【22歳で月収100万円達成】
フリーランスエンジニア"あおい"のプロフィール

22歳女子プログラマーがフリーランスで月収100万円超えを達成できた5つのポイント

こんにちは!フリーランスエンジニアのあおいです。

この記事では、22歳女子プログラマーだった私がフリーランスで月収100万円超えを達成できた5つのポイントをご紹介します!

まず始めに、皆さんはこのように思っていませんか?

フリーランスになって間もないプログラマーが、月収100万円なんて達成できるの?

その疑問はみんな思います。私だって最初はそう思っていました。

でも、大丈夫です。

フリーランスのプログラマーに関しては、コツを抑えて努力すれば誰でも達成可能です!!

この記事では、体験談をベースに、そのコツを詳しく解説していきます。

「お金がもっと欲しい!」と感じている人はぜひ読んでみて下さい!

22歳女子プログラマーが月収100万円を稼げたのは特別?奇跡?

私が22歳の時に月収100万円を稼げたのは全く特別ではありません。

何度も言いますけど、誰でも努力とコツで100万円以上も達成可能です!

月収100万円は難しいと思われがちですが、50万円の案件を1個と25万円の案件を2個こなすだけで100万円になります。

こう考えると簡単に思えませんか?

後は、50万円の案件と25万円の案件を見つければいいだけです。

ものすごく簡単に言いましたけど、仕組みはこれだけなんです。

月収100万円も達成方法を考えると意外と簡単で、目標の達成方法を細分化して考えてみる事が大事なのです。

大きく稼ぐには、

  • 利益率が低くても安定して収入を得られる仕事
  • 利益率は高いが不安定にしか収入を得られない仕事

の2つの仕事をしなければいけません。

理由は、安定して利益率が低くても収益を得ながら、より利益率の高い仕事で大きく稼いでいくと、生活費の心配をする事なく大きく稼げるからです。

私が月収100万円を稼ぐ時には上記の2つを意識しました。

この考えをプログラマーの仕事に当てはめるなら、

  • 利益率が低くても安定して収入を得られる仕事:サーバー保守運用・納期が遅く長い仕事
  • 利益率は高いが不安定にしか収入を得られない仕事:高単価な開発案件

こんな感じです。 今も私が仕事を選ぶ時には上記を基本に考えています。

【前提条件】プログラミングの基礎的なスキルは必須

当たり前ですが、プログラミングの基礎的なスキルは必要です。 スキルがないのにお金を稼ぐ事が出来ません。

フリーランスで活躍するために最低限必要なプログラミングスキルのレベル

フリーランスで働くために最低限必要なプログラミングスキルは、

  • サーバーサイドの言語を1つ以上使える
  • 他の人の助けを少し借りれば完成出来るレベル
  • フロントが何となく出来るレベル

です。 もちろんこれらの業務で使った経験が必要です。

フリーランスはある程度は即戦力と見られます。

なので、少なくとも助けを少し借りれば完成出来るレベル以上でないと雇ってもらえません。

実務経験1年目でもこれくらいのレベルなら45〜50万円ぐらいの単価は取れます。

私が持っていたプログラミングスキル

22歳でフリーランスになり、そのあとすぐに月収100万円を達成した私ですが、実は、マスターしていたプログラミングスキルは、大したものではありません。

  • Pythonがほぼ人の助けなしで働けるレベル
  • DjangoとFlaskが他の人の助けを少し借りれば完成出来るレベル
  • フロントが何となく出来るレベル

フリーランスになった当時はスキルも完成していなくて、スキル面で自分の不十分な所を沢山突きつけられてきました・・・。

今も、「もうちょっとスキルがあればなあ・・・」と感じる事が多いです。

とは言え、このレベルでもフリーランスエンジニアとして月収100万円が達成できたのです。

そう考えると、どんなプログラマーにも出来ると思えませんか?

