【22歳で月収100万円達成】
フリーランスエンジニア"あおい"のプロフィール

フリーランス志望者は要注意!プログラミングスクールだけでは独立出来ない7つの理由

こんにちは!新卒からフリーランスエンジニアとして働いているあおいです。

今日は、プログラミングスクールだけではフリーランスエンジニアになれない7つの理由について解説していきます。

先日、こんなツイートをしました。

そうなんです、プログラミングスクールを卒業してすぐはフリーランスエンジニアとして働けないんです。

けれども、「卒業したらすぐに月50万円の単価で継続して働ける!」と訴求しているようなスクールの広告が散見されます。

本記事では、なぜプログラミングスクールを卒業しただけでは働けないのかと最短でフリーランスエンジニアになる方法を解説しています。

私の体験談も豊富に記載したので、ぜひ参考にして下さい^^

プログラミングスクールだけでフリーランスになれない理由7つ

まずは、プログラミングスクールだけではフリーランスエンジニアになれない理由を7つ解説します。

私の経歴は、

  • 20歳でスクールでプログラミングを学ぶ
  • 21歳でエンジニアインターンをする
  • 22歳でデータサイエンティストとして正社員入社&8ヶ月後にフリーランスになる
  • 23歳で法人化し一人法人経営をしている

という流れになっていて、決してプログラミングスクール卒業後にフリーランスエンジニアになった訳ではありません。

ちなみに、私のプロフィールに興味がある方はこちらの記事をご覧下さい。

22歳現役女子エンジニアあおいのプロフィール

あおい

私はプログラミングスクールも正社員も経験して来ましたが、フリーランスエンジニアは大変でした苦笑。

今まで何度も苦労や後悔をしながら働いて来ました。

その体験も踏まえて、それぞれを見ていきましょう。

実務経験がないとエージェントを利用できないから

実務経験がないとフリーランスエージェントが利用出来ません。

フリーランスエージェントが利用出来ないとなると、完全自分の人脈で仕事をし続けないといけないんですね。

「元営業です。なので、人脈は超あるんです!」という方なら、それでも何とかなるかもしれませんが、大半の方はそうではないはず。

なので、少なくとも自分の人脈で仕事を取れなかった分はエージェントを介して紹介してもらうべきです。

フリーランスの最大のリスクは仕事がない事なので。

けれども、スクール卒業後だと当然ながら実務経験がないので、エージェントに登録すら出来ないです。

フリーランスエンジニアになっても仕事がないなら意味がないですよね?

