【22歳で月収100万円達成】
フリーランスエンジニア"あおい"のプロフィール

プログラミングのモチベーションは下がりやすい?その理由と対策

こんにちは!新卒からフリーランスエンジニアとして働いているあおいです。

今日は、プログラミングのモチベーションは下がりやすい理由と対策について解説していきます。

プログラミングの挫折率は9割と言われています

なので、多くの方がプログラミングを始めてもモチベーションが下がって辞めてしまうんです。

「1ヶ月であなたもエンジニアになれる!」の様なプログラミングスクールの広告がありますが、あれは嘘ですね笑。

本当に1ヶ月でエンジニアとしてバリバリ働けるなら、「エンジニア不足が起きる!」とは騒がれないはず。

プログラミングは決して簡単ではなく、多くの人が苦戦してしまうのが現状です。

本記事では、私の体験談も豊富に載せる事で、プログラミングのモチベーションを上げる方法を詳しくご紹介します。

ぜひ、参考にして下さいね^^

【挫折率9割】プログラミングのモチベーションが下がりやすい5つの理由

プログラミングのモチベーションが下がりやすい理由は5つあります。

「プログラミングは難しい!」と主張されている事もあって、多くの人が挫折してしまいます。

99%の人がプログラミングを難しいと思っている誤解と私がマスターした裏ワザ

けれども、プログラミングを難しいと感じるのは誤解です!詳しくは上の記事で解説しています。

では、モチベーションが下がりやすい理由を見ていきましょう。

エラーが解決出来ないから

エラーが解決出来なくて、プログラミングを辞めてしまうのは最も多い挫折理由です。

解決出来ないエラーで3日間も使ってしまったら、どんなに最初はモチベーションが高くてもみんな嫌になってしまうからです。

けれども、学び始めの頃は特にこの様な状況が多いです。

そして、多くの人が「やっぱ自分にはプログラミングは向いていないや」と感じて辞めてしまうんですね。

エラー解決にはググり力や問題細分化力が必要ですが、学校ではこれらのスキルは学びません。

なので、余計に最初の頃はエラーで詰まってしまう場合が多いです。

私も勉強を始めた時に、同じエラーに1週間も使ってしまい頭がおかしくなりそうでした・・・。駆け出しエンジニアあるあるで、教えてもらえる人がいなくて自力で何とかするしかなかったんです。

