【22歳で月収100万円達成】
フリーランスエンジニア"あおい"のプロフィール

23歳女性が一人(ひとり)起業して感じた葛藤と得たもの

こんにちは!フリーランスエンジニアのあおいです。

今日は、23歳女性が一人(ひとり)起業して感じた葛藤と得たものをご紹介します。

フリーランスで

「フリーランスではなく一人(ひとり)起業しようかな」

と考えている方は多いはず。

あおい

私は約1年間フリーランスを続けた後に法人化しました。

税金面で一人起業の方が得だったので法人化を決めました。

本記事では、フリーランスと一人起業を両方経験した私が一人起業のリアルを詳しく解説しています。

参考にして下さいね^^

23歳女性が一人(ひとり)起業して感じたリアル

23歳女性の私が一人起業をして感じた事を詳しく見ていきましょう。

良い事も悪い事もあります。それぞれを赤裸々にご紹介します。

知らない税金・年金知識が多すぎた

知らない税金や年金知識が多くて大変でした。

フリーランス経験があったので法人も同じ様なものだろうと思っていたのですが、全く違いましたね。

法人化すると会社役員になり、支払うべき税金や年金がフリーランスの時と変わるんです。

また、法人税など法人として支払うべきお金が増えたのですが、法人と個人で支払うべきお金を混乱していました。

顧問税理士に都度聞いて理解していましたが、初年度はなかなか理解出来ませんでしたね。

支払うべき税金を認識していなくて、期日の最終日に慌てて払いに行った時もありました。

あおい

法人化する方は法人として支払う税金と個人として支払う税金をリスト化する事をおすすめします。

相談出来る人がいなかった

ディープな内容を相談出来る人がいなかったのは辛かったですね。

友達に「お給料をいくらもらっている」とかを話さないのと同様に、起業した会社で苦労している事を誰にも詳しくは話しませんでした。

あおい

友達に話したら聞いてくれるとは思いますが、話しづらいですから。

従業員がいたら一緒に問題解決をしてくれたと思うのですが、一人起業なのでそれが出来ませんでしたね。

「経営者は孤独」と良く言いますが、一人起業だと特にその側面はあるかもしれません。

しかしその時は、「悩んでいても仕方がない!」と割り切って働きました。

働いていたら解決する事も多いですよ。

プライベートで辛い事があり働けなくなりそうだった

起業してすぐにプライベートで辛い事があり、働けなくなりそうでした・・・。

あおい

自営業で働けなくなるのはかなりまずいので、何とか頑張って働きました。

けれども、当時は本当に辛かったです。

また、この時は仕事でミスが増えてしまいました。

「プライベートの問題でクライアントに迷惑をかけてしまった」と自分を責めてしまいましたね。

【ミスが減った】ミスが増えた私が実践した7つのビジネスハック

当時ミスが増えてしまった私が実践したミス回避法は上の記事にまとめています。興味がある方はぜひご一読下さい。

助けてくれたのは同じクライアントで働く人達だった

そんな時に助けてくれたのは、同じクライアントと働くフリーランスの人達でした。

落ち込む私に何も聞かずご飯や飲みに誘ってくれました。

あおい

温かいクライアントの人達と接する事で、暗い気持ちから徐々に立ち直れましたね。

フリーランスは一匹オオカミのイメージを持っている方も多いはず。

もちろん、その様なフリーランスもいるのですが輪や仲間を大事にする方も大勢います。

人との大事な出会いはいつどこであるのかが分からない事を学べました。

従業員がいないから新規事業を複数始められた

一人起業の大きなメリットとして、従業員がいないからお給料を支払う必要がなく身軽という点がありました。

とりあえず私一人が生活出来るお給料を確保したら、後は事業投資し放題です。その恩恵で複数の新規事業を始められました。

あおい

私は事業が伸びれば社員を雇えば良いと考えているタイプです。

そういう価値観の持ち主なので、一人起業とはかなり相性が良かったと言えますね。

フリーランスエンジニアの仕事はクライアントワークなので、ゼロから事業を考える過程で多くのビジネス知識を学べました。

正社員だと「所属している会社と競合になる副業をしてはいけない」の様な規定が多い会社がほとんどです。

けれども、一人起業だと言わずもがな、その様な規定が一切ないので自由に挑戦出来ました。

20代前半の早い内から好きなだけ挑戦出来たのは、私の大きな財産だと考えています。

マイペースに仕事を進められた

マイペースに仕事を進められたのも良かったです。

チームで起業したら進捗管理の為に「XX日までにXXを達成する」といった期日と目標を設けて動く事が多いですが、一人起業なので自分の気の向くままに作業が出来ました。

もちろん、目標設定は一人起業でも行った方が良いと考えています。

