【22歳で月収100万円達成】
フリーランスエンジニア"あおい"のプロフィール

20歳の女子大生がプログラミング教室に通い始めて分かったメリット・デメリット

プログラミング教室のメリット

こんにちは!フリーランスエンジニアのあおいです。

この記事では、当時20歳の女子大生だった私がプログラミング教室に通い始めて分かったメリット・デメリットをご紹介します!

プログラミングを勉強したいけど、独学にしようか、それとも教室に通おうか迷っている方ってとっても多いようですね。

中には、

「プログラミング教室って、高いお金を払うから、マスターできるまで親切丁寧に教えてくれる。」

とか

「最短でプログラマーになるにはプログラミング教室に通わないとダメ!」

って思っている方も多いようですね。

これらは間違ってはいないものの、プログラミング教室に通ってきた経験を踏まえると、上記のような単純なものではなかったというのが正直な感想です。

そこで、この記事では、複数のプログラミング教室に通ってきた私の体験談をもとに、プログラミング教室のメリットとデメリットを出来るだけ詳しく解説します。

参考にしてくださいね。

プログラミング教室に通って気付いた5つのデメリット

プログラミング教室のデメリット

プログラミングをマスターするために通うプログラミング教室ですが、メリットだけではなくいくつかのデメリットも感じました。

そこで私が感じたマイナスポイントやデメリットをリアルに紹介します。

「プログラミング教室に通っただけで働ける様になる!」は間違いだった

「プログラミング教室に通い、プログラミングをマスターすれば、プログラマーとして働けるようになる!」って噂を聞いたことがあったのですが、実際に通い続けてきた経験でわかったことは、

「プログラミング教室に通っただけでは、絶対に働けない!!」

ということです。

なぜなら、プログラミング教室でマスターするのは「基礎部分」であり、プログラマーとして働くには、基礎知識に加え、実践力が必要になるからです。

プログラミング教室のデメリット

実践力を身につけるには、2年程度の実務経験が必要です。

プログラマーという職業は、「基礎部分をマスターしただけで務まる」という簡単なものではありません。

すぐにプログラミングが身につくなら、プログラマー不足など起こらず、常にプログラマー多過の状態になりますよね。

でも、現実はどこも「プログラマー不足」です。

プログラマー不足が起こっていると言う事は、プログラミングが身につくには時間がかかるという事です。

「自分で物を作れる様になれば起業が出来る!」は間違いだった

上記と同様、プログラミングで自分の作品ができるようになれば、それを武器にして起業できると思っている人もいるようです。

ところが、これもまやかしだと言えます。

確かに、プログラミング教室に通えば自分でアプリケーションを完成させる事が出来ます。(どこまで実際に使えるものに仕上がるかは全く別ですが)

しかし、「アプリケーションが完成する事」と「魅力あるアプリケーションを作り、それを売る事」は全く別の話です。

プログラミング教室に通えば出来るのは、言わずもがな「アプリケーションが完成する事」です。

プログラミング教室のデメリット

「魅力あるアプリケーションを作り、それを売っていく事」はそもそも学ぶものではありません!

起業で必要なのは、「アプリケーションを作る」より、「アプリケーションを売ること」が大事です。つまりマーケティングですね。

マーケティング力がなければ、たとえ素晴らしいアプリケーションがあったとしても、商品を世に広めることができません。

もし、起業家を目指してプログラミングスクールに通うか検討しているなら、その前に、「そもそも自分が開発者になるべきか」を考えた方がいいでしょう。

もしかしたら、「開発をインドのオフショア開発に任せて、自分はマーケティングや戦略に注力」という戦略をとった方が売り上げが上がるかもしれません。

すると、オフショア開発費なんてすぐにPay出来ますよ。

起業を目指しているなら、他にもっといい方法がないか考えてみましょう!

教材を1周しただけではさっぱり理解出来なかった

はっきり言います!

プログラミングは難しいです。理解するのは時間がかかります。

もちろん、稀代の天才の中には短期間でプログラミングをマスターするかもしれません。

ただ、そんな人はごく一部。

ほとんどの人は、教材を1周しただけではほとんど理解出来ません。

それは、「プログラミングをマスターするには、普段馴染みのない専用のコンピュータ言語を理解しなければいけないから」です。

ちなみに

私の知り合いに、とても頭が良い東大生がいます。

彼は「高校生の時にクイズ選手権で優勝」したり、「科学技術の論文を大学生ながら投稿した」経歴があります。

その彼が、完全独学でプログラミングを学び始めた時、

「最近、プログラミングの勉強を始めたんだけどさ、中々理解出来ないんだよね・・・」

と漏らしたことがあります。

その時、「あー、プログラミングを理解するって本当に難易度が高いんだな〜!」って実感しました。

プログラミングは何度も復習しながら学んで行くものです。

一周して理解出来なくても、諦めずに勉強し続けましょう!

