【22歳で月収100万円達成】
フリーランスエンジニア"あおい"のプロフィール

マージンは?評判の良いMidworks(ミッドワークス)を利用した感想とリアルな口コミ

こんにちは!フリーランスエンジニアのあおいです。

今日は正社員並みの待遇のエージェントであるMidworks(ミッドワークス)をご紹介します。

Midworks(ミッドワークス)は、「給与保証制度」「マージン公開」など他にはない斬新なエージェントです。

まさに、Midworks(ミッドワークス)はフリーランスエンジニアの自由な働き方と正社員の安定性という両者の良い所取りをしています!

本記事では、私が実際にMidworks(ミッドワークス)に登録して利用した感想や提示単価を赤裸々に解説します。

これから登録する方はぜひ参考にして下さいね^^

Midworks(ミッドワークス)の概要

運営会社 株式会社Branding_Engineer
店舗名 Midworks(ミッドワークス)
所在地 〒150-0044 東京都渋谷区円山町28-3 いちご渋谷道玄坂ビル5F
紹介可能都市 東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県
平均単価 60〜70万円
年齢制限 50歳未満

Midworks(ミッドワークス)は、 株式会社Branding_Engineerが運営するフリーランスに案件紹介をするエージェントです。

Midworks(ミッドワークス)は保有案件数が3000件以上もあり、かなり大手のエージェントです。

Midworks(ミッドワークス)の特徴はいくつかありますが、中でも「正社員並みの待遇でフリーランスのリスクを少なく出来る」という点は大きな魅力です。

あおい

待遇が手厚いため、初心者フリーランスに合っているエージェントです!

では、そんなMidworks(ミッドワークス)について、まずはユーザーの評判や口コミを紹介します。

Midworks(ミッドワークス)の評判・口コミまとめ

Midworks(ミッドワークス)の利用者の評判はポジティブなものばかりです。

ツイッター上でも利用者からの感想や口コミが多く投稿されています。

色々な方がMidworks(ミッドワークス)を支持していますね。

サポートが充実している所が主に喜ばれています。

一方、悪い評判は見つからなかったので見つけ次第掲載します。

では、次に私がMidworks(ミッドワークス)を利用して感じたメリットを紹介します。

Midworks(ミッドワークス)の6つのメリット

私がMidworks(ミッドワークス)を実際に利用して感じたメリットは6つありました。

給与保証がある

Midworks(ミッドワークス)には給与保障があります。

給与保障とは、Midworks(ミッドワークス)から仕事をもらっていたけど、契約が切れて仕事がなくなった期間に想定単価の80 % が貰える仕組みです。

ちなみに、給与保障の期間は1ヶ月です。

あおい

フリーランスの最大のリスクは仕事がない事ですが、Midworks(ミッドワークス)を利用するとそのリスクを減らす事が出来ます。

また、正社員の方はフリーランスになる時に当たり前ですが、退職日を決めて仕事を辞める事になります。けれども、もしかしたら案件を探しても退職日までに案件が見つからないかもしれません。

Midworks(ミッドワークス)の給与保証では、その場合の仕事が見つかるまでの1ヶ月以内のお給料も保証してくれます。

フリーランスになるか迷っている方の選択肢の一つになりますね!

プトジェクトの終了など予期せぬ事がフリーランスをやっていると起こります。

実際に私も突如プロジェクトが終わってしまい、「次の案件探しをどうしよう?」と思った事がありました・・・。

あおい

アクシデントが起こって仕事がなくなる可能性があるのがフリーランスのデメリットなのですが、Midworks(ミッドワークス)ならその点も安心ですね!

