【22歳で月収100万円達成】
フリーランスエンジニア"あおい"のプロフィール

プログラマーで年収が1000万円を越えるために効果的な方法を全部調べてみた!

こんにちは!フリーランスエンジニアのあおいです。

今日の記事は年収についてです。

年収1000万円はサラリーマンの憧れですよね。

私はフリーランスエンジニアになって年収1000万円ではないのですが、売上1000万円を超える事が出来ました。

あおい

22歳で1000万円と言う目標を達成する事ができて、今はとても満足しています。

けれども、これからもまだまだ上を目指したいと思っています。

さて、誤解を恐れずに言うと、

「プログラマーで年収1000万円を超えるのは意外と簡単です!」

それは自慢でもなく、煽っているわけでもありません。

自分自身を振り返ってみたり、周りのプログラマー仲間を見てみると、1000万円と言う数字は不可能な領域ではありません。

大事なのは、その方法に気づき、それを実践しているかどうかです。

そこで、この記事では、プログラマーで年収が1000万円を越えるために効果的な方法をご紹介します!

年収1000万円を越えるための目標にしている方はぜひ参考にしてくださいね^^

プログラマーが年収1000万円を越えるのは簡単

プログラマーが年収1000万円を超えるのは、他の職業に比べて圧倒的に簡単です。

理由は、

  • 独立しやすい
  • 副業しやすい
  • 出世しやすい

の3つが揃っているからです。

まず、プログラマーは実務経験を1年以上積めば、簡単にフリーランスエンジニアになれます。

お給料を上げるには、正社員プログラマーよりもフリーランスになった方が圧倒的に簡単です。

また、副業がしやすい点も重要です。

プログラマーは開発・講師・技術顧問など色々な副業をする事が出来ます。

上手く副業で案件を取ってくれば、自分のお給料以上の額を副業で稼ぐ事も可能です。

あおい

私も新卒の時に、副業で開発のお仕事をしていました。

自分のお給料と同じ額を副業でも稼いでいて、副業収入もあなどれません。

また、ポストが空きやすく出世がしやすい側面も見逃せません。

IT業界は転職が盛んでかつ市場規模が拡大しているからです。

役職が上がると当然お給料も上がります。なので、年収1000万円も夢ではないんですね。

プログラマーが年収1000万年を目指す方法を次のトピックで詳しく見ていきましょう!

フリーランスエンジニアで年収1000万円を越える難易度と方法

難易度
(1.0)

