【22歳で月収100万円達成】
フリーランスエンジニア"あおい"のプロフィール

22歳新卒女子がPythonの副業で月24万円稼いだ話【未経験可】

こんにちは!フリーランスエンジニアのあおいです。

この記事では、Pythonを使って副業で稼ぐ方法について解説します。

あおい

実は、私はPythonを使い始めてから3ヶ月後に月24万円のPythonの副業を受注するなど、これまでに本業以外での収益源を確保することに成功しています。

もちろん、プロフィールでも紹介している通り、私はPythonの知識以外にも、それまでに修得してきたJavaの知識を活用したり、タイミングよく予算が多いクライアントに出会えたと言うのが大きな理由です。

しかし、AI・機械学習・ディープラーニングが注目されている今、Pythonの副業で稼ぐ事は、想像以上にたくさんあります!

そして、そのチャンスは一部の優秀なプログラマーだけはなく、私のような平凡なプログラマーでもチャンスがあります。

  • Pythonを使って副業で稼ぎたい方
  • これからPythonをマスターしフリーランスとして稼ぎたいと考えている方
  • とにかく効率的に副業で儲けたいと考えている方

このような方のために、実体験を踏まえたPython副業ノウハウを出来るだけ詳しく解説しますので、ぜひご覧ください。

MEMO
なお、今すぐにPythonでの仕事を探したい方は「12社の経験でわかったプログラマーのための副業ガイドの記事をご覧いただいたり、無料で会員登録できる「Workship(ワークシップ) 」や「プロの副業」に登録されると副業までの流れがスムーズです。

あおい

Pythonに限らず、プログラマーの方で副業したいと考えているけど不安で一歩が踏み出せない方は、この記事の下のコメント欄よりご相談くださいね。私がわかる範囲でお伝えします。

22歳のあおいがPythonの副業で月24万円稼いだ体験談

私は大学卒業の3ヶ月前からPythonを学び始めたのですが、卒業後の4月に月単価24万円の副業を獲得出来ました。

その時の副業はデータサイエンスの案件で、機械学習で音の二値分類をするという作業内容でした。

あおい

月に20時間ぐらい作業していたので、時給換算すると1万円以上になりますね!

とても割の良い案件でした。

なお、その案件を引き受けたきっかけは知人からの紹介です。

私が副業を探していて色々なエージェントに副業がないか聞いて回っていた時、丁度知人が自分の会社の案件を紹介してくれました。それが副業の始まりです

一言アドバイス

未経験から副業したい時は、副業紹介サービスで探すだけではなく、知り合いを頼るのもおすすめです。

副業の案件は経験者との奪い合いになるので、”コネ”が使えるルートを持っておくと可能性がグッと上がりますよ。

一方で、Python歴は3ヶ月でもその前にインターンでデータサイエンスの仕事をしていた経験は、副業の際に活かすことができたと実感しています。

完全に実務未経験のエンジニアのスペックは分かりづらいので、クライアントも頼みづらいものです。

未経験からデータサイエンティストになる具体的方法と私がおすすめしない理由

あおい

ただ、この時の副業経験が今のスキルに大きく活かせているし、収入アップだけではなく、機械学習の知見を得ることができたので、あの時頑張ってチャレンジして良かったなって思っています。

さて、その次は、副業エージェントやWantedlyを利用して副業を探しました。

新卒1年目だと時給3000〜4000円ぐらいでした。でも、時給3000円だと土日に5時間働くだけで12万円の収入になります。決して悪くないですよね。

副業はお金が稼げると言うだけではなく、自分のスキルアップにも直結します。大変なこともありますが、それを乗り越えて得られる事の方が大きいので、皆さんもぜひチャレンジしてくださいね。

未経験からPythonで副業するために最低限必要なスキル

「スキルに自信がなくても、副業を始めてから身につければ良いですよー!」

と言いたいところですが、現実はそうもいきません。

やはり、個人事業主として副業でお金をもらう以上、最低限のスキルは必須となります。

私は以前こんなツイートをしました。

スキルがないとエンジニアという名の雑用をやらされてしまいます。実際に、知人がエンジニア職という名のコピー取りのバイトをしていました・・・。

あおい

このように、本当にエンジニアの仕事である程度のお給料をもらうなら、スキルが必要なんです。

では、具体的にどのようなスキルがあればいいのか紹介します。

Pythonの文法は最低限マスターしよう!