あおい

なので、実務経験を積んでからの方が継続して売り上げを上げられるんです。

ほとんどの案件が実務経験ありの条件だから

ネット上でフリーランスエンジニアの案件が募集されていますが、ほとんどが「Javaの実務経験2年」のように実務経験がある事は前提条件だからです。

あおい

実務経験5年以上の案件も多いですよ

なので、どんなに良いスキルを持っていても実務経験がないと応募が出来ないんですね。

言わずもがな、応募が出来ないと働く事は出来ません。

なお、実務経験2年以上の案件が多いので、最低でも1年間は企業で働いた方が良いです。

私も何度も実務経験年数不足で見送りされた事がありました・・・。

長く働いていればスキルが上げると言う訳でもないですが、実務経験年数は採用時に見られます。学歴よりもずっと重要視されてますね。

ちなみに
「どうしてもプロジェクトごとに働きたい!会社に所属するのは嫌だ!」という方は派遣社員として働くと良いです。

正直、派遣社員もフリーランスも大差はないと感じます。

勉強しただけでは身につかない知識が沢山あるから

勉強しただけでは身につかない知識が沢山あります。

プログラミングスクールで教えてもらえる事は、フリーランスエンジニアになる為に必要な知識の1割ぐらいだからです。

例えば、

  • 自力でエラーを解決出来る
  • 依頼された機能の実装方法が分かる
  • クライアントからの修正点を理解出来る

などは実際に働かないと身につきずらい知識です。

そして、これらの知識がないと働けません。

あおい

クライアントの意向をシステムに反映出来ないフリーランスエンジニアなんて必要ないですからね。

また、スクールを卒業してプログラミングが分かった気になって使いこなせない人は多いです。

これは人によるとは思いますが、勉強してすぐに使いこなせる人はほぼいないですからね。

私自身もスクール卒業時はプログラミングをぼんやりとしか理解していませんでした。その後、働けるレベルまで持って行こうと勉強しましたが挫折したぐらいです。

なお、私がスクール卒業後にプログラミングを身につける為に取った行動はこちらの記事にまとめてあります。

素人女子大学生がプログラミングに目覚めたきっかけと私がとった7つの行動
使いこなせる様になるまである程度時間はかかるし、何より実践の場が必要です。

なので、いきなりフリーランスは厳しいんです。

独立と継続的に売上を上げるのは別の話だから

フリーランスエンジニアになるのはプログラミングを勉強してなくても出来ます。

開業届を出して「フリーランスエンジニアです!」と名乗れば、職業がフリーランスエンジニアになるからです。開業届は誰でも出せますよ。

けれども、継続的に売上を上げるのはスキルを持ったフリーランスエンジニアしか出来ません。

毎月30万円を稼ぐのも、「たった30万円なら楽勝!」と思うかもしれませんが、スキルがないと出来ません。ノースキルの人にどこの企業もお金は払わないですからね。

なので、継続的に売上を上げる事を考えても、実務経験が最低でも1年はないと厳しいです。

ちなみに、私は新卒9ヶ月目で独立しましたが、学生時代にインターンで働いていた1年間を含めて実務経験1年以上としていました。

あおい

継続的に売上を上げるスキルを身につける為にも正社員の期間は必要なんですね。

人脈を作る機会が圧倒的に減るから

プログラミングスクール卒業後すぐだと、人脈を作る機会が減ってしまうのもフリーランスエンジニアをやって行く際に痛手です。

フリーランスエージェントを使って仕事を探すにしても、人脈があって案件を紹介してもらえる状況であった方が仕事がないリスクを減らす為に重要です。

そして、未来の取引先とは正社員として働く中で出会える事も多いです。

あおい

私自身もフリーランスエンジニアになってからの初現場は、正社員として働いていた場所でした。

フリーランスエンジニアとして参画した経験があるから、その後もスムーズに雇ってもらえました。

また、エンジニとして働いていると、IT企業が集まってきます。

今はどこもエンジニア不足なので、IT企業もエンジニアのツテを作ろうとしているからです。そして、単純に業務経験があるから課題の解決のアドバイスが出来たりと話が盛り上げるのもあります。

あおい

なので、トーク力だけでは人脈が作りづらいんですね。

なお、営業経験のない22歳の私が営業をして案件を獲得した方法をこちらの記事にまとめました。未来の取引先との出会い方も詳しく解説しています。

営業経験ゼロの私でも実践出来たフリーランスエンジニアの案件獲得術9選

興味がある方は参考にして下さい。

教育コストのかかる人と契約する必要はないから

実務未経験だと、当然教育コストがかかります。

実際に働いた事がないフリーランスエンジニアは分からない事が多いからです。

けれども、いついなくなるか分からないフリーランスに企業は教育するメリットはありません。

なので、本来なら教育環境があってスキルを伸ばせたのに、それが出来ない場合が多いです。

そして、それがスキル不足を招き、フリーランスとして生計を立てられない状態に繋がります。

あおい

実務未経験で入社すると、沢山教育の機会が溢れているのに、それを利用出来ないのはもったいないですよね。

私も「もっと教えてくれる先輩がいたら・・・」と感じる事は多かったです。その分を自分で補ってきましたが、学習速度的には遅くなってしまった感じはします。

なので、「スキルを身に付けたい」と感じている方は正社員の方が合っています。

フリーランスになって感じるのが、教育もお金に等しい価値だと言う事。セミナーが有料なのが、それを証明しています。

あおい

「フリーランスはスキルの切り売り」と表現されるのは、その様な状況があるからです。

トラブルが起こったらやっかいだから

実務未経験フリーランスエンジニアはシステムを壊してしまう可能性が大きいです。

実務経験がないと、システムを理解する事が難しいからです。

中途半端な理解で開発をすると、触らなくて良い部分を書き換えてしまったり、間違ったファイルを本番環境にアップしてしまいシステムが動かなくなったなどが後を経ちません。