必要なのはRubyのスクールなのか考えるべきだった

プログラミングスクールで教えている言語で圧倒的に多いのがRubyです。

そのため、ほとんどの方はRubyのスクールに通い始めます。

これには注意が必要です。

なぜなら、プログラミングを学びたい全ての人に、Rubyのスクールが合うわけではないからです。

確かに、Rubyは他の言語と比べて若干簡単なので、初心者向きではあります。

でも、簡単だからといって、将来必要のないプログラミングをマスターするのは遠回りです。

例えば、AIを作りたい人ならPythonのスクールに行くべきだし、デザイン系の仕事をしたいと考えている人ならフロントエンドのスクールに行くべきです。

プログラミングと一括りにしないで、自分に必要な技術は何か整理しその目的に沿ったスクールに通いましょう!

入会金や月謝が高額だった

私は、4年前ぐらいにTECH::CAMPに通ったのですが、当時夏休みの時期に学生キャンペーンをやっていて、約6万円で1ヶ月学べる制度がありました。

学生キャンペーンのお陰で従来の値段(10万円)よりは圧倒的に安くなっていたのですが、それでも学生にとって6万円は大金です。

プログラミングスクールに通うか散々悩んだ結果、”両親に借金をする”と言う選択で受講料を用意し、スクールに通ったと言う経験があります。

この様にプログラミングスクールは、入会金や月謝が高額です。

もし、

「そんな大金用意出来ないよ・・・」

と言う人は無料のプログラミングスクールもあるので、次の記事を参考に検討してみてはどうでしょうか。

【全15ヶ所から厳選】働きながら通える無料プログラミングスクール5選

女子が少な過ぎた・・・涙

プログラミングスクールには圧倒的に男性が多いです。

プログラミングスクールでは

  • 男性なら彼女を見つける事はほぼ不可能
  • 女性なら頑張らないと同性の友達を見つけられない

と言えますね。ただ、ポジティブに考えると、

  • 男性なら同性の友達を見つけられる
  • 女性なら異性の友達or彼氏を見つけやすい

と言う事なので気にせずプログラミングを勉強しましょう笑!

プログラミング教室に通い続けて感じた5つのメリット

プログラミング教室のメリット

これまでデメリットばかり紹介したので、プログラミング教室の印象が悪くなってしまったかもしれませんね。

でも、正直な感想をお伝えすると、

私がフリーランスエンジニアとして大きく稼ぐことができているのは、プログラミング教室での学習経験があったから

と自信を持って言えます。それほど、プログラミング教室はメリットが多いのです。

では順に紹介しますね。

独学より理解が早くなった

私の実体験なのですが、間違いなく独学より理解が早くなりました。

プログラミングスクールではメンターに質問し放題の所が多いので、つまづいたらすぐに質問出来、理解の速度を早くする事が出来ます。

独学だと、自分でググりながら本を読み進めていかないといけないので、誰にも質問する事が出来ません。

私も、5日間の大学生向けの無料のプログラミングスクールに通った後に、独学で本を見てプログラミングを勉強した経験があるのですが、その時は本を見ても何が何だかさっぱり分かりませんでした。

質問することができないと、本当にドツボにハマっていきます。

  • わからないことにつまずき、時間を無駄に過ごしていくのか
  • 詳しい先生に、最適な答えとその根拠を教えてもらうのか

この差は、スクールの月謝以上の価値をもたらしてくれますよ。

プログラミングをマスターするために重要なことは、勉強することではありません。大事なことは理解することです。そして、その理解スピードを上げることが大事なんです。

  • プログラマーとして働きたい
  • オリジナルアプリケーションを作りたい
  • ビジネスに生かしたい
プログラミングスクールに通う理由は色々とありますが、その目標を叶えるために、無駄な時間を減らすことが大事だとわかりました。