スキルだけが報酬アップに影響するわけではありませんよ。

フリーランスでも通用するレベルのプログラミングスキルを身につけた方法

一方、一定レベルのスキルはどうしても必要です。そこで、フリーランスでも通用するレベルのプログラミングスキルを身につける方法を紹介します。

プログラミングスキルを最短で身につけるには、2ステップを踏む必要があります。

  • スクールに通う
  • 実務経験を積む

スクールに通って基本的なプログラミングスキルを身につけてから働いてみて実践を積み、働けるレベルまで持っていくのが良いです。

プログラミングスクールは無料のものでも有料のものでもどちらでも良いです。

あおい

個人的には、無料の方がお金はかからないし就職出来るしでお得だと思っています^^

スクール探しは、以下の記事で詳しく解説しています。

【全15ヶ所から厳選】働きながら通える無料プログラミングスクール5選 TECH::EXPERTで未経験から10週間でフリーランスエンジニアになろう!

2ステップで2年ぐらいかかると思ってください。

【収益アップのコツ①】どこからでも仕事がもらえる環境を作ろう!

フリーランスエンジニアで多くお金を稼ぐためには仕事をもらえる環境を作る事が重要です。

お仕事がないと収益が立ちません。

お仕事をもらえる方法は多いに越した事はありません。

ここではお仕事がもらえるメジャーな方法を4つご紹介します!

フリーランスエージェントを活用

まずは、王道のフリーランスエージェントを活用して仕事を見つける方法です。

フリーランスエージェントはお仕事のデータベースなので、条件・やりがいが自分にとって最大になる案件を選ぶ事が出来ます。

「エージェントを経由してお仕事をもらうとマージンが抜かれるから嫌だ!」、と言う人もいますが、マージンが抜かれても自分の手元に多くのお給料が入ってくるならエージェントを使うメリットがあると思いませんか?

また今はマージン率が5〜10%のエージェントも多く、そんなにマージンを取られなくてお仕事を紹介してもらう事が出来ます。

実務経験1年以上の人なら、ほぼ間違いなく仕事が見つかります。

MEMO

この前PHPのプログラマーで実務経験1年で独立した人に会いました。

常駐先が居心地が悪く案件を契約満了で辞めたそうですが、フリーランス歴3ヶ月でもう次の案件が見つかったそうです。

フリーランスエンジニアはエージェントを使うと「お仕事がない!」と言う事をまぬがれます!

12社の経験でわかったプログラマーのための副業ガイド【リモート可】

Wantedlyを活用

Wantedlyはフリーランスの仕事探しの便利ツールです。

業務委託の仕事の募集が沢山されています!

働きたい人を探す会社が広告費を払って掲載しているので、フリーランス側はマージンも取られず完全無料でお仕事探しが出来ます。

Wantedlyは正社員の仕事探しがメインと思われがちですが、業務委託や副業も多く募集されているので、正社員エンジニアでも副業探しに活用できますよ!

この記事を書いている現在、Wantedlyでプログラマーの業務委託のお仕事を検索した所、1645件ものお仕事がHitしました!

1645件もお仕事があれば、流石に自分がやりたいと思う案件もあるはずなので、是非皆さんチェックして見てください!

副業エージェントを活用

最近増えてきている副業エージェントからお仕事をもらう方法もあります。

副業エージェントにも、時給5000円以上のお仕事は沢山ありますよ!

副業エージェントもフリーランスエージェントと仕組みは同じですが、副業エージェントには週1〜週4日の時短勤務やリモートワークなどの自由に働けるお仕事が多いです。

ただ、その分案件の数はフリーランスエージェントに比べ少なめです。

  1. フリーランスエージェントから週5日のお仕事をもらい、副業エージェントで副業のお仕事をもらう
  2. 副業エージェントで週2・3日のお仕事を2つ以上紹介してもらう

のどちらかの方法で働くのが良いです!

私がオススメできる副業エージェントは次の4つですが、全て無料で利用できるので、複数個登録しておくと、たくさんのチャンスが回ってくるので、機会損失は避けられますね。

私が知っている副業エージェントの中で、紹介できるのは次の4つです。

あおい

全て無料で登録できるので私は全て登録しています^^収益源はたくさん確保しておきましょう!

人づてを活用

昔からある、人づてでお仕事を紹介してもらう方法が一番お宝案件が見つかります!

