【22歳で月収100万円達成】
フリーランスエンジニア"あおい"のプロフィール

SESはなくならない?「やめとけ」と言われる理由とは?

こんにちは!フリーランスエンジニアのあおいです。

今日は、SESがやめとけと言われる理由を解説していきます。

みなさんは

「SESはなんとなく悪いイメージがある」

とか

「SESで働いていた先輩が鬱になってしまった」

とかSESに対してネガティブなイメージを持っているのではないでしょうか。

けれども、なぜSESの評判が悪いのかを理解している方は少ないはず。

本記事では、SESのネガティブな理由を5つ詳しく紹介していきます。また、私が実際にSESで働いて苦労した経験も合わせて解説します。

これから、エンジニア就職を考えている方はぜひ参考にして下さいね。

SESとは?

SESとは「System Engineering Service」の略で、クライアントにエンジニアを派遣する委託契約の事です。

派遣されたエンジニアは、システムの開発・保守・運用・マネジメントなど幅広い業務を行います。

また、成果物に対する報酬ではなく、働いた時間に対して報酬が支払われます。なので、建前上はシステムが完成しなくても問題になる事はありません。

今はどこもエンジニアが不足しているので、よそのエンジニアを借りたい企業は沢山あり、SESはIT企業からのニーズが大きいです。

では、なぜSESが「やめとけ」と言われるのかを詳しく見ていきましょう。

SESは地獄!?「やめとけ」と言われる5つの理由

SESには「やめとけ」と言われるメインの理由が5つあります。

どれも、働く上でデメリットになる理由ばかりです・・・。

常駐先で大きく運命が変わってしまうから

派遣される常駐先で大きく運命が変わってしまうのは、SESの最大のデメリットではないでしょうか。

あおい

SESは「案件ガチャ」とも言われますが、まさにどのような環境が出てくるか分からないガチャです。

不親切な人達に囲まれ、厳しい納期に追われながら働くかもしれません。また、スキルアップに繋がらない仕事をさせらて無意味な時間を過ごす事もあります。

このようなハズレの派遣先を引いた場合は、ただ辛いだけです。

もちろん、温かい人達に囲まれチャレンジングな仕事に取り組める可能性もあります。案件ガチャにはアタリも含まれています。

けれども、アタリは圧倒的に少ないですね。アタリ案件の企業は、離職率が少ないゆえに、エンジニアをよそから借りてくる必要がない場合が多いからです。

どの派遣先に行く事になるかをエンジニアはコントロール出来ません。そもそも、所属している会社も派遣先の環境を詳しくは知らないからです。

1日8時間以上を使う仕事の運を天に任せる必要はありません。

SESは案件ガチャであるので、やめとけと言われる理由の一つになっています。

決裁権が持てないから

派遣された先で決裁権は持てません。決裁権を持てるのは派遣先の社員であるエンジニアのみです。

なので、「生涯ずっと手を動かすエンジニアでいる!」と決めている方はそれでも問題ないかもしれません。

一方で、PMやマネジャーになる事も考えているエンジニアは経験出来る仕事が減り、キャリアアップ上不利です。

SESで働くと、ある意味「IT土方」として働く事になります。システムをコツコツ開発し続けるしか出来ません。

あおい

その為、社内での出世も望めず、SESで働いてもエンジニアとして生涯を終える道しかありません。

給料が安い&昇給が少ないから

SESで働いても、給料が安い仕組みになっています。また、昇給もあまり見込めません。

まず、SESでは派遣先のシステムを開発している事から、そのシステムが売れようが売れまいが働いたエンジニアに還元される事はありません。

むしろ、派遣先のどこの会社も開発費を下げたいと思っているので、最初からSES会社の給料は安く設定されています。

また、派遣先で成果を上げても所属している会社にはその成果が分かりづらいので、昇給もしづらいです。

このように、SESで働いても金銭的デメリットが大きいんです。

働いても給料が安いのは悲しいので、わざわざSESで働く必要はありません。

常駐先がない時は給料が支払われないから

派遣先がない時は、給料が支払われない会社もあります。

SESでは契約が終了すると、派遣先がなくなります。

あおい

その時、自宅待機になる事が多いのですが、自宅待機の期間中は給料が支払われない事が多いんですよね。

そして契約の終了は、「自分が使えないポンコツエンジニアだった」とか自分に非がある場合以外にも起こり得ます。

プロジェクトの終了とか予算が少なくて打ち切りの場合も、契約は終了します。

そのような外部要因の結果で、派遣先がなくなっても給料が支払われないのはなんだか納得が行きませんが、そのような契約なのだからしょうがありません。

正社員エンジニアで給料が払われないなら、フリーランスになった方がよほどマシですね・・・。

自社の人脈が作りづらいから

SESではほとんどの時間を派遣先の会社で過ごすので、自社の人達と仲良くなりづらいです。

せっかく、同じ会社で働いているのにもったいないですね。

ずっと正社員として働くのならそれでも問題はないとは思いますが、独立した場合は人脈が多い方が圧倒的に有利です。

また、「派遣先の人と仲良くなれるのでは?」と思った方もいるかもしれませんが、仲良くなれるかはガチャの結果次第。

なので、人脈を作るなら優秀なエンジニアが集まる自社開発の企業に入社するのが一番です。

SESが「やめとけ」と言われる理由が分かったはず。では次に、実際に私が経験した壮絶SES体験をお話しします。

【体験談】苦悩やストレスが連続した壮絶SES体験談

私が壮絶なSES体験をしたのは、入社して4ヶ月後のすぐです。炎上案件が派遣先だった時で、本当に大変でした・・・。

まず、9時半出社・22時退社が当たり前でした。そして、昼休みもまともに取れませんでした。

その前の現場は9時出社・17時半退社だったので、とても疲れましたね。

そして、周りのエンジニアも同じ環境で働いているので、みんなイライラして働いていて地獄絵巻です。アサインされたばかりの私がちょっとでもミスすると、怒鳴られる事もありました。