WEB開発をするにしろデータ分析をするにしろ、Pythonの文法は欠かせません。

具体的には

  • 文字列
  • 変数
  • リスト
  • 辞書
  • if文
  • for文
  • メソッド
  • クラス

を最低限は押さえておく必要があるます。

なお、文法はこれ以外にもあるので、必要になったらその都度勉強しましょう。

ちなみに私は、文法を勉強する時にオンライン教材のUdemyを活用しました。

セール時期なら1つの教材を1300円ほどで購入可能なので、副業に限らずスキルアップにはとても便利で重宝しました。

【Pythonは独学でOK】Udemyのおすすめの講座でデータサイエンティストになる方法

あおい

上の記事のステップ1・2で紹介している教材が、Pythonの文法を身につけるには適していますので参考にしてくださいね。

フレームワークの理解はとても重要

フレームワークの理解も重要です。

WEB開発の場合はDjangoかFlask、データ分析の場合はnumpy・scipy・Tensorflowなどを抑えておく必要があります。

フレームワークの理解する時に活用したのは、オンライン教材のPyQです。

Udemyの場合なら「Udemyのおすすめの講座でデータサイエンティストになる方法」の記事のステップ4・5で紹介している教材が参考になります。

また、PyQは1ヶ月4000円でWEBからデータ分析まで幅広く学ぶ事が出来ますし、Flaskを学ぶ事も出来ます。興味のある方は次の記事をご覧下さいね。

【格安でPythonが学べる!】評判が良いPyQを受講した感想とリアルな口コミ

オリジナルな開発をするスキルは必須

基礎知識を身につけたら、最後はアウトプットスキルです。

オリジナルな開発をしてポートフォリオを作ったり知識の定着を図りましょう。

教材通りに開発をしてもあまり勉強にはなりません。

意味がないわけではないですが、その通りに作れば完成するのであまり考えなくても出来てしまうからです。

作りたいアプリケーションを作る以上に頭を使う開発はありません。しかも、実務で必ず必要になる設計力も養えて一石二鳥です。

一方でWEB開発で作りたいものがない人はTwitterクローンを作るのがおすすめです。

また、データ分析のアウトプットはKaggleSIGNATEに挑戦してみると良いです。KaggleやSIGNATEはデータ分析コンペサイトです。

まずは上位の人のカーネルを真似してみて、それからより精度が高くなるように試行錯誤してみましょう。

あおい

もし、入賞が出来たらそれだけで副業が十分取れるだけの実績になるので、ぜひチャレンジしてみて下さい。

10万円以上も目指せる!Pythonで稼げる5つの副業

では次に、Pythonで稼げる副業の種類を5つ紹介します。

WEB開発

WEB開発はPythonの稼げる副業で最も案件数が豊富です。

大企業からベンチャーまでPythonのWEBを必要としている会社は多いからです。

フレームワークはDjangoFlaskがありますが、どちらかというとDjangoを使う事が多いと感じています。

未経験でも開発経験さえあれば副業案件は獲得しやすいので、WEB開発は副業として始めやすいです。

なお、時給3000〜5000円の案件が多いですね。

データ分析&AI開発

データサイエンス系の仕事は数は多くないですが、高単価です。

時給4500円以上の案件も豊富にありますね。統計学系の修士号以上を持っていたらより高時給を狙える可能性大です。

なお、副業のデータサイエンス案件だとベンチャー企業の案件がほとんどです。

大企業の場合だとコンプライアンスが厳しくてデータを持ち出し出来ない事が多いからです。