市場に出るとプログラマーが殺到してしまう様な高単価or面白い技術の案件は人づてでしか入ってこない場合がほとんどです。

人づてでのお仕事紹介はお仕事の種類はエージェント活用より少ないのですが、その分条件の良いものがもらえる可能性が高いです。

フリーランスになる前から人脈を増やしておいて、人づてでお仕事を取れない時はエージェントを使うと言う働き方もあります。

フリーランスも自営業で、取引出来る相手が多いに越した事はないです。

取引出来る相手を増やすと言うのも、フリーランスエンジニアの重要なお仕事の1つです。

あおい

私も、何度も人づてで仕事をもらっています。フリーランスで生きていく以上、人と人とのつながりはとても大事です。

次は実際に人脈を広げるコツをご紹介します!

【収益アップのコツ②】人脈を広げて、仕事をくれる人を増やそう!

仕事はどこから回ってくるかわかりません。出来るだけ人脈を広げておくと、仕事が回ってくる確率が上がります。

もし、あなたが「人付き合いが苦手なんだよね〜」って思っていたとしても、フリーランスで収益を上げる目的があるなら、避けて通れない領域ですよ。

あおい

人脈を作っておくと、仕事がもらえる以外にも、助けてくれたり力になってくれる人が現れるかもしれません^^フリーランスの心の支えですね。

仕事をくれる人の増やし方

仕事をくれる人を増やすには、2つの方法があります。

  1. IT系の交流会に行く
  2. IT系の勉強会に行く

端的に言うと、IT企業が集まる所に行くと良いでしょう。

人脈を増やすのは難しいと思われがちですが、人が集まるところに行ってしまえば多くの人に出会えます。

IT系の交流会に行くと、IT企業に多く出会えます。プログラマーが足りない企業も多いので、「こう言う仕事しない?」と声をかけられる事もあります。

IT系の勉強会に行くとIT企業にはあまり出会えませんがプログラマーには多く出会えます。

すると、「うちの会社でこう言う人材が足りないんだよね」と言う話を聞けたり、「joinしない?」と声をかけてもらえる事があります。

この様に、人脈を増やすのも何も特別な事をする必要はなく、誰でも出来そうな事をやるだけでフリーランスレベルなら十分仕事を取ってくれます。

ちなみに
受託会社を始めるなら、IT会社との繋がりを多く持っておきましょう。さもないと、社員も働かせられる程のお仕事を取ってこれません。

【収益アップのコツ③】仕事を依頼される人になりきろう!

仕事を依頼される人になるのはとても重要です。

発注元は誰に仕事を依頼するのか選べる訳で、その時に仕事を依頼したいと思える人でないと依頼されません。

「技術さえあれば仕事を依頼される人になれる!」と思われがちです。

しかし、フリーランスエージェントの案件募集要項に「勤怠がしっかりしている人」や「コミュニケーションが取れる人」などの条件が書かれている事が多く、技術以外でも仕事を依頼されるのに必要な事がある事が分かります。

目指せ!おかわりエンジニア

とあるIT会社の社内用語で「おかわりエンジニア」と言う言葉があるそうです。

”おかわり”はご飯のおかわりのおかわりです。

どの様なエンジニアの事を言うのかと言うと、”仕事をもらっている企業から「あの人にお願いしたい!」と何回も仕事のオファーが来るエンジニアの事”だそうです。

その会社では、エンジニア職全員に「おかわりエンジニアになろう!」と呼びかけているそう。

この”おかわりエンジニア”になると言うのはすごく重要です。

”おかわりエンジニア”になると以下のメリットがあります。

  • お仕事をくれる人を探す必要がない
  • 良い条件の報酬がもらえる
  • 積みたい経験を積ませてもらえる可能性が高くなる

フリーランスエンジニアなら、特に”お仕事をくれる人を探す必要がない”の部分は重要です。

毎度開発しながらお仕事をくれる人を探すのは、常に忙しい状態になってしまいます。

ちなみに、、、

私の知っているフリーランスエンジニアに、60歳を超えていて現役の手を動かすフリーランスエンジニアの方がいるのですが、もう20年以上もずっとある大手銀行の開発案件を続けています。

同じ仕事だけで20年以上も生計を立てていらしゃって、スーパー息の長い”おかわりエンジニア”です!

