【22歳で月収100万円達成】
フリーランスエンジニア"あおい"のプロフィール

初心者がPythonをマスターする方法5ステップ【おすすめの本もご紹介】

こんにちは!フリーランスエンジニアのあおいです。

今日は、初心者さんがPythonをマスターする5ステップについてご紹介します。

「Pythonを身につけてAIエンジニアになりたい!」

とか

「手に職をつける為にPythonを勉強したい」

と考えている方は多いはず。

現在、実務3年目の私(24)はPythonエンジニアとしてリモートワークでWEB開発やデータ分析を行なっています。家でゆったり働いて月70〜80万円ぐらいのお給料をもらっていて、「Pythonをマスターすると夢があるなぁ」と感じています。

普通の3年目なら、満員電車に揺られ30万円ぐらいのお給料をもらう生活のはずなので。

しかも、私はPythonを独学で身につけました!大学は生命科学部だったので、プログラミングは一切勉強しなかったんですよね。

なので、本記事では私の体験談に基づく「初心者さんが格安で効率的にPythonを身につけられる勉強法」を詳しくご紹介します。

あおい

一人で試行錯誤しても勉強が進まない時ってありますよね?私もそんな時期がありました(° °)

勉強がはかどらない方もこれから勉強を始める方も、ぜひ参考にして下さいね^^

Pythonでどんな事が出来るの?

Pythonを使うと色々な事が出来ます。

例えば

  • AI開発
  • データ分析
  • データ収集
  • WEBアプリケーション開発

などを行え、Pythonエンジニアの仕事内容は多岐に渡ります。

それぞれどんなものがあるのか見ていきましょう!

ちなみに、Pythonを学ぶメリットはこちらの記事に記載してあります。

プログラミングを学び始めるならPythonをオススメする5つの理由

AI開発

AIでイメージしやすいのはMicrosoft社の”りんな”ではないでしょうか?女子高生のチャットボットですね。

(引用:JKらしくない女子高生AI「りんな」の“迷回答”3

チャットボットやGoogle Lensの様な画像認識などPythonを使ったAIサービスは色々とあり、今後もAIサービスは増えていくと予想されます。

ちなみに、今「AI!AI!」と騒がれていますが、まだそこまでAI開発のお仕事は多くない印象です。

データ分析

データ分析では株価予測やユーザー属性の算出などが行えます。

(引用:時系列予測システムPROPHETを使って2017年の株価を予測した結果ボロ儲けできた件

画像の様に実際の値から予測値を計算し、予測した結果をビジネスに生かしたりします。

データ分析だけのお仕事もあまり多くはないです。ある場合は実務経験と統計学の知識が求められ、未経験の方は中々お仕事を獲得しづらいです。

データ収集

データ収集はスクレイピングやクローリングと呼ばれる技術を使い行います。

クローリングはGoogleでも使われています。WEBサイトの内容を取ってきてキーワード検索した時に表示される仕組みはまさにクローリングが行なっています。

データ収集だけ依頼される事はなく、データ分析とセットでお仕事をする事が多いです。

WEBアプリケーション開発

また、Pythonと言えばAIやデータ分析のイメージが強いかもしれませんが、Javaなどの他言語と同様にWEBアプリケーション開発も出来ます。

(引用:instagram

かの有名なinstagramもPythonで作られたサービスです。

現在、WEB開発のお仕事はAI開発より多いですね。AIエンジニアを目指すとしても、WEB開発も出来る様になっておくとお仕事の幅が広がります。

Pythonをマスターする5ステップ

AIにも使われるPythonは、一見「とても難しそう・・・」と感じる方も多いですが、ちゃんとステップを踏んでいけばすぐにマスター出来ます。

では、それぞれの方法を見ていきましょう。

ステップ1:Paizaラーニングの動画で概要を掴む

Paizaラーニングの動画で一通り勉強しましょう。

画像の様にPaizaラーニングにはPythonの学習動画が11個もあります。それぞれの動画が現役エンジニア目線で見て、とても詳細に解説されているので初心者の方でもつまづきにくいです。

