【22歳で月収100万円達成】
フリーランスエンジニア"あおい"のプロフィール

【TechClipsエージェント体験レビュー】年収アップの転職が多い理由・評判を解説

こんにちは!フリーランスエンジニアのあおいです。

少し前に転職エージェントのTechClipsエージェントに転職相談に行って来ましたので、今日はそのレビュー記事を投稿しますね。

さて、エンジニアがもてはやされる現在ですが、

「給料を上げたいがどうしたらいいのか分からない」

とか

「よりモダンな環境で開発したいが今の環境では無理」

など、今の仕事に不満や悩みを抱えている正社員エンジニアの方ってとっても多いですよね。

一方、私も含め、フリーランスになっている方はもっと大きな不安を抱えています。

私も、「このままずっとフリーランスでいるのって大丈夫かな。。。色々不安だな。。。」と悩んでいた時期もありました。

今回体験してきた転職エージェントのTechClipsエージェントは、まさにそのようなプログラマーの悩みを解決してくれるサービスです。

オンラインで面談をしてもらって、次に対面で面談をしてもらうのですが、利用してみて分かったのは、TechClipsエージェントは手厚いサポートで、本当に私たちプログラマーの将来を考えてくれるエージェントだと感じました。

普段働いていてモヤモヤした気持ちを抱えている人は、最終的に実際に転職しなくてもキャリアを考える良いきっかけになります。

あおい

私は将来やりたい事の相談を聞いてもらっただけではなく、今の業界の話も聞かせてもらえましたので、将来を考えるきっかけになりましたよ。

現在、エンジニアの求人倍率は7倍にもなり売り手市場です。

転職には経済状況も大きく関係するので、今はまたとない転職チャンスです。

今の働き方を変えようかどうか迷っている方は、ぜひチェックして下さい^^

ちなみに
現在、TechClipsエージェント経由で転職が決まると20万円のお祝い金がもらえます!興味がある方はお見逃しなく。

TechClipsエージェントの概要

社名 notari株式会社
店舗名 TechClipsエージェント
所在地 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-12-11 渋谷KKビル8F
電話番号 TEL: 03-6419-7890

TechClipsエージェントはnotari株式会社が運営している転職エージェントです。

TechClipsエージェントは首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)のみの求人を紹介してもらえます。

なので、関西で働く事を希望している方は別のエージェントを使いましょう!

TechClipsエージェントでは、紹介可能企業が100〜200ぐらい常時あるそうです。求人数は4500個ぐらいありますが、大手エージェントと比べると若干企業数が少ないですね。

メインの利用者層は20〜50代のエンジニアとなっており、幅広い年齢層にマッチした案件が多数揃っているようです。

一般的に40歳以上になると転職が厳しくなると言われていますが、TechClipsエージェントではベテランの方の転職も若手と同様に受け入れています。

TechClipsエージェントのキャリアカウンセラーは技術を理解している方なので、効果的に企業にアピールする事が可能だからです。

また、TechClipsエージェントでは

  • キャリアアドバイス
  • 技術査定

を中心に事業会社を中心に転職先を紹介してくれます。

他の転職エージェントだと、

  • 希望年収
  • 希望勤務地
  • 希望業務

を伝えて、条件にヒットした求人を全部送ってくれその中からエントリーしたいものを選んで応募する、と言う形が一般的ですが、TechClipsエージェントではその人のやりたい事が実現出来る企業のみを紹介してもらえます。

これは大きなメリットになりますね。

キャリアコンサルタントの意見を聞きながら応募する求人を選べるので、転職での失敗を防げます。

TechClipsエージェントの口コミまとめ

では、私の体験レビューを紹介する前に、TechClipsエージェントを利用した経験がある方のネット上の口コミを集めてみたので紹介します。

リアルな口コミはどうでしょうか。

転職で年収があがったのにお祝い金まで貰えた!