またおかわりエンジニアになると相場よりも良い報酬をもらえ、「こう言う技術をやりたい!」とか「上流経験を積みたい」とかの仕事の希望も聞いてもらいやすくなります。

おかわりエンジニアになってフリーランスエンジニアながらPMの経験を積んで、以来PMをメインでされていて単価の大幅UPになった方がいます。

おかわりエンジニアになると大きなチャンスを掴める様になります!

【収益アップのコツ④】受注金額が最高となるよう価格設定しよう!

まずは相場を知ろう

相場を知る事は非常に大切です。

相場を大幅に上回る金額を提示すると「この人は違うな」と思われ交渉もしてもらえなくなりますし、相場を大幅に下回る金額を提示すると「ラッキー!すぐに依頼しよう!」と思われます。

逆にフリーランスエンジニア側の金銭的なメリットは少なくなってしまいます。

「自分の相場を知るって難しい・・・」と思われる方もいると思いますが、そんな事はありません!

複数のフリーランスエンジニアエージェントに、「いくらぐらいの単価がもらえそうですか?」と聞いて、その単価の平均が自分の相場と思って下さい。

フリーランスエンジニアエージェントも自分の会社の案件で働いてもらいたいので、大幅に低い金額を提示される事はありませんよ^^

Win-Winな値段をつける方法

エージェントと交渉する場合

面談が通れば、エージェントと交渉する事になると思います。

その時Win-Winな値段をつける方法は2つあります。

  1. 依頼元の会社の予算が多いか把握する
  2. 相場より+10万円高い単価を提示してみる
  3. 相場より低い金額を提示された場合は断る

まずは、依頼元の会社の予算が多いか把握する事が重要です。

一般的に、大手企業なら予算が多くベンチャー企業なら予算が少ない事が多いです。

予算が多いかどうか判断が難しい場合は、エージェントに聞いてみても良いです。予算が少ないプロジェクトに入ると、プロジェクトが継続せず途中で契約が終わってしまう事もあるので、確認しておいて損はないです。

次に相場より+10万円高い単価を提示してみてみて下さい。

その金額で通ればそれで良いし、難色を示されたら今度はいくらぐらいなら上げられそうかを聞いてみて下さい。

自分が働いた時にどういう事が出来るかを明確に伝えると、交渉が通りやすくなります。

また交渉が通りやすくなるマジックワードを足元をみられない交渉方法で紹介しているので、参考までにみて見て下さい!

エージェントとフリーランス側がお互い納得いく金額を探しましょう。

私は基本、相場の金額以上を提示されたらお引き受けしているのですが、相場より低い金額を提示されたら余程案件内容が魅力的でない限り断った方がいいと考えています。

探せば、相場以上の案件があると思うからです。

「お仕事がないかも・・・」と感じている時例え相場以下の値段を提示されても、もう少し案件を探してから決めましょう!

市場には意外に案件があるものです。

その他で交渉する場合

Wantedlyや自分のツテで見つけたお仕事の交渉をする場合、交渉方法は、

  • 時給制の場合:相場の時給以上の額になるように提案する
  • 成果報酬の場合:どれくらい時間がかかるか見積もり、見積もった額以上を提案する

の2つに分けられます。

自分が働いた時のイメージを伝えるのはエージェントと交渉する場合と同様です。

時給制で働く場合は相場の時給以上の額になるように提案しましょう。

また成果報酬の場合は見積もった額以上を提案するのが基本です。儲けようという目的ではなく、予想以上に開発に時間が掛かってしまった場合に損をしないようにするためです。