保険が充実している

保険料を半額負担してくれる所も見逃せません。

通常、正社員だと保険料は会社との折半になりますが、フリーランスだと自分で全部支払う事になります。

しかし、Midworks(ミッドワークス)経由で案件をもらうなら、保険料はMidworks(ミッドワークス)との折半になります。

あおい

正社員と比べフリーランスの保険って高いんですよね・・・。半額負担してもらえるのはとても助かります。

またMidworks(ミッドワークス)から、正社員の時に受けていた社会保険・雇用保険・厚生年金に代替するものを契約出来る保険代理店も紹介してもらえます。

そして、Midworks(ミッドワークス)の保険にはフリーランス賠償責任補償がついています。フリーランスで怖いのは損害賠償です。

例えば、

  • PCを壊してしまった
  • 不注意で情報漏洩してしまった
  • 納品物が著作権を侵害していた

などが起きてしまった場合、損害賠償請求をされます。

あおい

フリーランス賠償責任補償があれば、万が一損害賠償請求をされても被害を最小限に出来ます。

なお、発注主も補償対象となるので安心して仕事が出来ますね。

交通費・勉強会代支援

Midworks(ミッドワークス)では交通費と勉強会代を支援してもらえます。

“ちなみに”
交通費は月3万円まで、勉強会代は月1万円までです。

正社員だと交通費支給は当たり前ですが、フリーランスだと自分で支払わなければいけません。

また会社によっては勉強会代を支援してくれる所がありますが、フリーランスだともちろん自腹です。

あおい

交通費や勉強代は経費で落とせ多少税金的に優遇されますが、もらえるならもらいたいですね。

私が所属していた会社は勉強代は支給してくれなかったので、Midworks(ミッドワークス)は正社員以上と言えるでしょう。

ちなみに、「交通費は全然かからない」とか「勉強会には全く行かない」というフリーランスの方もいらっしゃるはず。

その様な交通費・勉強会代が必要ない方は、その分のマージンを減らす事が出来ます。

Midworks(ミッドワークス)は自分好みにカスタマイズ出来るエージェントです。

マージン率を公開している

Midworks(ミッドワークス)はマージン率を公開しています。

Midworks(ミッドワークス)のマージン率は15%か20%です。

サポートを充実させなければマージン率は15%になりますが、全てのサポートを利用すると20%になります。

あおい

「エージェントはマージン率をかなり抜いて儲けていて、悪どい・・・」と感じているフリーランスの方は、Midworks(ミッドワークス)に注目ですね!

Midworks(ミッドワークス)はマージン率を公開しているクリアなエージェントです。カモられたくない方は利用を検討しましょう。

けれども、Midworks(ミッドワークス)は保証が手厚い分マージン率が高めです。

“ちなみに”
普通のエージェントならマージン率は10〜15%です。

ただし、交渉に積極的でないフリーランスならそれ以上取られ、カモられてしまいますが(°_°)

ちなみに、PE-BANKもマージン率を公開しています。

100万円の案件ももらえる⁉︎評判が良いPE-BANKを利用した感想とリアルな口コミ

マージン率を公開しているエージェントを探している方はぜひ参考にして下さいね。

また、マージン率が低いエージェントを探している方はエンジニアルートをチャックしてみて下さい。エンジニアルートはマージン率は5〜10%です。

評判は?Engineer-Route(エンジニアルート)を利用した感想とリアルな口コミ【マージン率が安い】

福利厚生サービスが充実している

Midworks(ミッドワークス)は福利厚生サービスが充実しています。

例えば、

  • グルメ
  • レジャー
  • スポーツ
  • くらし
  • 子育て
  • 介護

などのサービスが受けられます。

Midworks(ミッドワークス)の案件に参画している時に、これらのサービスが基本割引価格で利用出来ます。

子育てや介護の負担があるフリーランスの方はどんなサービスがあるのかチェックしてみて下さい。

あおい

Midworks(ミッドワークス)の福利厚生サービスを活用し、仕事に集中出来る環境を作れますね!

転職も含めたフリーランスエンジニアのキャリア支援

Midworks(ミッドワークス)では転職も含めたキャリア支援を行なっています。

Midworks(ミッドワークス)の運営元の株式会社Branding_EngineerではTech Stars Agentという転職支援サービスも運営しています。