あおい

今思えば、私はその会社の近くに住んでいたのですが、通勤時間が一時間以上かかる人達はもっと大変だっただろうなあ。

そんな大変な環境で働いていても、お給料は残業代だけの微々たる額しか増えませんでした。

「こんな環境で働くなら、残業時間を全部副業に当てた方が圧倒的に稼げる!そして、ストレスが少ない」と感じましたね。

なので、SESで働く必要性は一切ありません。

エンジニア就職する際はSESではなく、自社のサービスを開発する自社開発の企業にエントリーしましょう。

【キャリアアップに有利】自社開発企業の探し方4つ

自社開発の求人を探す方法は4つあります。

ちなみに、自社開発で働くと

  • 昇給がしやすい
  • 技術力を高められる
  • 優秀なエンジニアと繋がりが作れる

などメリットが沢山です。

それぞれの探し方を見ていきましょう。

転職エージェントで探す

転職エージェントにも、自社開発エンジニア求人があります。

数は多くないけれど、探せば見つかります。

自社開発のエンジニア求人は「ワークポート」と「ギークリー」という転職エージェントに多いです。

評判は?転職エージェントのワークポート(WORKPORT)を利用した感想と口コミ 評判の良い転職エージェントのギークリー(Geekly)を利用した感想と口コミ

ワークポートは地方の求人が見つかり、ギークリーはIT業界に特化したエージェントなのでエンジニアの求人が豊富です。

興味のある方は上の記事を読んでみて下さいね。

無料プログラミングスクール経由で紹介してもらう

無料プログラミングスクールに通うと、無料でプログラミングを学べ、自社開発の求人も紹介してもらえ一石二鳥です。

また、スクールは求人の企業が良質かどうかの情報を持っているので、会社選びに失敗する確率を減らせます。

特に自社開発の求人数が豊富なスクールは、「プログラマカレッジ」と「GEEK JOB」です。

評判の良いプログラマカレッジ(プロエンジニア)の体験談と口コミ 就職先は?評判の良いGEEK JOB(ギークジョブ)を利用した体験談とリアルな口コミ

こちらの記事で2校は詳しく解説しています。興味のある方はご一読下さい。

そして、その他のおすすめのスクールはこちらで紹介しています。

【全15ヶ所から厳選】働きながら通える無料プログラミングスクール5選

企業の採用ページを見てみる

企業の採用ページを見てみて、未経験可のエンジニア求人がないかを調べても良いです。

ただ、どの会社が未経験可なのかは分からないので、ひたすら調べ続ける事になりかねません。

また、何の情報もないまま会社選びをする事になるので、入社した後に「思っていた会社と全然違った・・・」という事も防げません。

注意
求人や採用ページには意図的に隠されている情報も多いです。

可能な限り、会社で働いている知人に実際の所を聞いてから入社すべきです。

転職エージェントで求人を探しながら、自力でも探した方が良いです。

全て自力で探すメリットはありません。

イケてるエンジニアに紹介してもらう

”イケてる”エンジニアに会社を紹介してもらう方法もあります。俗に言う、「リファラル採用」ですね。

ただし、この方法はすでにエンジニアとして働いている方のみ実現可能性が高いです。

なぜなら、エンジニアとして働かないとイケてるエンジニアとの繋がりは作りづらいですし、紹介もしてもらいづらいからです。

あおい

どれくらいのポテンシャルがあるのか分からない人を簡単に紹介出来ないですよね。