前の会社はSES形態での現場出向だったが現場の評価はよくても自社の評価が全くあがらず、、ここに登録して自分の市場価値を確認出来たので本当に良かったと思っている。

一方で、こんな口コミも見つけました。

コンサルタントはよかったけど、希望にあう求人がなかった。

自分が希望する求人があるかどうかは相談してみないと分かりませんし、全員が希望の案件に出会うことはありません。

そのため、「もし希望する求人がなかった場合は別のエージェントに相談しよう!」と切り替えていけば大丈夫ですね。

では、次は私がTechClipsエージェントを利用した体験・メリット・デメリットを詳しく紹介しますね。

TechClipsエージェントのメリット

TechClipsエージェントを利用して感じたメリットは4つありました。

現職エンジニアからキャリアアドバイスをもらえる

一番良かった点は、「キャリアアドバイスしてくださった方が現職エンジニアだった」という点です。

エンジニア専門の転職エージェントサービスはいくつかありますが、キャリアコンサルタントが現役のエンジニアであるのは非常に珍しいです。

転職をサポートするだけなら、経験豊富なキャリアコンサルタントであれば可能です。

しかし、「正社員とフリーランス」「多言語」「今後の変化が激しい業種」という点などを考えると、同じ境遇を理解してくれる現役エンジニアからのアドバイスは非常に心強いと感じました。

以前、とある転職エージェントで、

キャリアコンサルタント

今までどの様な業務をされて来たのですか?

と聞かれたので、

あおい

主に2つの仕事をやって来ました。

1つはPythonを使ったWEB開発で、DjangoとFlask(Pythonの超主流なライブラリ)を使って来ました。

と答えると、

キャリアコンサルタント

はあ、DjangoとFlaskですか・・・?

と言われ、困惑した表情を見せた時、「この人には絶対キャリア相談しない方が良い!」と危険を察知しました笑。

エンジニアの転職の場合、キャリアコンサルタントがどれだけ文系職の転職実績を持っているかやキャリアコンサルタントの国家資格を持っているかどうかは全く重要ではありません。

なぜなら、文系職と技術職は働き方が全然違うからです。

それより、転職先で使う技術の展望やその会社のエンジニアの質を見れる方がずっと重要です。

むしろそれが分からないのになぜその人に適切な仕事を紹介出来るのかと。

TechClipsエージェントでキャリアコンサルタントを勤めている方は、現役でITエンジニアをされていますので、エンジニアに最適なサポートを提供してくれます。

これが一番大きなメリットですね。

ちなみに

但し、エンジニア出身のキャリアコンサルタントは、他のサービスを見てもかなり少数派です。

  • エンジニアは技術職なので文系職のキャリアコンサルタントに興味を持ちづらい
  • エンジニアからキャリアコンサルタントに転職したからと言って給与が大幅に上がるわけではない

と言う2点があるのかなと感じています。

キャリアを相談する人には十分に注意しましょう!

高年収・高待遇な求人が多数

TechClipsエージェントでは、高年収・高待遇な求人が多数占めていました。

TechClipsエージェントは年収500万円以上の紹介企業が82%もあります。

転職理由のダントツ1位は「より年収を上げたいから」ですよね。

生きていく上でお金は大事で、やりがいを感じられてお金も十分貰える職場に行きたいと誰もが思うことです。

エンジニアの場合、他業種に比べ転職が活発なので、年収を上げるにはより高い年収オファーを出してくれる会社に転職するのが手っ取り早いです。

ではここで、TechClipsエージェントで公開されている求人を見てみましょう。

今回はサラリーマンの夢である年収1000万円の求人を探しました。公開されているものだけで、7件もありましたよ。

まずは、ソフトウェア開発の案件です。

フレックスタイム制なのも働きやすいですね。

将来リーダー経験も積める案件でPMもやりたい人に合っています。

次にインフラエンジニアの案件です。

データ分析基盤の開発のお仕事です。

募集要項を見ると、

  • 大規模サービスの開発経験(負荷を考慮した設計できる方)
  • OSSコミット等、外部への技術発信を積極的に行っている方

などがあり、結構専門的なスキルが求められそうです。

今回は年収1000万円のお仕事をご紹介しましたが、もちろんそれ以下の年収のお仕事も沢山あります。

この前、SES企業で働いていて凄い良い技術を持っているのに、年収300万円のエンジニアに出会って、とても勿体無いなと感じました。

その方の本当の市場価値は年収700万円ぐらいのはず。

自分の市場価値を正確に判断する為にも、TechClipsエージェントを利用する価値はあります。

年収UP率が93%

TechClipsエージェントでは93%の確率で年収がUPする実績があるんです。

その大きな理由は、先ほど紹介した通り、「キャリアコンサルタントの方が現役エンジニア」なので、求職者の方を適切な企業に効果的にアピールする事が可能で、それによりほとんどの人の年収UPを実現していると考えられます。

ブラック転職エージェントだと、年収が上がらなくても「今の作業環境より良くなるので転職した方が良いですよ」と言うセールス文句で求職者を転職させるケースが多いようです。

このようなアドバイスをするキャリアコンサルタントは、プログラミング技術の事が全く分かっていません。後は分かりますね・・・(_ _)

実際に、100万円近く年収がUPした方もいらっしゃるとの事。

年収UPを目指すにも、ちゃんと技術を理解している人がいるエージェントを目指すのが良いです。

ちなみに
IT業界はピラミッド構造になっていますが、TechClipsエージェントでは「下請け企業」の求人は一切扱っていないそうです。

下請け企業に入社しても何もメリットはないので、安心ですね!

