ではどのようなお仕事をされていたのですか?
入社時~3年目の最初まではリスク管理マネジメント部門にいました。

与信の審査と本当に利益が得られるのかの判断の2つを担当していました。

辰巳さん

あおい

難しそうなお仕事ですね・・・。
例えば飛行機を仕入れて売る際に、売る先が倒産しないか審査する必要があって。

飛行機の値段は大金なので、売った会社が倒産されると困りますから。

辰巳さん

あおい

確かに。りんご1個と飛行機1機の値段は全く違いますからね。

りんご1個を売った先が倒産されても困らないけど、飛行機なら話は別ですし。

まとめると、会社が取引をしていいかの審査と投資先の基準の作成が主な仕事でした。

3年目は空港の投資をする営業部署に異動しました。パラオ国際空港と宮古島の下地島空港の投資を担当しました。

辰巳さん

あおい

空港の投資は国が行なっていると思っていました!
空港は国が管理しているのですが、国に任せすぎると赤字になってしまうんです。

なので空港を営業する権利を買って黒字化させる施策を考えていましたよ。

辰巳さん

あおい

それは空港の株の配当で儲けているのですか?
はい、そうです!

辰巳さん

あおい

色々なビジネスがありますね〜。

いつから起業の勉強・準備をしていたのか?

あおい

辰巳さんはいつから起業の勉強&準備をしていたのですか?
それに関しては商社にいた時からです!

辰巳さん

あおい

そうなのですね、具体的にはどの様な勉強や準備をして来ましたか?
まずは米国公認会計士ですね。

英語・財務・会計など幅広く学べるので米国公認会計士を取得しました。

辰巳さん

あおい

良いですね。社会人をしながら資格取得するのは大変だったのではないですか?
もちろん大変でしたよ。

2年目の24歳の時に取得したのですが、当時は本当に仕事と勉強しかしていなかったです。

辰巳さん

あおい

努力家ですね。

準備は何かしましたか?

他は特に準備していないですね。

強いて言えば商社で経験を積む事が起業の準備でしたよ。

辰巳さん

商社を辞めるのに迷いはなかったのか?

あおい

辰巳さんは大企業の商社に勤めていて、辞めるのに迷いはなかったのですか?
めちゃくちゃ迷いましたよ笑。

商社では駐在も決まっていたし、福利厚生が良いので。

辰巳さん

あおい

そうですよね。

周囲からの反対もありそうですし。

そうですね、親や友人に反対されました。

辰巳さん

あおい

止める周囲の気持ちも分かります。

その様な状況の中、なぜ起業に踏み切ったのですか?

当時ルームシェアしていた、Lerettoの共同代表の秋山の後押しが大きいです。

辰巳さん

あおい

そうなんですか!
元々Lerettoは秋山が僕を誘って始めた会社です。

秋山は大手銀行からベンチャーに転職した経歴の持ち主です。なので秋山の話を聞く内に起業に対する怖さがなくなったんです。

辰巳さん

あおい

そうなんですね。

仲間がいたからの起業だったのですね。

はい。

後は米国公認会計士を取得していたので、最悪どこかの企業に転職出来るだろうと思いました。

辰巳さん

IT起業して苦労した点

あおい

IT起業して苦労した点は何かありますか?
人集めとキャッシュフローですね。

6ヶ月間無給だったので、治験に行ったりしましたよ笑。

辰巳さん

あおい

治験ですか笑。
貯金がない中始めたんですよね。

秋山と貯金を集めて資本金100万円の中で運営していました。

辰巳さん

あおい

そうだったのですね。
後はエンジニアが中々口説けない事ですね。

最初の1年は僕と秋山とインターン生のみでしたよ。

辰巳さん

あおい

エンジニアはどこでも引く手数多ですからね・・・。

IT起業して良かった点

あおい

IT起業して良かった点は何かありますか?
自分が社会に貢献している感があるのは良いです。

商社では感じづらかったので。

辰巳さん

あおい

それはなぜですか?
商社ではビジネス知識は身につけられましたけれど。

大企業なので全部が自分の思う様には出来ませんから。

辰巳さん

あおい

大企業の1つのプロジェクトに何十人も携わっていますよね。
お客さんが喜んでいるのが直接見れるのが嬉しいです!

