【22歳で月収100万円達成】
フリーランスエンジニア"あおい"のプロフィール

プログラミングを楽しいと感じる人と楽しくない人との違い

こんにちは!フリーランスエンジニアのあおいです。

駆け出しエンジニアで

「プログラミングが楽しくない・・・」

と感じている方は多いはず。

また

「プログラミングを楽しいと感じる人の特徴は何?」

と疑問に思っている方もいるはず。

本記事では、プログラミングを楽しいと感じる人と楽しくない人との違いを徹底解説します。

あおい

5人のエンジニアにインタビューした結果を掲載します!

参考にして下さいね^^

最初はみんな楽しくない?プログラミングが楽しいと感じ始めるタイミングとは?

最初はプログラミングが楽しくなくても、途中から楽しいと感じたエンジニアも多いです。

プログラミングが天職と思っていなかったエンジニアが「プログラミングが楽しい!」と感じた出来事をご紹介します。

出来なかった事が出来た時

出来なかった事が出来た時は、悩んでいた期間が長いほど達成感があります。

自分の成長を感じられるのは、誰しも嬉しいですから。

あおい

私自身がこのタイプです。

以前は分からなかったエラーの内容を理解出来る様になった時は、本当に嬉しかったですね。

また、明確に何か出来事があった訳ではないのですが「自分も変わったなあ」と感じた事もありました。

学生時代は毎回じゃないかというぐらい上司エンジニアに質問していた私ですが、実務2年目にふと「そういえば最近誰にも質問してないな」と。

出来なかった事も時間が経てば出来る様になる時が多いです。

続けていく内に気持ちが変わる事もありますよ。

開発したアプリが人気になった時

開発したアプリが人気になった時はエンジニアの士気が上がりますね。

アプリが褒められた時は、企画職やエンジニアなど携わった全員が嬉しいですから。

ベンチャー企業で働くエンジニアが「開発しているアプリがAppleストアで取り上げられた!DL数が爆伸びして、本当に嬉しかった」と話していました。

その後、開発チームは以前に増して熱を入れて開発したそう。なお、その結果でエンジニアのボーナスが上がったそうです。

自分が開発の一部を担当したアプリが人気なったら嬉しいものですよね。

私も大学時代にインターンで開発していたアプリがリリースされて、友達がダウンロードして使ってくれた時は嬉しかったです。

あおい

「このプロフィール機能は私が作ったんだよ!」と話しました笑。

スキルが伸びてお給料が上がった時

スキルが伸びてお給料が上がった時は、努力が評価されて嬉しかったです。

私はフリーランスになって4ヶ月目で、新卒の初任給の3倍のお給料になりましたよ。

「自分でもやれば出来るんだ!」と思いましたね。

特にエンジニアは最初の一年目はやけに安いお給料しかもらえないので。

実務年数とスキルの伸びでお給料が上がるケースは多くありますよ。

知人エンジニアが未経験から実務三年目の時に年収950万円のオファーを受けて転職しました。

前職と比べて、年収が2倍以上になったそう。

あおい

エンジニアの年収は実力主義な面が強いので。

一気に年収が上がるのも夢ではありませんよ!

お金が仕事の全てではないですが、給料もやる気に大きく関わりますよね。

技術が面白いと思った時

技術が面白いと思った時は自然とプログラミングも楽しいと思えますね。

私が初めてデータ分析に触れた時に「こんなに手軽に未来予測が出来るなんて!」と感動しましたよ。

しかもこの場合はスキルが伸びる可能性大ですよ。

技術が面白いと思えるから、勉強しようと思えるんですね。

また仕事で多少の困難があっても「まだ見た事がない事象だ!」とポジティブに捉えられますし。

さらに以前以下のツイートをしたのですが

続けるからエンジニアとして働け、プログラミングに天性の才能がなくても”ある程度は”働ける様になります。

あおい

プログラミングはPC一台で出来る事が沢山ありますよ。

ファンタスティックな技術ばかりですよ笑!

初めからプログラミングを楽しいと感じる人の特徴

初めからプログラミングを楽しいと感じる人の特徴は4つあります。

それぞれを見ていきましょう。

パズルが好き

パズルが好きな人はプログラミングと相性が良いですね。

パズルはピースを組み立てて完成させますが、プログラミングもコードを組み立てて開発しますから。

またパズルは論理的思考が鍛えられるので、プログラミングにも活かせます。

プログラミングは論理的思考が必要なので。

実際に今活躍しているエンジニアでパズル好きな方は多くいます。

今でもルービックキューブにはまっている方もいますよ。

あおい

私の肌感ですが、パズルが好きな方はプログラミングスキルが爆伸びする可能性大です!

数学が好き

数学が好きな方もプログラミングが楽しいと感じるはず。

数学でも論理的思考を鍛えられ、プログラミングの下地を身につけられるので。

WEB開発だとあまり数学は関係ないですが、データサイエンスでは数学がかなり重要になりますからね。

特に線形代数と統計学はデータサイエンスで重要ですね。

数学だけで食べていく事は中々厳しいですよね・・・。

しかし数学はプログラミングに活かせるので、エンジニアになれば数学を仕事にする事も可能です。

あおい

数学を続けたくてエンジニアになった方は多いですね!

ものづくりが好き

ものづくりが好きな方はプログラミングにハマるはずです。

私自身がこのタイプなのですが、PC一台でものづくりが出来ますよ。

ものづくり好きな方に特におすすめなのが、スマホアプリ開発です。

サーバーサイドよりも動いている所が見やすく、達成感を感じられるはず。

手芸や工芸など大抵のものづくりで材料が必要ですが、プログラミングだと材料は必要ありません。

しかもPCを操作するだけで、何度でも作り直せますよ。

あおい

リリースされたら自分が作ったものを沢山の人に使ってもらえます!

PCに嫌悪感がない

PCに嫌悪感がないとプログラミングを楽しめる確率が上がります。

「PCなんて絶対に無理!」と思っている方はプログラミングが苦痛になってしまうので。

あおい

なお私はプログラミングを始める前は「PCが苦手だ・・・」と感じてました。

しかしプログラミングスクールで1ヶ月間PCを触り続けたら「PCちょっと得意かも」と思える様になりましたよ。

とはいえ「PCが嫌だ!」と感じる方は多いんですよね。

そんな方はまず市が開催しているWordやExcelのスクールに通ってみると良いです。

あおい

3日間の講座で3000円など手頃な値段で学べるスクールが多いですよ。

市の職業訓練校のHPをチェックして見て下さい。

プログラミングに向いていない人の特徴

プログラミングが向いていない人の特徴はかなり分かりやすいです。

具体的には8つあり

  • 思考が感情的
  • 短期間で成果を出したい
  • 英語に拒絶反応がある
  • 体を動かすのが好き
  • 常に喋りたい
  • モノづくりに興味がない
  • 問題を切り分けられない
  • 勉強が嫌い

のどれかに当てはまる方は要注意です。

3つ以上に当てはまる場合は、エンジニア以外の職種も検討しておくと良いですよ。

当てはまると要注意!プログラミングが向いてない人の8つの特徴

詳しくは上の記事で解説しているので、興味がある方はご一読下さい。

まとめ

プログラミングを楽しいと感じる人と楽しくない人との違いを理解して頂けたはず。

例えプログラミングが楽しくない人の特徴に複数当てはまっていても、続けていれば変わる場合も多いですよ。

あおい

まずはプログラミングを続ける事が大事です!

駆け出しエンジニアの方が実務などで色々と経験して、プログラミングが楽しいと感じられる事を願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です