コンサルタントとの距離が近い

コンサルタントとの距離が近く、聞きたいことも自由に質問できる雰囲気だったのも良かったです。

求人をいくつか見せてもらった時も、「この会社のCTOは面倒見の良い人で〜〜」とか「コンサルのポジションにつくとやりがいはあると思うけど、激務になりがちで〜〜」とか、不安に思っている事も含め色々と聞いてもらいました。

とあるエージェントに登録した事があるのですが、その時は希望給与・勤務地・希望職種の条件に合った求人の何十個を紙で渡され、

キャリアコンサルタント

大体、この半分ぐらいに応募してください。

転職は数打ち当たれなんです。大体書類審査に応募した数の20%ぐらいが一次面接に進みます。

と言われ私はそれが凄く違和感に感じました。

どこか機械的に感じたのと、数打ち当たれで良い転職先に出会えたら良いですがそうとは思えませんでした・・・。

自分に合った転職先に出会えるかは、実際に働いている人に話を聞いたり、その会社のビジネスの将来性について考えたりする事が不可欠だと思っています。

TechClipsエージェントではコンサルタントの方がそれぞれの求人の企業に精通していて、求人に応募するかも求職者の希望を加味して都度相談に乗ってくれます。

やりとりが機械的ではないのもTechClipsエージェントを利用するメリットです。

TechClipsエージェントのデメリット

一方、TechClipsエージェントにもデメリットがありました。私が感じたのは次の2つです。

求人数が大手に比べると少ない

求人数が大手に比べると少ないと感じました。

大手だと約5万件求人がある転職エージェントもありますが、TechClipsエージェントは約4500件ほどです。

幅広い選択肢の中から選んだ方が自分に合う職場に出会える可能性は高い気がしますよね。

ただ、「絶対に求人票は多い方がいいです!」とも言い切れないのが、私の経験からくる本音です。

入社すべきIT企業は数が限られていると言われています。

それは、エンジニアに対する評価が高いIT企業は日本だとそう多くないからです。

事業を作る事が評価されたり、売り上げを多く上げた成果ばかりが評価される企業も多々あります。

IT企業と言えど営業の方が強い会社も多く、営業職が「誰のお陰で利益が上がっていると思っているんだ」とエンジニアに言う会社もあるそうですね。恐ろしい。。。

この様な会社の求人票がいくらあっても、求職エンジニアのメリットは一切ない訳で、「良質な求人を多く抱えている転職エージェント」を利用すべきでしょう。

関西で働きたい人には合わない

TechClipsエージェントは関西の求人がありません。

なぜなら、求人は首都圏のみだからです。

なので、関西で働きたい人は他の転職エージェントを使いましょう。

ちなみに
IT技術は場所を選ばないと言えど、東京でのみ先端の技術が使われている事も多いそう。

例えば、東京のIT企業だとインフラはクラウドを用いている所も多いですが、地方だとオンプレで動いている所が圧倒的に多いそうです。

若手で地方でエンジニアとして働いている人は、一度技術力UPの為に東京で働く事を考えてみるのもいいかもしれません。

TechClipsエージェントのカウンセリングを受けた感想

TechClipsエージェントのキャリアコンサルタントの長尾様にオンラインと対面で面談してもらいました。その感想を赤裸々に紹介します。

オンライン面談

オンライン面談では、まず私の経歴やキャリアの説明をしました。そしてなぜ転職を考えているのかと今後やりたい事を説明しました。

長尾様からは、

  • 人気IT企業の転職状況
  • エンジニアのキャリア戦略

についてお話ししてもらいました。

まずD◯Mやオ◯トなどの人気IT企業の転職状況について伺いました。

私は新卒で入社した会社を8ヶ月で退職した経歴があります。

なので「すぐやめる人に思われないかな」と心配で聞いてみると、企業によっては20代なら転職は1回までで30代なら2回まで、と言った年齢と転職回数の制限があるそうです。