あおい

エラーはプログラミングをしている以上は全員に起こるものですが、それでも解決しないと嫌になってしまいますね・・・。

概念が理解できないから

概念が難しく理解が出来なくて、モチベーションが下がってしまう事も多いです。

例えば、「クラスはオブジェクトを生成するための設計図です」と言われても駆け出しエンジニアは絶対にピンと来ませんよね。「オブジェクトって何?」と思うはず。

この様に、プログラミングはコンピューターの言葉でとっつきにくい概念が多いです。

なので、勉強に時間がかかってしまうのですが、「こんなにプログラミングが難しいと思わなかった」とモチベーションが下がってしまう人が多いです。

また、時間をかけても概念が理解出来なくて挫折してしまう場合も多いです。

あおい

私もオブジェクト指向がなかなか理解出来ませんでした。どんな本を読んでもいまいちよく分からなくて・・・。

色々なセミナーに行ったりしましたが、ベテランエンジニアの方に説明してもらった時に初めて理解できました。

理解する事が多く難しいために、モチベーションが下がってしまう可能性が大きいです。

ちなみに、プログラミングが出来ない人の特徴をこちらの記事にまとめました。参考にして下さい。

プログラミングができない人に共通する5つの原因

未経験可のエンジニア求人は少ないから

未経験でも応募出来るエンジニア求人は少ないのが現状です。

なので、オンライン教材のPro◯ateを勉強してエンジニアとして働ける様に準備していても、機会が見つからない事が多いんです。

そして、「働けないならプログラミング勉強をする意味がない」とモチベーションが急激に下がってしまいます。

エンジニア不足なのに未経験可の求人が少ない理由は、経験者に求人が偏っているからです。

以前、こんなツイートをした事があります。

この様に少なくともバイトレベルなら、未経験の駆け出しエンジニアに教える時間を自分で開発した方が早いです。

なお、正社員だと教育が充実していて未経験可の求人もありますが、その様な優良求人は倍率が高くなってしまいます。

「エンジニア転職して、手に職をつけてお金を稼げる様になりたい」と夢を持ってプログラミング勉強を始めても、かなり努力しないといけないのが現状です。

プログラミングスクールの受講期間は決まっているから

プログラミングスクールの受講期間は決まっています。

なので、その期間にある程度のスキルを身につけておかないと、スクール卒業後の独学も厳しくなります。

また、受講期間を長くするほど受講料が高くなってしまいます。

実際に、受講期間を伸ばしたかったけれど、お財布が厳しくて出来なくてエンジニア転職を諦めた方がいます。

この様に、スクールを選ぶ時はリーズナブルな値段で長期間学べる所を検討しましょう。

また、スクールに通う前に十分に予習をしておくのも重要です。

なお、格安で長期間学べるプログラミングスクールはこちらの記事にまとめました。

夜間に通学出来るおすすめプログラミングスクール7選

読者さんは社会人が多いはずなので、夜間に通えるスクールを厳選しました。

一方で無料で通えるプログラミングスクールもあります。エンジニア就職するのが前提で受講出来るスクールが多いですが、就職をしなくてもペナルティがない所もあります。

【全15ヶ所から厳選】働きながら通える無料プログラミングスクール5選

上の記事で「プログラマカレッジ」というプログラミングスクールを紹介していますが、なんと半年間受講が出来て費用は完全無料です。

お財布に余裕はないけどプログラミングを学びたい方は、ぜひチェックしてみて下さい。

周りにプログラミングをしている人がいないから

周りに誰もプログラミングをしている人がいないのも、モチベーションが下がってしまう要因の一つです。

勉強の仕方を相談する事は出来ないし、「プログラミングなんて勉強したって意味がない」と周りから言われる事があります。

実際に、私も大学時代に同級生から「プログラミングなんて勉強してどうするの?うちらはMARCHに通っているんだから、学歴を生かして働いた方が良いと思うな」と言われた事があって(私はMARCHのどこかの大学に通ってました)。

あおい

彼女の様に考える人がいるのは理解は出来ますが、自分が熱心に取り組んでいるものを否定された気分になりましたね。

また、提出物などをしっかりとこなしているにも関わらず、教授から「エンジニアのインターンなんて行かないで、もっと研究をしなさい」と言われた事もありました。

その後、インターンは辞めたふりをして研究室に行ってましたが笑。

この様に、周りからプログラミング勉強を応援してもらえないと継続をしにくくなります。

大学生の場合だと両親の援助がないとプログラミングスクールに通えない人も多いはずなので。

私の場合は、祖母が「これからはプログラミングの時代だね。頑張ってね」と言ってくれたり、両親がプログラミングスクール代を全額負担してくれたりで、周りの声は気にしてプログラミング勉強を継続しました。

けれども、プログラミング勉強を反対される人も多いだろうなと感じています。

以上がプログラミングのモチベーションが下がる5つの理由です。

なお、プログラミングに挫折する人の特徴をこちらの記事にまとめました。興味がある方はご一読下さい。

プログラミングに挫折しそうな人必見!挫折する理由とその解決策5選

では、次に私自身が体験したプログラミングのモチベーションが下がった時に実践した裏ワザをご紹介します。

【体験談】プログラミングのモチベーションが下がった時に実践した裏ワザ

モチベーションが下がった時に実践した事は5つあります。

それぞれを見ていきましょう。

質問投稿サイトを積極的に使った

質問投稿サイトを積極的に使うとエラーが解決する事が多いです。

特にエラーが解決出来ない時やどうしても理解出来ない概念を質問すると良いです。

例えば、teratailstack overflowが大きいサービスです。

あおい

私自身、何度も質問投稿サイトに助けられました。

サイトには猛者エンジニアが多くて、投稿するだけですぐに解決出来た事が多かったです。

駆け出しエンジニアだった時は一日に3個ぐらい質問していましたね。質問を通して自分が何が分かっていないのかと解決策を知れて、まさに一石二鳥でした。

また、フリーランスエンジニアの今も質問投稿サイトを利用して解決のヒントを得る事ばかりです。

そして、海外版stack overflowを使った時に「海外にはこんなに凄いエンジニアがいるんだな」と知れたのもモチベーションを上げる機会になりました。

質問に回答をくれたのは、ロシア人やイラク人など様々な国籍のエンジニアでした。

あおい

世界中のエンジニアとやりとりをする中で、「日本がITに遅れてるのは本当かも知れない!将来は海外で働きたいな」と新たな目標が出来たのもstack overflowを利用したからでした。