辰巳さん

あおい

それは良いですね!
後は生きている感じがします。

起業で失敗したら死ぬので・・・。

辰巳さん

あおい

特に社長さんだと責任重大ですよね。

IT起業して軌道に乗せられた秘訣

あおい

IT起業して軌道に乗せられた秘訣は何かありますか?
運は大きいです。

適切な人材と出会えたり、ビジネス設計出来たのは運もあります。

辰巳さん

あおい

運ですか・・・。
はい。

CTOの長谷川が起業して1年後にジョインしてくれたのは大きいですよ。

辰巳さん

あおい

確かに自分の頑張りだけではどうにもならない事はありますよね。

そうですね。Canlyの全身のサービスを展開した時はGoogleマイビジネスが普及し始めた時で。

タイミング良かったです。

辰巳さん

あおい

特にベンチャーだと、5年早いビジネスを展開する企業が多いですからね。

後は行動量です。

そういう運を掴むのも行動がきっかけになる事が多いので。

辰巳さん

非技術職のビジネスマンがIT起業する為に必要な知識は何か?

あおい

辰巳さんはご自身でもプログラムを書かれるのですか?
いえ、僕は全く書きません。

プログラミングはよく分からないです笑。商社時代に「Tech Boost」に通って一通りは勉強しましたが。

辰巳さん

辰巳さんが通われた「Tech Boost」以外にも、夜間に受講出来るおすすめのプログラミングスクールを下の記事にまとめてあります。

夜間に通学出来るおすすめプログラミングスクール7選

あおい

そうなんですね。では普段どの様にエンジニアとコミュニケーションを取っているのですか?
まずは僕と秋山がCTOの長谷川とPMに話をしています。そして長谷川とPMがエンジニアに僕達の意図を伝えてくれます。

なので知識ではないですが、まずはCTOと信頼関係を築くのが重要と考えています。

辰巳さん

あおい

はい。
後はエンジニアと信頼関係を築くのも必要です。

エンジニアにリスペクトの心を持って「あなた達がいるからビジネスが出来るよ!一緒にやっていこう!」といつも話しています。

辰巳さん

あおい

それは素敵ですね。
長谷川とPMがメンバーのエンジニアと信頼関係で結ばれているのも大きいです。

PMはNTTデータ出身のエンジニアなのですが、エンジニアはみんな楽しそうに働いていますね。

辰巳さん

将来の目標

あおい

将来の目標は何かありますか?
Canly」を日本一のサービスにしたいです。

ありとあらゆる小売店と提携したいですね。年内に1万店との提携を実現したいです!

辰巳さん

あおい

頑張って下さい!
小売店の口コミが集まったら、データ分析で解析もやりたいです。

後は将来的に上場したいです。

辰巳さん

新サービスのセールスポイント

あおい

新サービス「Canly」のセールスポイントを聞かせて下さい!
「Canly」はMEOを自動化するシステムです。

例えば30店舗以上あるお店だと、それぞれの管理が大変です。「Canly」を使えば、コスト削減が出来ますよ。

辰巳さん

あおい

今はコロナの影響で色々と状況が変わりますしね。
そうなんです。今は一店舗ごとに営業時間が変わりますよ。

例えば牛角なら全国に何百店舗もある訳で、全ての店舗の情報を手動で変えるのは大変過ぎます。しかし「Canly」なら店舗数まとめて変更出来ます。

辰巳さん

あおい

おお!それは便利ですね!
更に情報改ざんを自動でブロック出来ますよ!

たまに店舗の電話番号などの情報を書き換えられる事があるんですよね。ブランディングを保てますよ。

辰巳さん

あおい

私が行こうとしていたお店の住所が全く別の所で驚いた記憶があります・・・。
後「Canly」の口コミの一元管理は便利です。

ログインしたら、まとめて返信出来る所が喜ばれています。

辰巳さん

あおい

そうなんですね!

そう言えば「Canly」と「MEO対策サービス」の違いは何ですか?

「Canly」は大部分を自動で管理し、「MEO対策サービス」は手動で管理するサービスです。

運用代行は30店舗以上だと高いんですよね。けれども自社で管理しようとしても、ノウハウがないお店が多いんです。

辰巳さん

あおい

はい。
「Canly」を使ったら独自ノウハウを貯める事も可能です。

一方で「MEO対策サービス」は人員がいない時にMEOを完全に外注出来ますよ。

辰巳さん

あおい

いいですね。

これからも株式会社Lerettoのご発展をお祈り申し上げます!

まとめ

辰巳さんのお話はとても勉強になりましたね。

エンジニアである私がお話を聞いていても、参考になる所ばかりでした。

あおい

活躍したいなら自己研鑽あるのみと感じました!

私も日々勉強を続けようと思いました。

この記事がIT分野で活躍したいビジネスパーソンの参考になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です