しかし、設定した目標を達成出来ない時も多くあるはず。思う様に行かない時に目標に追われないで働けるのは一人起業のメリットですね。

営業職で営業ノルマを達成出来るまで残業を強いられる場合は多いですが、”会社の利益の為のノルマ”とは無縁で働けました。

また、失敗しても左遷になったり働きづらくなる事もありません。社員は自分一人しかいませんからね笑。

あおい

その為、自由な発想が出来ました。

経費で落ちる範囲が若干広がり助かった

経費で落ちる範囲がフリーランス時代と比べ若干広がり、メリットを感じました。

フリーランスだと個人名義で契約するしかありませんが、法人化すると法人名義で契約出来るものが増えるからです。

なので、経費で全て落とせるものも増えるんです。

例えば、家を法人で契約すると家賃が全て経費で落ちます。

また、私は免許を持っていないので関係ありませんが、車を全て経費で購入する事も出来ますよ。

特にIT業は経費で落ちる範囲が狭いので、結果税金が高く取られがちです。

しかし、法人化する事により経費を多く計上出来て助かりました。

他にもある!一人(ひとり)起業のメリット

一人起業のメリットは他にもあります。

それぞれを見てみましょう。

自分が考えた事を全て実行出来る

自分が考えた事を全て実行出来るのはメリットですね。

チームで起業するとメンバー全員が納得しないと実行には移せませんが、一人起業だとスピードを早く出来ます。

あおい

素早く事業で売り上げを立てられるまで成長させられますよ。

ビジネスは正解が分からない事が大半です。なので、正解を見つけられるまで探し続けなければいけません。

その時にスピードを出せるのは一人起業の醍醐味でしょう。

自由な働き方を出来る

自由な働き方が出来るのもメリットですね。

チーム起業の場合はミーティングがあれば会場まで行かなければなりませんし、ある程度は時間を揃えて働かないとコミュニケーションがしづらいです。

しかし、一人起業の場合は好きな場所・時間で働けます。

誰かと合わせて働く必要はありません。

なので、子育て中の方や持病をお持ちの方はかなり働きやすいはず。

実際に私の知人で、子供を家で面倒を見ながらビジネスをしているパパ社長がいます。保育園を探さなくて良いから助かっている、との事。

無理なく仕事をしたい方は一人起業を考えても良いかもしれません。

孤独?一人(ひとり)起業のデメリット

一方で、一人起業のデメリットもあります。

3つあります。どれも一人で働く事に起因しています。

考えられる事の限界値が自分の能力になる

考えられる事の限界値が自分の能力になるのはデメリットです。

チームでの起業の場合はチームで考えられる事が限界値になりますが、一人起業はそれが出来ません。

起業初期はそれでも問題ありませんが、ビジネスをスケールさせる段階になるとデメリットの方が大きくなる可能性大です。

またコンサルを雇う事は出来ますが、コンサル料金はかなり高い場合がほとんどです。

人間一人では大きな仕事は出来ません。Googleには世界中に沢山社員が沢山いますよ。

最初は一人起業で始めても、ビジネスが成長してきたらメンバーの追加を考えた方が良いですね。

作業分担が出来ない

作業分担が出来ないのも一人起業をする時は覚えておきましょう。

一人起業をする際は何でも屋になる必要があります。営業や事務まで自分一人でこなす必要がありますよ。

なので「自分は本当に全ての仕事をしたいのか」を事前に考えておくと良いです。

知人の優秀なエンジニアが一人起業したのですが、開発以外の業務が圧倒的に多く自分の価値を発揮出来なくて悩んでいました。

彼は結果的に事務をアウトソーシングして解決しましたが、一点突破型のスキルを持っている方は特に注意が必要ですね。

私はむしろ何でもやってみたいタイプなので苦にはなりませんでしたが笑、専門外の仕事を嫌に思う一人法人社長は多いです。

使える人脈も当然一人分になる

使える人脈も自分一人分のみです。

チーム起業ならチーム全員の人脈を使えますが、一人起業ではそれが出来ません。

あおい

なので、自分一人で営業が出来るビジネスなのかは事前に考えておきましょう。

一人起業はネットビジネスとは相性が良いですが、その他のビジネスを行うのは適していない場合が多いです。

実現したい事が一人起業で出来るのかはあらかじめ考えておきましょう。

まとめ

23歳女性が一人起業して感じたリアルを理解していただけたはず。

社長というとかっこいい響きですが、実際はフリーランスと変わらない所も多いです。

起業は選択肢の一つですが、起業して終了ではありません。起業してからの方がずっと長いですよ。

一人起業をする前にメリットとデメリットを考えてみましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です