成果報酬の場合、要件をざっくり決めておくのがオススメです。

実際に知人に起こった話なのですが、出来ると思って引き受けた仕事がライブラリの都合で出来なくてトラブルになったと言う事があったそうです。

万が一の時のために、要件を固めない方が身のためです。

足元を見られない交渉方法

足元を見られない交渉方法は「仕事の依頼が沢山来ていますよ!」と言う雰囲気を出す事です笑。

冗談ではなく本気で書いています。

なぜなら、仕事の来ないフリーランスは足元を見られるからです。

フリーランスで仕事がない事は生活が苦しくなる事を意味します。

生活が苦しいと、生活費を払えなくなります。その場合、どんな条件のお仕事でも引き受けざるを得ません。

一方、仕事が沢山来るフリーランスでも時間の限りがある為どう頑張っても1つか2つの仕事しか引き受けられません。

その場合、例え全部引き受けたくても選ばざるを得ません。

もちろん、選ぶポイントとして給料も重要になって来ます。

どの案件を選ぶか考えた時、「違う案件ならこれぐらいの作業量と給料なのですが、こちらの案件も同じぐらいのお給料に出来ませんか?」と交渉する事出来ます。

私はエージェントとの交渉で、自分が交渉に優位に立つ為に面談に何件受かったかははっきり言います。

「この案件に決めた!」と思っている場合でも給料が確定するまで言わず、上乗せしてもらえないか交渉してみます。

「自分は選べる立場にいるんですよ!」と言う事を交渉相手に伝える為にも、モテモテフリーランスエンジニアを装う事は重要なのです。

そして、交渉で足元を見られないマジックワードがあります。

「この条件が無理なら他社の案件に参画します」

これです笑。

このセリフを言う場合は実際に交渉の余地がありそうな場合のみにとどめておきましょう。

エージェントも自社の案件に参画してもらいたいはずなので、いくらかは上乗せしてくれるはずです。

一方エージェントを使わない場合は、とにかく自分が納得出来る内容ならOKと思って引き受けるかどうか検討します。

エージェントを使わない場合は成果報酬型になる可能性も高いので、報酬が高くなってもその分作業量が見合わなければ引き受けるべきではないので、無理ない範囲で出来て美味しい話かを考えます。

【収益アップのコツ⑤】困った時やトラブル時に頼れる人を持っておこう!

困った時やトラブル時に頼れる人を持っておくのは、収益アップに間接的に繋がります。

トラブル回避や継続して雇ってもらえる可能性が高くなるからです。

時給制の場合は関係ないのですが、成果報酬の場合完成出来なかったり納期に遅れたりすると、お給料が減らされる場合があります。

開発上の問題を相談出来る人がいないとその様な問題回避が出来ません。

トラブルなく納期に間に合う様に納品するのが最も重要なのです。

時給制の場合も頼れる人を持っておくと良いです。

契約上仕事内容を外部に話すのはNGですが、仕事の進め方や技術的なアドバイスをもらえる人がいるとスムーズに動けるので活躍出来、おかわりエンジニアになれる可能性が高いです。

私にもアドバイスをくれる人がいます。

いつも自分にはない視点の事を指摘してもらえるので、仕事でのつまずきを減らす事が出来、その人のおかげでスムーズに働けている事が多々あります。

外部に相談出来る人を持っておくのは、フリーランス生活をスムーズに進めるのに重要です。

ちなみに
業務委託契約を結ぶ場合、”遅延損害金(遅れた分だけ減給される)”の条項は外しておいてもらった方がいいです。

私が契約を結ぶ時、もらった契約書に遅延損害金が書かれている場合、「なるべく納期に間に合わせる様にはしますが、ライブラリの都合などで手間がかかってしまう場合もあるので、遅延損害金の条項は外してもらえませんか?」と言っています。

それでも外してもらえないなら、その案件は引き受けないことにしています。

想像以上に開発に時間がかかってしまう事は多々あります。

その時に、遅延損害金を払い続けてお給料がなくなった・・・!なんて事にならない様にしましょう。

私はかつて遅延損害金の条項を外したおかげで、思う様に完成出来なかった時に助かった経験があります。

まとめ

月収100万円を超えるのは、思った以上に簡単だとわかりましたか。

スキルを人並みに持ち、ポイントさえ押さえれば誰にでも達成可能です。

月収100万円を達成するためには仕事の選択肢を増やした方が良いので、記事内で紹介しているフリーランス・副業エージェントを活用し、たくさんの仕事を受ける環境を作っておくだけで安心に繋がります。

まだ登録していないものがあれば登録しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です