なので、まずは11個の動画を一通り見てみましょう。

あおい

動画授業なので、聞き取れなかった所をもう一度再生出来たり、メモを取りたい所で止める事が出来たり、自分のペースで学ぶ事が出来るのもメリットです。

そして、Paizaラーニングではオンラインでコードを実行できる環境が揃っているので、環境構築が不要な点も良いです。

初心者さんだと「環境構築で詰まってしまい勉強が始められない・・・」という方も多いんですよね。

でも、Paizaラーニングなら手軽に学習が出来ます!

ちなみに
PaizaラーニングではPythonの他にも、Gitやシェルコマンド、アルゴリズムの動画があり時間のある時にでも合わせて勉強すると良いです。

ステップ2:Udemyで実際に手を動かして詳細を知る

Pythonを詳しく知るにはUdemyが便利です。

Udemyはオンライン教材が沢山あるプラットフォームです。プログラミングだけでなく、写真などの教材もあります。

そして、通常時期は1つの教材が1万円ぐらいしてしまうのですが、セール時期だと約1300円で教材が買えます。格安で勉強出来ますね!

なお、Udemyには沢山教材がありますが、私のおすすめ教材は酒井潤先生のPython 3 入門+アメリカのシリコンバレー流コードスタイルです。

とにかく、Pythonの文法が幅広く詳しく解説されている点が勉強に役立ちます。

他にもPythonの講座はありますが、ここまで詳しく文法が解説されている教材は他にないんですよね。

こちらも受講期限のない動画教材なので、自分のペースで学べます。

興味のある方はぜひ見てみて下さいね^^

ステップ3:みんなのPythonで復習する

次にみんなのPythonを読んで、今まで勉強した事を復習しましょう。

PaizaラーニングやUdemyで勉強した事を忘れていないか注意して、こちらの本を読みましょう。

みんなのPythonは、

  • Pythonの知識が体系的にまとまっている
  • 図解が多い

のが初心者でもスムーズに勉強出来る点です。これ以上分かりやすい初学者向けのPython本は他に知らないですね!

あおい

みんなのPythonに書いてある内容を他の人にスラスラ説明出来るぐらいまで読み込みましょう。

一方、Pythonプロフェッショナルプログラミングも良質な本なのですが、こちらは初心者向きではなく中・上級者向けです。

ステップ4までクリア出来たら、読んでみると良いです。実務で使える実践力が身につきます。

一冊手元にあっていいと思います!

ステップ4:PaizaスキルチェックD・Cをやってみる

ステップ4で、またPaizaに取り組みましょう。

PaizaスキルチェックのDランク&Cランク問題をクリア出来る様になりましょう。

Paizaのトップページを一番下にスクロールさせるとスキルチェックのページに飛べます。

そこから左端にあるDランクとCランクの問題に取り組みましょう。

まず始めに、Dランク問題をやってみて、難なく出来そうならCランク問題をやってみましょう。

こちらでは、アルゴリズム問題を解く事で今までの文法の知識が理解出来ているだけでなく、使いこなせているかを確認する事が出来ます。

知識コレクターになっても意味はありません。実際に使える様になるから意味があるんです。

しかし、ただ本やオンライン教材で学んでも、知識が定着しているのか分からないですよね?

そんな事が無い様に、Paizaスキルチェックでアウトプットをしましょう。

あおい

今まで学んだ知識が定着しているか確認しましょう!