しかし、イケてるエンジニアが働いている会社はイケてる事が多いので、ハズレを引きにくいメリットが大きいです。

なお、「イケてる」と書いている所がミソです。

理由は、微妙なエンジニアが働いている会社はほぼ微妙だからです。なので、紹介を受ける際は必ず憧れているエンジニアに紹介してもらいましょう。

注意
かつて勉強会のLTで、「ブラック企業」と評判の会社のエンジニアが、しきりに参加者にそのブラック企業への転職を勧めていた事がありました。

「人により会社の評価は違うのかな」と思っていましたが、後からそのブラック企業ではエンジニアを一人紹介させて入社させると、紹介者に150万円支払われる事を知りました。

なので、リファラル採用では、単に自分の利益の為に紹介される場合もあるので気をつけましょう。

SESが日本からなくならない3つの理由

最後に、日本からSESがなくならない理由を見ていきましょう。

なぜ、こんなにもSESは悪評なのになくならないのかを詳しく知りましょう。

正社員を簡単にクビに出来ないから

日本は正社員を簡単にクビに出来ません。

けれども、「このプロジェクトの時だけエンジニアが一人必要だ」という場合も多々あります。

そのような時にSESは便利なので、IT業界でSESは流行ってしまうんですね。

例えば、アメリカはレイオフが簡単に出来るのでSESの需要が少ないです。

雇用が守られているのは良いですが、それでエンジニアの待遇が悪くなってしまうのは微妙ですね。

SES事業は儲かりやすいから

SES事業は、エンジニアを採用して派遣するだけで利益を生める簡単なビジネスです。

なので、会社の収益の土台としやすく、多くのIT企業が参入します。

その為、SESが増えてしまうんですね。

ちなみに、SESがないと傾きそうな会社はかなり危険です。SESは退職者が増えるだけ売り上げが減ってしまうからです。なので、そのような会社には入社しないのが吉です。

あおい

これからエンジニアになる方は、SESなんてやらなくても十分儲けを生めるサービスを持っている会社に入社して欲しいですね。

エンジニアが不足していてよそから借りたいから

今、日本は慢性的なエンジニア不足です。一部の人気企業以外はエンジニアが足りていない会社がほとんどです。

なので、よそから借りて人員確保したいニーズはこれからも、しばらくはなくならないでしょう。

よそから借りる方法はフリーランスや派遣がありますが、その他にSESがあります。

フリーランスと派遣だけではエンジニアを補充しきれないから、SESも必要なんですね。

このように、SESはある意味日本のIT業界を支えています。

けれども、みなさんがSESのエンジニアになって日本のIT業界を支える必要は全くありません。

エンジニア就職を目指している方やSESのエンジニアをされている方は、一度ご自身の働き方を考えてみてはいかがでしょうか?

まとめ

SESが働く環境としておすすめ出来ない理由を理解していただけたはず。

もちろん、自社開発のエンジニアとして働くには深いエンジニアリングの知識が必要になり、未経験からだと特に難しいです。

けれども、SESで働いて体調を崩してしまっては、エンジニアになった元も子もありません。

自社開発で働いても体調を崩すリスクはありますが、SESよりはそのリスクを減らす事が出来ます。

同じエンジニアとして働くなら、毎日充実して働きたいですよね。

その為に、色々な選択肢を考えて下さい。そして、自分の理想の将来を作っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です