フリーランスエンジニアで年収1000万円を超える難易度はかなり低いです。

プログラマーならほぼ誰でも目指せると言っても過言ではないでしょう。

あおい

フリーランスエンジニアになるのは難易度が高いと思われがちですが、実務経験1年以上からでもなれますよ。

なので、難易度が低いんです。

例えば、80万円の単価をもらえるフリーランスエンジニアになったとしたら、それだけで年間960万円の売り上げです。

そして、副業で月12万円もらえるお仕事を半年間続けると副業収入は72万円になり、合計すると1032万円の売り上げになります。

“ちなみに”
80万円の単価はプログラマー歴3年ぐらいなら比較的誰にでも可能性があります。

しかも、副業で月12万円もらえるプログラマーの案件は山ほどあります。

なお、フリーランスエンジニアで年収1000万円を目指すなら、高単価の獲得が肝になって来ます。

以下で高単価を獲得する方法をご紹介します。

エージェントにマージンを下げてもらう

実は、交渉次第でフリーランスエージェントにマージンを下げてもらうのは可能なんです。

フリーランスエンジニアになったら、フリーランスエージェントから案件を紹介してもらう事が増えます。

あおい

マージンを下げてもらうだけで、5万円お給料が上がるなんて事はザラにあります。

某大手フリーランスエージェントのマージンは約30%だそうで、色々と交渉の余地がありそうですね・・・。

けれども、マージンを下げてもらうには、自分で交渉をするしかありません。

交渉する時のポイントは、

  • 自分がそのフリーランスエージェントで働くメリットを伝える
  • 自分のスキルの相場を知る

の2点を抑えましょう。これだけで、交渉が通る場合が多いです。

高単価を取りやすいプログラミングスキルを身につける

高単価を取りやすいスキルを持っていると、他の言語より約+10万円単価を高くもらえます。

今なら、Python・Go・Rubyが出来ると高単価が望めます。

一般的に経験豊富なスキルで高単価を取ると思われがちです。

しかし、今の技術ニーズを読み、ニーズの高い技術を身につけるのは重要です。

そして、そのスキルで働くと高単価に繋がるし、すたれないプログラマーになれます。

プログラミングもビジネスの世界なので、ニーズを読む事は大事なのです。

ビジネス的な知見を持つ

ビジネス的な知見を持っていると強いです。

お客さんに技術と共にビジネスの観点でもアドバイスが出来るようになると、単価が一気に高くなります。

ビジネス的な知見はお客さんの売り上げに直結します。

なので、ビジネススキルを持っていると、売り上げが上がった分のリターンとしてお給料に反映されやすいです。

「プログラマーは技術の事だけ分かっていれば良い」と思われがちですが、そんな事はありません。

アプリケーションを作るのが目的ではなく、アプリケーションを売るのが本来の目的です。

なのでビジネス的な視点は不可欠で、技術者目線で企画職の方と”どう売るか”を考える必要があるんですね。

ちなみに
技術の事だけ分かっていればいいプログラマーもいます。俗に言う、リサーチャーの事です。

リサーチャーになるには、深い専門知識や長年の経験など、頑張れば身につくもの以外のスキルが必要になります。

リサーチャーになるより、ビジネスが分かるプログラマーを目指す方が色々な人に門戸が開かれていると感じます。

ちなみに、次の記事では、月商100万円を達成した私が利用しているエージェントを紹介しています。

23歳女子でもフリーランスエンジニアで月80万円稼げた!利用したおすすめエージェント7選

ぜひ参考にして下さい。

副業で年収1000万円を越える難易度と方法

難易度
(3.0)

副業で年収1000万円を越えるのを目指すのは、”頑張れば”全員に可能性があります。

副業は稼げないと思われがちですが、そんな事はありません。

高単価な副業をする

高単価な副業をするのは、副業を含め年収1000万円を目指す時の最善な方法です。

あおい

例えば、技術顧問の副業だと日給5万円ももらえるものが多々あります。

週2回働くだけで月40万円の収入になりますね!

もちろん、技術顧問は誰にでも出来る副業ではなく、経験や顧問を出来る程の深い知識が必要になります。

しかし、開発の副業ならプログラマーならみんな出来るはず。時給5000円の開発の副業は、多くありますよ。

本業の年収が700万円で、月30万円の副業収入があると、それだけで1060万円の年収を稼げます。

年収1000万円を目指すなら、本業と副業を合わせて実現するのが効果的です。

収入が分散しているので、リスクも少ないです。

ただし、”頑張れば”と書いたのには理由があります。働き方によりますが、副業をすると休日がなくなるからです。

独身の方ならそれでも問題ないかもしれませんが、子育て中の方ならキツイと感じるかもしれません。

そして、副業をしていようが本業は普通にある訳です。

なので、本業に支障が出ないように副業もこなすのは頑張らないと出来ません。

なお、副業を探す時には、以下の記事を参考にして下さいね。

12社の経験でわかったプログラマーのための副業ガイド【リモート可】

マネジメント職に就いて年収1000万円を越える難易度と方法

難易度
(4.0)

マネジメント職について年収1000万円を目指すには、マネジメント職が出来るぐらいの経験と出世スキルが必要です。

なので、ある程度の経験を積まないと厳しく、一朝一夕で出来るものではありません。しかし、最近は若手でもマネジメント職につく場合が増えています。

それぞれの方法を見ていきましょう。

経験は必須

マネジメント職につくのは簡単には出来ません。

しかし、大手企業に入って実績を残して抜擢されれば年収1000万円を実現可能性大です。

あおい

もちろん、実績を残すのは誰にでも出来る事ではありませんが、その点は地道に働くしかありません・・・。

メガベンチャーだと実力主義ゆえに、若手でもマネジメント職につける可能性が高いです。もっとも、若手で抜擢されるには相応の実力がないといけないので、簡単な話ではありません。

ただ、年功序列の会社の場合は若手でマネジメントが出来る可能性はゼロです。

なので、実力主義の会社で働いているかつ上手く行けばU30でも年収1000万円が実現出来ます。

出世スキルも必須

マネジメント職に抜擢されるには、出世スキルも重要になって来ます。

上司に気に入られ「この人にチャンスをあげよう」と思われないといけません。

あおい

また、人事に「XXをやりたいです!」とアピールする必要があるかもしれません。

そして、社内の人脈が広い方が有利です。

さらに後輩の育成力があるなど、マネジメント職に必要なプログラミングとは全く関係ない能力も必要になります。

私の肌感なのですが、出世スキルは先天的に備わっている能力の場合が多いです。

なので、「同期が先にどんどん出世していく・・・」と悩んでいる方は自分の行動を変える必要がありそうです。

こちらの方法で年収1000万円を超えると、ヘットハンティングで引き抜かれた場合に1000万円以上を目指せます。

【年収290万アップの実績もあり】レバテックキャリアでキャリアと年収をUPさせよう!