そして、詰まった所があったら、みんなのPythonを辞書代わりにして調べたりPaizaラーニングに動画を見直して見たりして復習しましょう。

Pythonを身につけた後にすべき事

Pythonをマスターしたら、データサイエンスかWEB開発の勉強をしましょう。

言わずもがな、Pythonだけ出来てもお仕事にはなりません。AIやWEBなどが作れるから働けるんですね。

あおい

もちろん、Pythonはそれが出来る様になる為の土台ではあります。そして、土台がガタガタだと上に積み重ねられなくなるのでPythonは重要です。

では、データサイエンス・WEB開発が出来る様になる為の勉強法を見ていきましょう。

データサイエンスの為の勉強法

AIエンジニア含むデータサイエンティストを目指している方は、

  • 統計学
  • データ分析
  • AI・機械学習開発

を学んでいきましょう。

その際には、こちらの記事が参考になるはず。

【Pythonは独学でOK】Udemyのおすすめの講座でデータサイエンティストになる方法

機械学習の勉強方法はこちらの記事に詳しくまとめたので、ご一読下さい。

機械学習とは?月単価80万円データサイエンティストが勉強法も解説

WEB開発の勉強法

PythonのWEB開発はDjangoかFlaskというフレームワークを使って行われます。

“ちなみに”
フレームワークとは、開発をしやすくする道具です。

フレームワークを使う事で開発の工数を減らす事が出来ます。

なので、フレームワークを使いこなせる様になる勉強=WEB開発の勉強になります。

なお、「DjangoとFlaskのどちらを勉強すると良いの?」と疑問に思っている方はDjangoをおすすめします。

なぜなら、Djangoの方が本などの教材がFlaskに比べ圧倒的に多いからです。また、ドキュメントと呼ばれる参考資料があるのですが、それもDjangoの方がかなり充実しています。

ただ、PythonのWEB開発でどちらが多く使われているかと言うと、「Djangoの方が若干多いくらいかな?」と感じる程度なので、実務でFlaskを使う可能性も多いになります。

Flaskを使っている現場に入る時には、始めからFlaskを勉強しましょう。

Djangoを勉強する時には

Djangoとは?Djangoの勉強法2ステップ

こちらの記事を読んでみて下さい。

Flaskを勉強する時には

Flaskの勉強法2ステップ

の記事を参考にして下さいね^^

独学だと厳しい方が通うべきPythonスクールはどこ?

「独学で勉強したけど、全然分からない・・・。挫折しそう」と言う方はプログラミングスクールに通いましょう。

確かにスクールに通うとお金はかかってしまいますが、講師に教えてもらえるので早く理解出来る可能性大です。

早く理解して早くお仕事を見つけられたら、時間とお金の節約も出来ます!

現役Pythonエンジニア目線で選んだスクールはこちらを参考にして下さい。

どこが安い?Python初心者におすすめなプログラミングスクール
特に、未経験からのエンジニア転職は年齢が重要にもなって来ます。

ほとんどの未経験可のエンジニア求人は30歳以下までです。

なので、早くPythonを身につけた方が良いので、プログラミングスクールの利用を検討してみましょう。

未経験からPythonエンジニアとして転職するにはどうしたら良い?

未経験でも応募出来るPythonエンジニア求人はとても少ないのが現状です。

現在、「エンジニアが不足している」と言われていますが、求人は経験者に集中しているんですよね。

とは言え、未経験可のPythonエンジニア求人がない訳ではありません。

ワークポートとギークリーに求人が多いので、エンジニア転職を考えている方は登録してみてはいかがでしょうか?

ワークポート&ギークリーは私も利用した事があり、詳しい体験談を以下の記事に載せています。ご参考までに!

評判は?転職エージェントのワークポート(WORKPORT)を利用した感想と口コミ 評判の良い転職エージェントのギークリー(Geekly)を利用した感想と口コミ

まとめ

初心者の方はすぐには理解出来ないかもしれませんが、時間をかけたら段々使いこなせる様になっていきます。

なので、諦めず勉強していきましょう!

Pythonエンジニアになると比較的高いお給料を獲得出来る可能性が高く、かつ世界を変える技術であるAI開発にも携われ、メリットばかりです。

ぜひ、みなさんもPythonを身につけ、自分の夢を実現して下さいね。

 

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です