【22歳で月収100万円達成】
フリーランスエンジニア"あおい"のプロフィール

知識ゼロから最速でマスター出来るReact学習ガイド

こんにちは!フリーランスエンジニアのあおいです。

駆け出しエンジニアで

「フロントエンドを学びたい!Reactをマスターしたい!」

と考えている方は多いはず。

フロントエンドは市場の需要が高く、ホットな領域です。

この記事では、私の実体験に基づいた、知識ゼロから最速でマスター出来るReact学習ガイドをご紹介します。

ぜひ、参考にしてくださいね^^

Reactとは

React(リアクト)は、フロントエンドフレームワークです。

Facebook社が開発したJavascriptのフレームワークで、年々需要が増えていますよ。

ReactはSAP(シングルページアプリケーション)の開発に向いているんです。

SAPとは何かと言うと、単一で画面遷移が少ないWEBページの事です。

また、iOS・Androidの開発が出来るReact Nativeというフレームワークも提供されています。

Reactを学ぶと様々なアプリケーションの開発が可能になりますよ。

Reactで出来ること

Reactで出来る事は3つあります。

具体的には

  • WEBアプリケーション
  • モバイルアプリケーション
  • VR

の開発が可能です。

あおい

Reactはすごく万能なんですよ!

WEBアプリケーションはReact.jsを使って、モバイルアプリケーションはReact Nativeを使って開発出来ます。

さらにVRはReactVRというフレームワークで開発が可能ですよ。

Reactのメリット

Reactのメリットは主に3つあり、具体的には

  • 高速で動く
  • 再利用性・保守性が高い
  • SPAの開発に向いている

があります。

フロンドエンド開発ではReactと同時にVueも技術検討されますが、Reactは大規模開発で使われる傾向が強いですね。

あおい

またフロントエンドでのReactの技術シェアが高く、Reactエンジニアを採用しやすいです。

Reactの今後の需要

(参照: TICKLECODE

Reactの需要は年々増えています。

今後も需要は増え続けると予想されますね。

ReactやVueに変わる新しいフロントエンドフレームワークが出てくれば、Reactの需要は減るはず。

けれども、そんなフレームワークは当分出てこないでしょう。

ちなみに、新しいフロントエンドフレームワークが出て来ても、仕事がなくなると心配する必要はありません。

Reactの知識を使ったら、最速でのマスターが可能ですよ。

Reactエンジニアの平均単価

Reactエンジニアの平均単価は78.7万円です。(参考文献:フリーランススタート

Rubyの平均単価が71.9万円なので、Reactエンジニアはホットな職業と言えますね。

Reactも需要が高い分野なので、Reactエンジニアは引く手数多です。

なおReactに限らずフロントエンドエンジニアは需要が高いですね。

Reactをマスターしたら、今後5年間は食いっぱぐれはないはずです。

あおい

Reactをマスターするとメリットが沢山ありますよ!

プログラミング初心者がReactを勉強する3つの方法のメリット・デメリット

プログラミング初心者がReactを勉強出来る3つの方法のメリットとデメリットをご紹介します。

メリット デメリット
参考書で独学 ・費用が安い
・自分のペースで勉強出来る
・自分でカリキュラムを決められる
・理解出来なくても誰も教えてくれない
・理解が正しいかの判断が出来ない
・学習の進捗を自己管理するしかない
オンライン教材 ・費用が安い
・自分のペースで勉強出来る
・動画で効率的に勉強出来る
・質問対応不可のものが多い
・深い知識を勉強出来ないものが多い<
プログラミングスクール ・メンターに教えてもらえる
・学習の進捗を管理してもらえる
・オリジナルアプリケーション開発を支援してもらえる
・費用がある程度かかる
・受講期間が決まっている

自分がどの方法だったら最速でReactをマスター出来るのかを考えてみましょう。

参考書を読んで独学でReactを勉強するメリット・デメリット

メリット

参考書を読んで独学で勉強するメリットは「費用が安い」・「自分のペースで勉強出来る」・「自分でカリキュラムを決められる」があります。

参考書の代金は2000〜3000円程度で、図書館で本を借りれば無料です。

あおい

他の方法が数万円〜する事を考えると、費用は格安ですね。

また自分のペースで勉強出来る所は見逃せません。

一年かけて一冊の本をこなすのでも良いし、自由に勉強出来ます。

あおい

さらに自分でカリキュラムを決められるのもメリットですよ。

学びたい本を選べるので、学びたい内容を学べます。

デメリット

一方で、デメリットは「理解出来なくても誰も教えてくれない」・「理解が正しいかの判断が出来ない」・「学習の進捗を自己管理するしかない」所です。

言わずもがな独学なので、理解出来なくても誰も教えてくれません。

また教えてくれる人がいないので、理解が正しいかの判断が出来ませんよ。

さらに学習の進捗を自己管理するしかなく、自己管理が甘い人はいつまでもReactをマスター出来ないです。

オンライン教材を利用してReactを勉強するメリット・デメリット

メリット

オンライン教材を利用してReactを勉強するメリットは「費用が安い」・「自分のペースで勉強出来る」・「動画で効率的に勉強出来る」があります。

オンライン教材も費用が安いですね。

あおい

月1000円〜契約出来るものが多いです。
Udemyならセール時に購入すると1300円ですよ!