たった一人でプログラミングを勉強していても、修行の様に感じてしまいます。

なので、そんな時はオンラインでエンジニアと交流してみましょう!

今まで理解出来なかった事も知れて、楽しかったですよ^^

初心者向け勉強会に積極的に参加した

初心者向け勉強会に積極的に参加すると、自分と同じレベルの駆け出しエンジニアと出会え情報交換が出来ます。

他の人がどの様に勉強しているのかを知るのは、効率的に勉強を進めていく上でとても重要です。

勉強会で出会った人に紹介してもらったおすすめの本を読んだ所、今まで理解出来なかった概念をふに落とせた経験があります。

あおい

また、完全初心者から5年間も独学で勉強して、エンジニア転職を成功させた人に出会えた時は「私も頑張ろう!」と思えました。

なお、私が通っていた勉強会はベテランエンジニアのメンターがいて色々と質問出来たのも良かったです。

対面で教えてもらうと、やはり理解が深まりますね。

何を分かっていないのかを密にコミュニケーション出来るので、的確な回答をもらえます。

この様に「勉強仲間が欲しいな」と感じた時には、初心者向け勉強会に参加するのがおすすめです。

一方、女子大生だった私がプログラミングをマスターした方法は以下の記事にまとめてあります。

【裏ワザ】プログラミング初心者の女子大学生でもプログラミングを2年でマスターできた5つの理由

エンジニアの彼氏を見つけた

今は別れてしまいましたが、エンジニアの彼氏を見つけたのもモチベーションが上がった要因の一つです。

彼とはエンジニアインターンで出会いました。

あおい

彼は8歳からプログラミングをしている生粋のエンジニアで、「私も彼みたいにコードを書ける様になりたい!」と思いました。

一緒にいる時に「XXってどういう意味?」と質問ぜめしていましたね。そのせいで「僕はあおいの家庭教師じゃないんだぞ!」と怒られた事もありましたが笑。

とは言え、身近に教えてくれる人がいたのは、理解を早めるのに有効でした。

これは私の肌感ではありますが、周りにプログラミングをしている人が多い人ほど勉強を継続出来ている様に思います。

プログラミングサークルに入っている友人らは誰も勉強を挫折しませんでしたからね。

なので、エンジニアの彼氏or彼女を見つけるのは有効手段の一つです。

半年後までに30万円をプログラミングで稼ぐと決めた

大学4年生の時に「半年後にプログラミングで30万円稼ぐぞ!」と決めて、エンジニアインターンで積極的に仕事する様になったのも大きいです。

4年生の時に友達との卒業旅行の計画を立てていて、ヨーロッパに行く事になったのがそう決意したきかけです。

ヨーロッパ旅行なので最低でも15万円は貯めないといけませんでした。両親に「卒業旅行は絶対に援助しない!」と宣言されたのも大きかったですね笑。

また、卒業したら引っ越す事が決まっていたのでプラス15万円を引っ越し代として貯めようとも決めました。

あおい

けれども、エンジニアインターンの他に卒業研究や内定者インターンでとても忙しかったんです。

追加で短期バイトは出来そうになくて。

なので、エンジニアインターンで幅広い業務を任せてもらって30万円を稼ぐのが目標達成の最短の近道だと考えました。

エンジニアインターンは在宅でも働けたので、他の予定と調整しやすかったんですよね。

一方で、私に幅広い業務を任せてもらう為に、技術を勉強して出来る様にならなければいけません。

その為、当時サーバー開発のみを行なっていましたが、フロントの勉強もして仕事を引き受ける事にしました。

この様に、「XX円稼ぐ!」と決意するとプログラミングのモチベーションが上がりました。

あおい

他にもフリーランスエンジニアになりたての時に「22歳の時に月商100万円を達成する」と決めて、その後に目標達成しました。

私はTOEICなど自分のスコアが上がって行くのを見るのが大好きです笑。

自分の努力が数値化されたらモチベーションが上がる人にこの方法はおすすめです^^

小・中学生のプログラミングコンテストの結果を見た