この様な転職回数に制限がある会社は全体の2・3割だそうです。

また、エンジニアのキャリア戦略ではどの様に40代以降でもニーズのあるエンジニアになるかをお聞きしました。

その時は、人気IT企業で数年間働いたらその後も転職時に有利になると言う事を聞きました。

特に女性は出産や子育てで働けない期間が出てくるので、男性よりキャリア戦略はしっかり考えておいた方が良いです。

これに関しては私も納得な部分があります。

40代後半の女性のエンジニアの知人がいるのですが、その方は超大手IT企業でPMとして働いていた経験があります。

その後の転職時にも「あの企業でPMをされていたんですね!」と言われ、転職のオファーが来る事が増えたそうです。

40代後半でも男性並みにバリバリ仕事が出来て、転職のオファーが来る彼女は本当に憧れます。

とは言え、人気IT企業で働くとキャリア的にメリットになる事が多いですが、やはり転職で大事なのはカルチャーフィットだそうです。

カルチャーフィットしそうかはキャリアコンサルタントも何と無くは予想は出来ますが、最終的には自分で判断するしかないので「本当にその会社で働きたいか」は十分注意して見てみましょう。

対面で面談

対面での面談は私の家の近くのカフェで行いました。

本来は渋谷のオフィスで面談をする場合が多いのですが、私はその時仕事で忙しく中々夜に時間が取れなかったので、長尾様に家の近くまで来て頂きました。

あおい

将来は、コンサルやプロダクトオーナーをやってみたいです。
と話すと、

長尾様

要件定義・設計〜開発・運用のサイクルの経験を積むと良いです。
とアドバイスを頂きました。

「それはなぜですか?」と聞くと、

長尾様

「設計どおりにプログラムが書ける」のではなく「自身で設計できて、プログラムが書ける」様にならないとプロダクト開発出来ませんよ。
と言われました。

あおい

本当その通りだなあ
と感じました。

また転職前提でお話をされなかった所も良かったです。

なぜならフリーランスエンジニアから転職になると2・3割収入が減ってしまうからです。

「転職とフリーランスからの収入減はトレードオフになってしまうのでじっくり考えて見て下さい」と言われ、本当にその人にベストなキャリアを考えてくれているんだなと感じました。

景気が悪くなった時フリーランスや派遣が一番切りやすいので、正社員としてのベストなキャリア選択も考えるきっかけになりました。

後日、長尾様から面談で話した事をまとめたメールが送られて来ました。

会議の議事録みたいなメールです。これは本当感動しました!

・5年後10年後どうなっていたいか
・私の場合どの様な企業が合っているか

などが記載されていて、読んでいるだけで勉強になりました。

TechClipsエージェントは手厚いエージェントです。転職に悩んでいる人はぜひ一度相談して見て下さい。

TechClipsエージェントはどんな人におすすめできる?

TechClipsエージェントにオススメな人は以下に当てはまる人です。

キャリアコンサルタントと相談しながら転職したい方

まずは、キャリアコンサルタントと相談しながら転職したい方です。

特に初めて転職する方はキャリアコンサルタントと相談しながら転職活動を進めた方がいいです。

転職エージェントに登録してみて、「就活とは全然仕組みが違うんだな!」と思いました。

  • 中途は通年採用
  • スキル重視で判断される
  • 年収も一律ではない

などなど新卒採用とは違う所が満載です。

転職経験がある人ならまだしも、ない人はしっかりと対策を取らないと、

  • 希望の企業・職種に就けても給与が安い
  • 今まで培って来たスキルを上手くアピール出来なく内定がもらえない

などの事が起こります。

転職する場合は、「今まで自分が培って来たスキルをアピールする戦略」を練って挑んだ方が良いです。

年収UPを目指して転職する方

年収UPを目指して転職したい方は、年収アップの確率が93%の実績があるTechClipsエージェントを利用してみるといいでしょう。

よく「エージェントなんて使わないで自力で応募した方が、エージェントに紹介料を払わなくて済み、その分自分の給料に上乗せされる」と考え転職エージェントを使いたがらない方がいます。