また自分のペースで勉強出来る所も良いです。

買い切り型の講座なら、無限に時間をかけて勉強出来ますしね。

さらに動画で効率的に学べる所も良いです。

2倍速で視聴したりと工夫が出来ますから。

動画で学べなくても、カラフルでイラストが多く使われた教材で学びやすいですよ。

デメリット

一方で、デメリットは「質問対応不可のものが多い」・「深い知識を勉強出来ないものが多い」です。

質問が出来ないオンライン教材は多いですね。

あおい

初学者にとって若干不便と思います。
なおオンライン教材の「Udemy」なら質問対応可能な講座がほとんどですよ。

また深い知識を勉強出来ない教材が一般的ですね。

概要を勉強するにはオンライン教材が最適なのですが、実務レベル以上の教材は少ないです。

なお実務レベル以上の内容を学びたいなら「Techpit」が便利ですよ。

プログラミングスクールでReactを勉強するメリット・デメリット

メリット

プログラミングスクールでReactを勉強するメリットは「メンターに教えてもらえる」・「学習の進捗を管理してもらえる」・「オリジナルアプリケーション開発を支援してもらえる」があります。

メンターに教えてもらえるのは大きいですね。

あおい

誰かに教えてもらえると、理解速度が圧倒的に早くなります。

また学習の進捗を管理してもらえるのも良いです。

誰かにスケジュール管理をしてもらうと、「絶対に勉強しなきゃ」という気になるので。

さらにオリジナルアプリケーション開発を支援してもらえるのは大きいです。

エラーや設計の相談が自由に出来るので、コスパ良く開発が出来ますよ。

プログラミング初心者が最短でReactをマスターするための勉強法4ステップ

こちらではプログラミング初心者が最短でReactをマスターするための勉強法をご紹介します。

4ステップありますよ。

Javascriptの基礎知識を勉強する

まずはJavascriptの基礎知識を勉強しましょう。

Reactを動かすにはJavascriptの理解が大事なんです。

Javascriptの勉強は参考書かオンライン教材が便利です。

つまずいたら「teratail」「stack overflow」の質問投稿サイトで質問すると良いですよ。

おすすめの本は「スラスラ読める JavaScriptふりがなプログラミング」です。

図解が多く学びやすいですよ。

なお、オンライン教材で学びたいなら「Progate」が便利ですよ。

Javascriptコースがあるので、そちらを勉強しましょう。

あおい

Javascriptの知識がないと、先が詰まってしまいます。
時間がかかっても知識を固めましょう。

UdemyでReactの概要をおさえる

UdemyでReactの概要をおさえましょう。

おすすめの講座は「フロントエンドエンジニアのための React Redux アプリケーション開発入門」です。

あおい

私もこの講座で勉強したのですが、かなり分かりやすかったですよ。

実際に動くものを作れるので、知識が深まりました。

この講座をこなすだけで、Reactの基礎知識は十分身につきます。

あおい

セール時期だと1300円程度で購入出来ますよ!

プログラミングスクールでオリジナル作品を開発する

プログラミングスクールに通いオリジナル作品を開発すると、さらにスキルアップが出来ます。

参考書やオンライン教材だけでも知識は身につきますが、エンジニア講師からのフィードバックがあると成長速度は圧倒的に早くなりますよ。

おすすめのReactスクールは「Front Hacks」「CodeVillage」です。

Front Hacksは完全オンラインで学べるスクールで、CodeVillageは集団授業中心のスクールですよ。

受講料はFront Hacksは149800円(税込)で、CodeVillageは440000円(税込)です。

また受講期間はFront Hacksは無期限で、CodeVillageは3.5ヶ月ですね。

あおい

Reactを中心に学べるスクールは本当に数が少ないんです。

Front HacksとCodeVillageは質が高いスクールと評判なので、興味がある方はURLから詳細を見てみて下さい。

実務で実践を積む

実務で実践を積み、活躍出来るReactエンジニアになりましょう。

フルタイムでバリバリ手を動かしていたら、Reactの知識がかなり深まるので。

業後に2・3時間勉強するのと、フルタイムで一日8時間以上開発するのではスキルの伸び方が違いますね。
お金をもらって勉強出来るので、最高ですよ!

また上司エンジニアのフィードバックをもらえ、成長速度を早められます。

「Reactエンジニアの仕事を探したい!」という方は以下の記事をご一読下さい。

未経験エンジニアが登録すべき転職エージェント5選【転職が成功するポイントも解説】

あおい

さらに「副業でReactの仕事をしたい」と思っている方は下の記事が参考になるはず。
12社の経験でわかったプログラマーのための副業ガイド【リモート可】

まとめ

知識ゼロから最速でマスター出来るReact学習ガイドを理解して頂けましたか。

フロントエンドが出来ると、仕事が沢山ありますよ。

あおい

月単価80万円以上のフリーランスエンジニアも夢ではありません!

Reactのシェアは大きくスキルを身につけ、活躍出来るエンジニアになりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です