あおい

実際に私もいらない書き換えをして、エラーが残してしまった経験があります。とても、情けなかったです・・・。

お金をもらって働いているのに、システムを壊してしまうのはNGです。

なので、開発に携わる場合はしっかりと理解してスキルがある状態からにしましょう。

注意
最悪の場合、損害賠償請求されてしまう事もあります。

実際にあった話なのですが、アパレル会社が受託会社にECサイト作成を依頼した時に、受託会社が損害賠償請求されました。

その受託会社は開発スキルが不十分で、納期の半年後にやっと納品したんですよね。

アパレル会社は納期からの半年間に立つはずの売上が立たず、その分の損害賠償請求をしたそう。

損害賠償で何億も請求されたら、人生が終わってしまいます・・・。

クライアント側がこの様なリスクを避ける為にも、実務未経験のフリーランスには依頼したくないんですよね。

以上がプログラミングスクールを卒業しただけではフリーランスエンジニアになれない理由7つでした。

一方で、一部の読者さんは「フリーランスエンジニアを目指してプログラミングを勉強したのになあ」と感じている方もいるはず。

しかし、落胆する必要はありません!

前述の通り、実務経験を1年ほど積めばフリーランスエンジニアデビューが出来るからです。

そんな方の為に、次にプログラミングスクールを経てフリーランスエンジニアになる最速の方法をご紹介します。

プログラミングスクールを経てフリーランスになる最速の3ステップ

プログラミングスクールを経てフリーランスになる最速の3ステップは

  1. プログラミングスクールで勉強する
  2. 正社員エンジニアとして就職する
  3. フリーランスエンジニアになる

のたったこれだけです。それぞれを見ていきましょう!

プログラミングスクールで勉強する

まずは、プログラミングスクールに通って勉強をしましょう。

受講料は半年間で20万円以下に抑えるのがベストです。高くても30万円ぐらいにしておいて、それ以上は払う必要はないですね。

あおい

高いスクールに通っても高度なスキルが身につく訳ではありません。

スクールで学ぶ内容はどこでも同じです。

読者さんは社会人の方が多いとはず。現役エンジニア目線で選んだ、夜間に通えるおすすめプログラミングスクールはこちらの記事にまとめました。

夜間に通学出来るおすすめプログラミングスクール7選

また「スクールの受講料は数十万円もかかるんだな・・・。高すぎて払えないよ」と思う方もいるはず。そんな方は無料プログラミングスクールの受講を検討しましょう。

【全15ヶ所から厳選】働きながら通える無料プログラミングスクール5選

私自身が有料スクールである「TECH::CAMP」と無料スクールである「0円スクール」の両方に通った事があります。

結果、有料・無料に関わらず教育の質は一定に保たれていると感じました。

なお、無料スクールはエンジニア就職前提で受講出来る事が多いですが、結果スクール経由で就職をしなくても何もペナルティがないスクールもあります。詳しくは上の記事を読んでみて下さい。

ちなみに
プログラミングスクールに通う時は、事前に予習をしましょう。

受講期間を有意義に過ごす為にも予習は必須です!

予習の際にはUdemyを使うと良いです。セール時なら、1講座1300円ほどで勉強が出来ますよ。

UdemyのおすすめWEBプログラミング・デザイン講座12選

そして、私がプログラミングスクールに通って失敗したと感じた経験は以下の記事にまとめてあります。ぜひ、反面教師にして欲しいです・・・!

私がプログラミングスクールに通って失敗した5つのポイント

正社員エンジニアとして就職する

次に、正社員エンジニアとして就職してスキルを身に付けましょう。

「何を当たり前な!」と思うかもしれませんが、未経験からのエンジニア就職は結構大変なんですよ!

現在、エンジニア不足が騒がれていて、未経験でも就職がイージーと謳うプログラミングスクールも多いです。

けれども、求人が多く集まるのはエンジニアとして実務経験がある転職者です。

未経験の就職は以前より若干可能性が広がったかなくらいです。

あおい

もちろん、ブラック企業はいつでも求人を出していますが、そんな会社には入社したくないですよね。

しっかりとした教育体制があって、スキルを伸ばせる仕事がある会社は依然として狭き門です。

求人を見つける方法としては、

  • スクール経由で紹介してもらう
  • 未経験可の求人がある転職エージェントに紹介してもらう

のどちらかが良いです。

注意
未経験者が誰のアドバイスも聞かず、自力で会社選びをするのはおすすめしません。

未経験だから、会社の良い・悪いの判断がつきずらいからです。

なお、エンジニアの求人が多い転職エージェントは「ギークリー」と「ワークポート」です。

評判の良い転職エージェントのギークリー(Geekly)を利用した感想と口コミ 評判は?転職エージェントのワークポート(WORKPORT)を利用した感想と口コミ

あおい

ギークリーとワークポートは実際に私も利用した事があり、求人を紹介してもらっても無理に転職を勧められる事はありませんでした。

興味のある方は無料カウンセリングに行ってみると良いです。

なお、こんな会社には絶対入社しないでおきましょう!