小・中学生のプログラミングコンテストの結果を見た時に、「小さい子達でもこんなに作れるんだ・・・!お姉さんも頑張ろう」と思いました笑。

実際に入選作品はかなり作り込まれていて、小・中学生が作ったとは思えないレベルです。

けれども、いくら凄いアプリケーションを作ったとは言えど、年齢は10歳前後の子供です。

あおい

そう考えると「10歳前後の子供でも出来るなら、自分にも出来る!」と思えてきませんか?

子供なので時間は彼らの方があるかもしれませんが、思考力なら大人の方が持っているはず。

なので、努力次第でプログラミングは出来る様になると感じた時にモチベーションは上がりました。

ちなみに
この前、iPhoneアプリ開発をしている小学生の男の子に出会いました。

災害用のアプリを作っていて、Swiftについて教えてもらいました!

この記事を書いている私は24歳で世間的にはまだ若いはず。ですが、もっと下の世代が頑張っています。

今も「若い子に負けない!」と思ってプログラミングを勉強しています。

他にもある!プログラミングのモチベーションを上げるコツ

こちらでは、プログラミングのモチベーションを上げるコツを2つ紹介します。

それぞれを見ていきましょう。

無理やり仕事を引き受ける

無理やり仕事を引き受けて、自分を追い込んでプログラミングを身につけたエンジニアは多いですね。

例えば全くJavaが出来なくても、「Javaが出来ます!」と宣言して開発を依頼してもらって、作りながら学ぶといった具合です。

あおい

「納期に間に合わなければアウト」と決まっていれば、モチベーションがないなんて状態にならないですからね。

納期までの期間はアドレナリンが出っ放しです。

また、納期に間に合えばスキルもお金ももらえて良い事ずくめです。

身につけたスキルでさらに仕事を依頼してもらえますからね。

このループでエンジニアとしてかなり鍛えられるはず。

けれども「納期に間に合わなくて、大変な目にあった」との声もちらほら聞くので、ご利用は計画的に笑。

ベンチャー企業にエンジニア第一号として入社する

ベンチャー企業に一人目のエンジニアとして入社すると、何でもせざるを得なくなりモチベーションは上がりっ放しです。

この方法は、特に大学生に多いですね。友達と起業して、エンジニア業務を全て引き受けてスキルを身につけた人は私の周りにもちらほらいます。

あおい

とは言え、未経験からエンジニア就職する人にこの方法はおすすめしません。

大学生だとお給料が支払われなくてもそこまで困りませんが、社会人だと話は別です。生活が出来なくなります。

なので、エンジニア就職を目指す人は教育体制が整っている大きめの企業に入社するのが良いです。

そして、日々の業務の中で色々な技術を経験するのが最も安全でスキルを身につけられる方法ですね。

もしも、社会人がこの方法でモチベーションを上げるなら、知人のベンチャーに副業でエンジニアとして働くのがおすすめです。

エンジニア不足の為に幅広い業務に携わらせてもらえ、その度に勉強の必要が出てくるのでモチベーションを高く保てます。

モチベーションを上げるとスキルが身につき、何より毎日が充実します。

なので、モチベーションは高いに越した事はないのです。

まとめ

プログラミングのモチベーションが下がりやすい理由と対策について詳しく説明しました。

「プログラミング勉強が難しくて、最近モチベーションが下がりっぱなし・・・」という方は、本記事を参考にしてモチベーションを上げて下さいね^^

プログラミングは決して簡単ではないですが、継続的に努力する事で身につくスキルです。

この前にこんなツイートをしたのですが、

細く長く続ける事が一番です。

なので、モチベーションが下がった時は色々な工夫をしてみましょう。そして、どうしても疲れたら休憩をするのも手です。

エンジニアは夢のある職業なので、目標達成まで頑張りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です