興味がある方はご一読下さい。

大手企業にプログラマーとして入社して年収1000万円を越える難易度と方法

難易度
(5.0)

大手企業にプログラマーとして入社して年収1000万円を超えるには、相当技術力がないと出来ません。

今回のちにご紹介する「自分でサービスを作って年収1000万円を越える難易度と方法」と並んで難しいです。

大手企業の年収1000万円プログラマーは転職などでスキルアップしてその地位にたどり着いた方もいらっしゃるのですが、コンピュータサイエンス専攻で専門的に勉強してきた方が多いです。

あおい

バックラウンド+技術力が必要になります。

コンピュータサイエンス専攻の経歴

募集要項にコンピュータサイエンス専攻出身と書かれている場合も多いです。

当たり前ですが、そのような経歴を持っていない人は応募も出来ません。

あおい

しかし、経歴があれば選考が通るかというとそうではないのが難しい所です。

具体的には「基本的に東大・京大出身者しか取らない」などプラチナな学歴がないと選考を通過出来ない企業もあります。

さらに、次にご紹介する研究や実務での実績の比重が高い部分も重要です。

研究や実務での実績

研究や実務での実績なども必要です。

大手企業の年収1000万円超えのプログラマーとして採用されるには、高い倍率の中から自分を選んでもらわないといけません。

あおい

面接の時に、「今までこのような実績を残してきました」と話せないと「この人を採用しよう!」とは思ってもらえないです。

具体的には、研究なら「このような論文を出しました」など目に見える成果が必要です。国際学会に論文を通した経験があるプログラマーは強いですね。

実務だと「売上XX億円規模のアプリケーションの開発に1から携わりました」のような経験が必要です。

規模の大きい開発に携わると、大規模開発ならではの経験が出来、そのスキルはどんな開発でも重宝します。

数年程度の経験では実現出来ないのが、大手企業で年収1000万円プログラマーになる方法です。

自分でサービスを作って年収1000万円を越える難易度と方法

難易度
(5.0)

自分でサービスを作って年収1000万円を超えるのは起業する事と同じです。

なので、色々な能力が必要になって来て難易度が高いです。

ただ一発当たると年収1000万円以上も容易に目指せ、大ヒットアプリを作ったら年収1億円も夢ではなくなります。

あおい

もはやここまで来ると、プログラマーではなく起業家に必要な資質を持っている事が重要です。

マーケティング力

まずは、「売れるアプリケーション 」を作る為にマーケティング力が必要です。

ニーズ調査や集客など様々な戦略を練らなければなりません。ブランディングなどユニークな商品を作る為の知識もマーケティングに必要ですね。

また、よりテクニカルな話になると、マーケティングでは口コミが起きているかどうかを踏まえ、仮説・検証を繰り返して商品の精度を上げます。

あおい

幅広い知識が必要なのが、マーケティングです。

営業力

作ったアプリケーションを購入してもらう為に、営業をしなければなりません。

相手のニーズのヒアリングや状況に合う提案などが営業力には重要です。

to C向けにビジネス展開を行なっている場合は営業はさほど必要ないかもしれませんが、to B向けビジネスの場合は営業力が大事になってきます。

営業は一見コミュニケーション力が全てに思えますが、同じぐらいPDCAサイクルを素早く回して提案力を上げる必要があります。

あおい

ビジネス的な総合力を必要としているのが、営業です。

その他

その他にも、マネジメント力やファイナンス力など様々なスキルが必要です。

1人で何でも出来る訳ではなく、自分が出来ない事を出来る人を雇う必要があります。なので、雇った人をマネジメントしなければなりません。

また、ファイナンス力はビジネスをしていく上で重要です。ファイナンス力がないと上手く売り上げを増やせず、最悪の場合借金が残ってしまいます。

あおい

知人の起業家は、最初にファイナンス力が足りなくて3000万円の借金を背負ってしまいました。

いずれにせよ、自分でサービスを作る場合は

  • 相手が本当に自社サービスを必要としているか
  • 自社サービスで相手の抱えてる悩みや課題を解決出来るか
の提案が出来る総合力が必要です。

まとめ

プログラマーは年収1000万円を越えられる夢のある職業です。

様々な方法で年収1000万円越えを目指す事ができます。

独立しやすいメリットを生かして、高収入を目指しましょう。

しかし、地道な努力が必要なものも多いです。なので、焦らずコツコツ続けて行きましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です