データサイエンスに関連する学歴か業務経験を求められるので、完全な未経験だと副業案件は獲得しづらいです。

しかし高単価が狙えるので、経験を積んでチャレンジすると良いです。

>>未経験からデータサイエンティストになる具体的方法と私がおすすめしない理由

プログラミングスクールの講師

プログラミングスクールの講師は未経験からでも始めやすい副業です。

その分時給はあまり良くなく、1500〜2000円ぐらいですが。

あおい

教室に通って教える講師業だと教室までの通勤時間もかかってしまうので副業にするには割りが合わないですが、オンラインの講師だと家にいながら働けるので手軽です。

そして、人に教えると自分の知識の定着にもなるので働くメリットがあります。

ただし、前述の通り時給が安いのであくまで未経験から最初に働く副業として講師業に取り組むのが良いかなと感じています。

もちろん、教育に興味がある方は別ですが。

ちなみに、人気講師になると時給もUPするそうです。

イベント運営のスタッフ

イベント運営のスタッフをすると雀の涙ほどのお給料がもらえます笑。しかし、人脈を作るには適した副業です。

例えばどんなイベントがあるかと言うと、

  • ライブラリのサミット(Djangoコングレスなど)
  • 技術×ビジネスの大規模イベント
  • 技術祭典(全能アーキテクチャシンポジウムなど)

の様なイベントの運営スタッフで日給が出る場合があります。

あおい

一方、ほとんどのイベントが年に1回開かれる為、副業は単発で終わってしまいます。

この様なイベントスタッフは公式HPで募集されている事がほとんどです。

興味のある方はHPを定期的にチェックしてみてはいかがでしょうか。

“ちなみに”
ライブラリのユーザーの会に参加すると、自然とイベントスタッフに誘われる機会が増えます。

技術顧問

技術顧問はとても稼げる副業なのですが、キャリアや技術力がないと出来なく難易度が高い仕事です。

未経験だとまず無理ですね。

どのような仕事内容かと言うと

  • 技術相談
  • ビジネス的な指標の設定
  • 採用支援
  • 組織マネジメント
  • 社員教育

などを行い、仕事内容は多岐に渡ります。

その人の経験によりますが、技術顧問の時給は2万円〜が多いです。そして時給5万円程度が相場かなと感じています。

あおい

超高給ですね!1日働くだけで40万円です。

とは言え、技術顧問は

  • 博士号レベルの研究成果がある
  • 大企業で技術部門のマネジメント経験がある
  • CTOの経験がある

のどれかがないと依頼はされません。

あおい

知人が企業に勤めて3年目で技術顧問になりましたが、3年目で技術顧問になれるのは超早い方です。

十分な経験がある方は技術顧問の副業を探すべきですが、ほとんどの人にとって厳しいはず。

自分が出来る副業にトライしましょう。

【人脈が無くてもOK】Pythonの副業を見つける6つの方法

副業は人脈が無くても見つかります。

インターネットがあるおかげで幅広い副業を探せるからです。実際私も新卒で人脈はほぼ無くても継続的に副業が出来ました。

なお、Pythonの副業の見つけ方は

  • 人ヅテ
  • WEB系制作会社経由
  • Wantedly
  • 副業エージェント
  • Twitter経由
  • クラウドソーシング

の6つがあります。

それぞれの方法を詳しく見たい方は、「12社の経験でわかったプログラマーのための副業ガイド」の記事をご覧ください。

Pythonの副業でよくある質問

こちらでは、Pythonの副業に関してよくある質問を見ていきましょう。

気になる時給など、副業をする上で欠かせない情報を記載していきますよ。

Pythonの副業の平均時給はどれくらい?