復習がしやすくなった

復習がしやすくなったのもプログラミングスクールに通った大きなメリットです。

本を見ただけでは、どこが重要なのか掴めないですよね。しかも、本はあまり図解されていません。

一方プログラミングスクールの教材は、本よりも圧倒的に分かりやく解説されています。

写真や図などがふんだんに使われています。

しかも、カラフルなのであまり勉強と言う感じがせず読み進めていく事が出来ます。

教材に沿って勉強していけば復習もしやすくなるので、かなり勉強がはかどります。

初心者のうちは、特に「わかりやすい教材を使う」ことが重要であり、知識習得のスピードにも影響してきますよ。

プログラミングの概要が掴めた

プログラミングの概要が掴めたのも通って良かったと思えるポイントです。

独学で本を読んだだけでは、知識や情報が断片的に頭に入る程度で、その情報がなかなか結びつきません。

ところが、リアルな先生から口頭で説明されると、点と点が結びついていき、プログラミングという幅広い概要が大まかに掴めるようになってきました。

プログラミングスクールに通っても働ける様にはなりません。

しかし、口頭での説明を聞き、それに対する質問を行うことで、プログラミングの流れや重要知識など、大事なポイントが理解できてきました。

そして、概要を掴める事によりスクール終了後に復習がしやすくなります。

例えば、本を読んでも、スクールに通う前ならどのポイントを押さえていけばいいのか分からないと思いますが、スクール終了後なら「ああ!これ、スクールでやった事がある!」と思いポイントを掴みやすくなります。

プログラミングスクールに通う1番のメリットは、プログラミングの概要を掴める事ではないかと思います。

概要さえつかめれば、後は自力でいくらでも技術を伸ばしていく事が出来ます。

プログラミングが好きかどうかが分かった

プログラミングが好きかどうかが分かったのも重要です。

自分がプログラミングを好きかどうかを判断する事は、プログラミングを続けていく上で非常に大事です。

プログラミングが嫌いなのに続けていくのはアンハッピーにしかならないので、早めに本当にプログラミングを続けて行きたいか考えましょう。

私の場合だと、「プログラミングが好きだ!」と言う事が分かりました。

なので、もっとプログラミングをやって行きたいと思い、更に勉強しようと決めました。

一方、プログラミングスクールで知り合った人は、

プログラミング難しい・・・。

今まで営業職をしていて、プログラマーに転職しようと思ったけど、
やっぱり自分には営業職の方が合うな。

と言っていて、スクール卒業後も営業職を続けています。

今はプログラミングスクールで身につけたITスキルを使って、営業職でもありながらビジネス企画にも携わっているみたいです。

この様に、プログラミングスクールに行ったからと行って、プログラマーになる必要は全くありません。

大事なのは、プログラミングスクールに通った経験が自分のキャリアにプラスになるかどうかです。まずは、自分がプログラミングが好きかどうかを知りましょう。

意欲的な(男性の)知り合いが出来た

最後に、意欲的な(男性の)知り合いが出来た点です。

プログラミングスクールに来るのはやる気のある人ばかりです。

そもそも、やる気のない人は決して安くはない受講料のプログラミングスクールには来ません。

大学には、何の為に大学に来ているのか分からない人が沢山います笑。大学生の90%が、目標もなく4年間だらだら過ごしているのではないかと感じてしまいます・・・。

私が受講した時は、

  • 起業を目指している大学生
  • 大手企業に内定を目指している大学生
  • 経理を自動化したいビジネスマン
などの人と知り合えました。

意欲的な人に出会えると、自分も頑張ろうって思えエネルギーがもらえますよね!

又、意欲的な人からは仕事がもらえる可能性もあります。

意欲的な人は仕事を作り出す仕事をしていて、人脈も広い場合が多いので自分の会社の仕事を投げてもらえるかもしれません。

この様に意欲的な人が身近にいると様々なポジティブな事が起こる可能性があります。

まとめ

プログラミングスクールに通うことは、手っ取り早くプログラミングをマスターするためには必須と言えます。

経験が豊富な先生に直接聞くことができたり、同じ志を持った人が周りにいると刺激も受けます。

一方で、価格面や難易度への不安で、スクール通いに二の足を踏んでいる方も少なくないでしょう。

そんな時は、まずは無料で体験できるプログラミング教室を利用するのがおすすめですね。

無料体験できるスクールやオンラインスクールはいくつかありますので、次の記事を参考にプログラミング教室を探してみてはいかがでしょうか。

【全15ヶ所から厳選】働きながら通える無料プログラミングスクール5選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です