なので、転職を含めたキャリア相談が可能です。

「フリーランスエンジニアになったけど、やっぱり正社員の方が自分には合っていたな・・・」と感じる方もいるはず。

また、「もうすぐ30歳になるから身を固めたい。フリーランスから正社員に戻りたい」という方も多いです。

様々な場合を考慮して、自分に最善なキャリアを考えられるのはMidworks(ミッドワークス)の強みです。

Midworks(ミッドワークス)の3つのデメリット

次はMidworks(ミッドワークス)のデメリットを紹介します。デメリットは3点ありました。

ITエンジニア未経験の方には案件が紹介出来ない

Midworks(ミッドワークス)ではエンジニア未経験の方に案件紹介は出来ません。

Midworks(ミッドワークス)を利用したいなら、最低でも実務経験1年は必要です。

現在、エンジニア未経験の方にも案件を紹介してくれるエージェントはポテパンフリーランスしかありません。

「未経験からどうしてもフリーランスになりたい!」という方はポテパンフリーランスの体験記事を読んでみて下さい。

【口コミ】評判が良いポテパンフリーランスを利用した感想とリアルな体験談

地方の案件はない

Midworks(ミッドワークス)には関東圏以外の案件はありません。

なので、地方にお住いのフリーランスの方は別のエージェントを使うしかありません。

地方でも案件を紹介してくれるエージェントはPE-BANK・レバテックフリーランス・ギークスジョブがあります。

【実務2年目で80万円】評判の良いレバテックフリーランスの体験談と口コミ 評判が良いギークスジョブ(geechs job)を新卒の私が利用した感想とリアルな口コミ

地方にお住いの方は参考にして下さいね。

時短勤務・リモート案件は少ない

Midworks(ミッドワークス)で多いのは週3以上・常駐案件です。

なので、副業やフルリモート案件を探す時は別のエージェントを利用すると良いです。

副業を探す時にはプロの副業とWorkshipという副業エージェントが便利です。

「プロの副業」で月30万円の副業は稼げる?毎月24万円の副業収入を稼いだ管理人の体験談付き 評判が良い副業エージェントのWorkship(ワークシップ) AGENTを利用した感想とリアルな口コミ

また、フルリモート案件を探す際にはこちらの記事が参考になるはず。

エンジニアが在宅・リモートワーク案件を探せるフリーランスエージェント7選

自由な働き方をしたい方はぜひご覧下さい。

Midworks(ミッドワークス)のリアル体験談

私は、実務3年目の時にMidworks(ミッドワークス)経由で案件を探しました。

実務3年目の私のスキルは

  • 24歳・女性
  • Pythonエンジニア
  • 使用言語はPython/HTML/CSS/Javascript
  • WEBからデータ分析まで幅広く携わる

といった感じです。

カウンセリングの感想

カウンセリングはオンラインで行いました。

本来なら渋谷のオフィスで行うのですが、私は当時参画していた案件が忙しかった為オンラインでお願いしました。

あおい

カウンセリングは40分ぐらいで終わり、「すごく楽しかった」ですね!

担当者の方がとても気さくで、最近のYoutubeビジネスの動向とかフリーランスエンジニア業が全く関係のない話で盛り上がりました^^

一方、カウンセリングでは希望の

  • 単価
  • 勤務地
  • 案件内容
  • その他条件(精算時間)