フリーランスエンジニアになる

そして、最低でも1年間は正社員エンジニアとして経験を積んだらフリーランスエンジニアになりましょう。

あおい

フリーランスエンジニアになる場合は、フリーランスエージェントに登録は必須です!

利用は完全無料なので、登録しておかない理由がありません。

私が今まで利用してきて、高単価案件を紹介してもらったエージェントはこちらにまとめてあります。

23歳女子でもフリーランスエンジニアで月80万円稼げた!利用したおすすめエージェント7選

23歳の時に月単位80万円を獲得したエージェントも掲載しています!ぜひ、ご一読下さい。

なお、「フリーランスを考えているけど正社員のままでいた方が良いのかな?悩む・・・」という方はまずエージェントの無料カウンセリングに行ってみて、

  • いくらくらいの単価を獲得出来そうか
  • 案件数は豊富にあるか

を聞いてみると良いです。

あおい

今はフリーランスエンジニア数<<<エージェント数なので、どのエージェントも本来獲得出来るより少ない単価を伝えられる事はないですよ。

また、フリーランスエンジニアになる前に副業でフリーランス経験を積むのがおすすめです。

副業で小さくフリーランスを始めると、自分にフリーランスが合うかが分かるからです。

最初は「フリーランスで自由に働きたい!」と思っていても、副業フリーランスで「やっぱ、会社で色々な人と協業しながら開発以外の事もするのが楽しいや」と気づくケースも多いです。

なお、副業の探し方はこちらの記事を参考にして下さい。

12社の経験でわかったプログラマーのための副業ガイド【リモート可】

以上がフリーランスエンジニアになる最短の3ステップです。

また、この方法でフリーランスになる人は基本、独身の20代の方を想定しています。

家族がいる方は、より慎重にフリーランスになる事を検討した方が良いです。その際は、こちらの記事でより安全にフリーランスエンジニアになる方法を解説しています。

プログラミング未経験から月単価70万円フリーランスエンジニアのなり方

独身でもより慎重にフリーランスになりたい方はご一読下さい。

まとめ

プログラミングスクールだけではフリーランスエンジニアになれない理由を理解していただけたはず。

「自由に高単価で働きたい!」とは誰もが思うはず。

ですが、その為には十分なスキルがないといけません。

駆け出しエンジニアからフリーランスを目指す方は、まずはスキルを伸ばす所から始めましょう。

1年なんてあっという間です。すぐにフリーランスになれますよ。

間違っても、「うちのスクールなら卒業後すぐにフリーランスになれます!」という甘い言葉に誘われて高額な受講料を払わないで下さいね(-.-;)

2 COMMENTS

ソヤマタカコ」

はじめまして、私は、コードキャンプで受講しようと思っている来年で40歳になる女性です。まずは、副業でエンジニアとしてお金を稼ぎたいと思っているのですが、あおい様のブログを拝見して、まずは、正社員で1年どこかで雇ってもらうという文章をみて、40代はどこもスクール後の未経験者はやとってもらえないという不安でいっぱいです。どうしたら、副業でエンジニアとしてお金を稼げるようになれますでしょうか? どうかご教示お願いいたします。

返信する
あおい

コメントありがとうございます。
私の意見になりますが、やはり未経験から副業でエンジニアとして雇ってもらうのは厳しいと感じています。
しかし、どうしても未経験からエンジニアの副業をしたい場合は
・知人のツテで仕事を探す
・クラウドソーシングサービスを利用して最初は安い時給でも副業で経験を積む
のどちらかになるかなと。

また、コードキャンプに副業を紹介してもらえないか聞いてみると良いかもしれません。プログラミングスクールのメンターの副業は定期的に募集されているので、応募してみると良いかも?

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です