Pythonの副業の平均時給は基本実務年数によります。

当たり前ですが、スキルが高い方が高時給です。そして、スキルは実務年数に比例する場合が多いです。

具体的には

  • 実務1〜2年目:時給2000〜3000円
  • 実務2〜3年目:時給3000〜4000円
  • 実務3〜4年目:時給4000〜5000円
  • 実務4年目以上:時給5000円〜

が相場と感じています。

もちろん、クライアントの予算により上記の時給は上下します。

あおい

時給2000円を切る副業は割が悪いですね。

より高時給な副業を探した方が効率的に稼げます。

なお「Pythonの副業で大きく稼ぎたい!」と考えている方は、大企業or予算が余っているクライアントを見つけると良いでしょう。

クライアントもない袖は振れません。

儲かっている会社と取引をするのが、自分が儲かる手取り早い方法です。

Pythonの実務未経験でも副業は出来る?

Pythonの実務未経験の場合は、副業探しが厳しくなると考えて下さい。

しかし、探せば未経験でも可能な案件はありますよ!

狙い目は、「プログラミングスクールの講師」と「イベント運営のスタッフ」です。

金銭的な目的で副業を始めるなら、プログラミングスクールの講師の一択ですね。

プログラミングスクールの講師は、Pythonの副業が出来るだけでなく開発の副業もしやすくなるメリットがあります。

プログラミングスクールの運営元の会社が受託開発を引き受けた場合に、開発の副業にスライドしやすくなるので。

あおい

2・3個開発の副業を経験した後は、開発の副業一本に絞る事も可能ですよ。

一方でPythonの実務未経験の場合、初めから開発の副業は難しいと思っていて下さい。

開発の副業の必須条件に「Pythonの実務経験1年目以上」と書いてある場合がほとんどなので。

Python未経験から副業を始めるなら、プログラミングスクールの講師がおすすめです。

Pythonの副業案件は多くあるの?

Pythonの副業案件はそこまで多くはありません。

一年間継続してPythonの副業が出来るのは、実務三年目以上のPythonエンジニアと考えた方が良いですね。

ただし、プログラミングスクールの講師は継続しやすい副業です。

一方で、開発と技術顧問の副業は期間が案件によります。

長いものだと一年以上依頼される場合がありますが、3ヶ月程度のスポットの案件もあります。

どちらかと言うと、スポットの案件の方が多いはず。

あおい

Pythonの副業で自分が出来そうな案件を見つけた際は、条件が悪くない限りは応募しておくと良いですね。

Pythonの副業案件を獲得するコツは?

Pythonの副業案件を獲得するコツは4つあります。

具体的には

  • 今までのPythonの開発実績
  • 自己研鑽としてPythonで勉強している内容
  • 円滑なコミュニケーション
  • クライアントの業界知識

をアピールすると良いです。

「クライアントの業界知識」は持っている場合が少ないはずですが、他の3つは誰でもアピール可能ですよ。

あおい

副業だとリモートで作業する場合が多く、コミュニケーションの取りやすさは重要視されます。
メッセージを見た時にすぐ返信するのを心がけましょう。

なおPythonの開発実績がない場合は、オリジナルWEBアプリケーションをポートフォリオとしてクライアントに見せましょう。

また、普段からPythonの勉強をして、向上心が高い事をアピールするのもおすすめです。

あおい

クライアントの立場になって考えれば分かると思いますが、勉強熱心で相談しやすいPythonエンジニアに副業を依頼したいですよね。

まとめ

副業は特別なスキルがある人だけでなく、誰にでもチャンスがあります。

あおい

手順を踏んで努力をすれば、誰でも副業案件は獲得出来ますよ。

老後2000万円問題などがあり、これからますます副業で経済的な安心を手に入れたいと考えている人は多いはずです。

「Pythonを使って副業をやってみたい。どうすればいいんだっけ?」と思った方はぜひこの記事を参考にしていただき、気になる点があればコメント欄よりご連絡くださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です