を聞かれました。

希望に合った案件を紹介してもらう為、それぞれを詳しく聞かれました。

また、Midworks(ミッドワークス)は他のエージェントにはない制度が多いのでその説明を受けて、その日のカウンセリングは終了しました。

紹介してもらった案件の感想

Midworks(ミッドワークス)からは2件案件を紹介してもらいました。

具体的には、

案件内容:Pythonを使ったサーバー開発
必要スキル:Pythonでサーバー開発した経験・Djangoの経験
単価:65万円
備考:常駐

案件内容:データ分析
必要スキル:データ分析・AI開発の経験
単価:65万円
備考:常駐

の案件を紹介してもらいました。

それぞれの案件が良い条件だったので、エントリーしました。

そして、案件に関するやり取りは全てLINEで行いました。

こんな感じで案件の紹介とエントリーの可否、面談の日程調整などは担当者の方とLINEでやり取りしました。

メールはなかなか面倒なので、LINEで連絡を取れるのは便利でしたね。

ただし、大手エージェントに比べると紹介案件数が少ないのが残念でした。レバテックフリーランスやギークスジョブなら一度に10件ぐらいは案件を紹介してもらえます。

なので、Midworks(ミッドワークス)のみを使い案件を探すより、複数のエージェントと並行してMidworks(ミッドワークス)を利用するのが良いです。

私が実際に利用して、友人にもおすすめ出来ると感じたエージェントは次の記事で紹介しています。

23歳女子でもフリーランスエンジニアで月80万円稼げた!利用したおすすめエージェント7選

他にもエージェントに登録したい方はぜひ参考にして下さい。

スタッフの感想

スタッフの質も対応もとても素晴らしいです。

Midworks(ミッドワークス)の連絡がとても早いです。特にLINEで連絡している為、他のエージェントよりも早いです。

案件が決まらないと不安で、連絡が遅いとイライラしてしまいますが、Midworks(ミッドワークス)ではどんな事はありません。

むしろ、私は連絡を急かされていました笑。

また、無理に案件を勧められる事もありませんでした。

たまに、他のエージェントで「この案件はちょっと違います」と断っても「いやいや、受けましょう!」とゴリ押しされて嫌な思いをする事もあるのですが、そんな事も一切ありません。

あおい

なので、まずはどんな案件があるのか知りたいフリーランスの方も利用出来ます。

Midworks(ミッドワークス)の登録方法

Midworks(ミッドワークス)の登録はとても簡単です。1分で終わります!

登録はまず、こちらの緑のボタンを押して

こちらのフォームに記入するだけです。

簡単ですね!これだけで、自分に合う案件に出会える確率が高まるのだから、興味を持った方はぜひ登録しましょう。

Midworks(ミッドワークス)はどんな人におすすめできる?

Midworks(ミッドワークス)が合う人は以下のどれかに当てはまる人です。

初心者フリーランスの方

Midworks(ミッドワークス)は初心者フリーランスの方に合っています。

マージン率が高めである一方、サポートがかなり充実している為、正社員の頃と何も変わらず働けるからです。

慣れてきたら、他のマージン率が低いエージェントで働くのでも良いでしょう。

ちなみに、レバテックフリーランスとギークスジョブがが初心者向け面談を行なっているので、上の紹介記事を読んでみて下さい。

仕事がないリスクを減らしたい方

Midworks(ミッドワークス)では、仕事がない時の給与保証があるので「仕事がない!お給料がない!」という事を逃れられます。

家族を養う為などで仕事がないリスクを最大限に減らしたい方は、Midworks(ミッドワークス)の利用を検討してみて下さい。

ちなみに、今のフリーランスエンジニア市場は売り手市場なので、「仕事がない事はまあないかな」と感じています。

このツイートの通り、エンジニアの需要が高いから給与保証制度も出来るんですね。

あおい

なので、これからフリーランスになる方は仕事がなくなる事をそんなに心配しなくても大丈夫ですよ!

デザイナーやPMの案件を探している方

Midworks(ミッドワークス)では、プログラミングではないデザイナーやPMの案件も豊富です。

実際に、PMのフリーランスの知人がMidworks(ミッドワークス)のヘビーユーザーです。

知人曰く、Midworks(ミッドワークス)はPMの案件が他のエージェントより豊富であるとの事。

あおい

エンジニア以外のフリーランスの方もMidworks(ミッドワークス)の利用を検討しましょう。

ちなみに、PMの案件を探す際はハイパフォーマーが便利です。

【月単価100万円以上の人も多い】ハイパフォーマーがベテランフリーランス に人気な理由【評判も掲載】

参考にして下さいね。

まとめ

Midworks(ミッドワークス)の魅力が伝わったのではないでしょうか。

独身ならまだしも、家族がいる場合、仕事がなくなる可能性が心配でフリーランスエンジニアになれない人も多いはず。

しかし、Midworks(ミッドワークス)ならそんな心配は無用です!仕事がない時も、ちゃんとお給料が振り込まれますよ。

今はまだフリーランスという働き方は珍しいですが、これからはフリーランス人口が増えていくと予想されます。

自分の好きな働き方で働けるのが最高ですね!Midworks(ミッドワークス)は働き方を選ぶ際に便利なエージェントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です