これはある点では本当である点では間違いです。

確かにその様な人はいます。

しかし、その様な人は「自力で給与交渉が出来る人」に限られます。

エンジニアの場合、交渉慣れしている人と言うのはそう多くないです。営業職ではないですからね。

中には稀に、営業以上に交渉に長けている人もいますが、そう言う人は本当に稀です。

大抵の人はエージェントを使った方が年収が上がるはずです。

またエージェントのビジネスモデルとして、その人の給与の20%程を紹介料としてもらう事で成り立っているので、エージェントも必死になって給与交渉をしてくれます。

交渉力に自信のある人以外はエージェントを通して転職した方がキャリア相談も出来るし給与交渉も代理で行ってくれるしでメリットが大きいでしょう。

事業会社に転職したい方

TechClipsエージェントでは事業会社の求人を多く保有しているので、事業会社に転職したい方はTechClipsエージェントに相談するのが良いでしょう。

内定実績も多々あります。

エンジニア専門の転職エージェントではない場合、「XX企業(人気IT企業の名前)の営業職と企画職の内定実績はあるのですが、エンジニアの実績はまだないんですよね。でも応募はできますよ」と言われた事が数回ありました。

私の考えではありますが、そう言うエージェントを通して応募するのはオススメしません。

例えば、子供が行きたい学校があって塾選びをする場合に、「うちの塾ではその学校の実績はありませんが、受験する事は出来ます」と言われて、その塾に通わせるかと言う話です。

そう言われたら、別の実績のある塾に通わせますよね?

エージェントの利用は無料ではありますが、自分の一生がかかっている話でもあります。

利用するエージェントは妥協しないで選びましょう。

それに応募なんてエージェントを通さなくても、個人で応募する事が出来る訳です。

エージェントを使うメリットとして、その会社に内定した人がどう言うアピールの仕方をしたのかを知れると言う点もあります。

自分で一から勝ちパターンを見つけるより、他の人の真似をした方がはるかに効率的に転職が出来ます。

TechClipsエージェントの利用のまとめ

最後にTechClipsエージェントを利用する時は5ステップの流れを紹介しますね。

ステップ1:登録する

まずは登録しなければ何も始まりません。

下の公式サイトをクリックし、無料登録を進めます。

HPの赤い枠のボタンを押すと、

この様な個人情報入力フォームにたどり着きます。

60秒ぐらいで入力が終わります。

ステップ2:メールでやり取りをする

TechClipsエージェントの担当者からメールが来るので、履歴書・職務経歴書の送付や面談日時の決定などを行います。

ステップ3:オンライン・対面面談

次にまずはオンラインで面談を行い、現在の状況を共有します。

オンライン面談が終わると、渋谷のオフィスか最寄りのカフェ等で対面で面談をします。

オンライン面談では詳しく自分の希望などを話して、どの様な求人を紹介してもらえるかを考えます。

ステップ4:求人の選定

面談の結果、合いそうな求人が送られて来るので応募する求人を選びます。

ちなみに求人を見ただけでは、詳細な仕事内容とか年収は分かりません。

それらが確定するのは実際に内定が出た時だそうです。

ステップ5:ES・面接対策

エントリーに備えて、ESや面接対策を行います。

必要に応じて、今までのキャリアの棚卸しや自分の強みを整理します。

第三者の意見を聞きながら、面接官に興味を持ってもらえるESを作成します。

また面接慣れしていない求職者も多いので、面接対策もします。

ステップ6:求人の応募

選んだ求人にエントリーします。

企業にもよるのですが、大体エントリーしてから1・2週間で書類選考の合否が出るそうです。

ステップ7:企業と面接

書類選考が合格したら、面接をします。

もしも落ちてしまっても、転職は縁の部分も大きいので、自分を責めず「縁がなかったんだな」と思いましょう。

落ちてしまった場合はTechClipsエージェントからフィードバックがもらえます。

ステップ8:内定・入社後のアフターフォロー

内定が出たら、転職する会社を選びましょう。その際もTechClipsエージェントは相談に乗ってくれますよ!

入社後も適宜状況を確認してくれるそうです。

もし、その時困りごとがあればより働きやすくなる様に一緒に考えてくれます。

まとめ

私も今まで色々な転職エージェントに登録してきましたが、ここまで親身になって話を聞いてくれるエージェントはないんじゃないかと思います。

転職に何かしらの不安や希望を持っている人は一度TechClipsエージェントに相談に行って見ましょう!

エージェントの利用は無料で、TechClipsエージェントは全くしつこく転職を勧められたりしないので安心して相談が出来ますよ^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です