【22歳で月収100万円達成】
フリーランスエンジニア"あおい"のプロフィール

【体験談】仕事で我慢して働くのは無意味!我慢すべきではない理由と解決策

こんにちは!フリーランスエンジニアのあおいです。

今日は、仕事で我慢して働くのは無意味な理由をご紹介します。

会社員で

「仕事が辛いけれど生活費の為に頑張る」

とか

「希望の職種に就けなかった」

とか感じている方は多いはず。

しかし、仕事で我慢はすべきではないです!

本記事ではその理由と解決策を解説します。嫌な仕事で我慢して働き続けるメリットとデメリットも詳しく解説します。

あおい

私の合わない仕事で我慢して働いていた体験談も赤裸々にご紹介します。

ぜひ参考にして下さいね^^

合わない仕事で我慢して働いて辛かった経験

私は新卒で入社した会社で、最初は希望の仕事が出来ませんでした。丁度そのポストが埋まっていたからです。

当時は生活費の為に働いている気分でしたね・・・。

しかし、ある時から希望の仕事に配属されました!その過程を見ていきましょう。

希望の仕事が出来きず悶々とした日々を送る

採用面接では「機械学習の仕事に従事してもらう」と聞いていたのに、実際入社したらSPSSを使ったデータ分析の仕事に配属されました。

※SPSSとはデータ分析ツールの一種です。エクセルの進化版みたいなものですね。

私はそれまでSPSSを利用した事がなかったので、まずSPSSを1から勉強し始めました。

あおい

しかし、SPSSでは出来る事が限られていて、段々「なんで自分はこの仕事をしているんだっけ」と考える様になりました。
SPSSは信ぴょう性は高いのですが。

入社前はコードをゴリゴリ書いて、データ分析をしている自分を思い浮かべていました。

なので、日々の仕事がつまらないと感じていましたね。

また、SPSSよりPythonを使ったデータ分析のスキルの方がニーズが高いと感じていました。

その為、なぜSPSSに取り組まなければならないのかが分かりませんでしたよ。

さらに、いつまでSPSSに取り組めば良いのかも分からなくて悶々としていました。

当時5時には仕事が終わったので、かなりホワイトな働き方でしたね。しかし、気持ちは晴れないままでした。

あおい

付き合っていた彼氏にその話をしても「あおいの実力不足だから、その仕事しかなかったんじゃない?」と一蹴されましたし。

そして、意を決して上司に相談しました。

意を決して上司に相談した結末

けれども「そう言われても、今ポストが空いていないんだよね・・・」と一言。

「9月にはポストが空くはずだから、それまで待ってくれないかな?」とも言われました。

あおい

状況は理解出来るので「はい、分かりました」と返事をするしかありませんでしたね。

しかしその時は5月だったので、9月まで長いなと。

私が納得をしていない顔をしていたらしく、上司が「これも下積だからね。どんな仕事も下積は必要だよ」と言いました。

けれども、私はその”下積み”が理解出来ませんでしたね。

下積みがキャリアに役立つなら分かるのですが、今の下積みがどう将来にプラスになるのか理解が出来なく。

正直にそう感じている事を話すと「まあ、そうだね・・・」と上司も納得している様子でした。

一方でどちらにせよポストが空かない事にはどうしようもないので、その後1.5ヶ月間SPSSの案件に従事していました。

ポストが空いた時に配属されて希望が叶った

当初は9月までSPSSの案件をする予定でしたが、急遽7月で案件が終了したんですよね。

さらに7月に希望のポストが一つ空いたので、そちらに移動になりました。

あおい

この時は「やっと希望の仕事が出来る」とホッとしましたよ。

いつまで希望の仕事が出来ないんだろうなと不安でしたから。

希望の仕事に就けると分かるまでは、度々転職サイトを見ていましたね。

新卒入社して半年以内で辞めるのは出来れば逃れたかったですが、エンジニアとしてスキルアップ出来ないのもどうかなと感じていて。

いずれにせよ、上司にはっきりと「今の仕事が希望のものでない」と伝えたのが良かったですね。

言わなければ伝わらないので。最初の案件が終わった後も、また希望ではない案件に飛ばされる可能性もありましたよ。

私の知人は違う部署の方が自分がやりたい事が出来ると感じて「異動したい」と人事に話した所、半年後に異動になったそう。

「新卒だから」とか「入社したてだから」とか深く考えずに、声を上げるのは仕事で我慢しない為に大事ですよ。

嫌な仕事で我慢して働き続けるメリットとデメリットの一覧

一方で少ないですが、嫌な仕事で我慢して働き続けるメリットもあります。

以下の表で、仕事で我慢するメリットとデメリットを見ていきましょう。

メリット デメリット
  • 生活費を確保出来る
  • 時間が経てば状況が変わる可能性がある
  • よりひどい状況を逃れられる
  • キャリアアップの機会を失う
  • 我慢をしても給料は上がらない
  • ストレスが貯まる
  • 会社の人間関係はしばらくは変わらない

表を見て頂くだけでも、デメリットの方が大きいと感じられるはず。

特に若手だと「キャリアアップの機会を失う」のは大損失ですね。

「長い間希望の仕事に就けず、スキルアップが出来ない」という状況はかなりマズイです。

あおい

異動か第二新卒枠での転職を検討しましょう。

また「ストレスが貯まる」のは見逃せません。

ストレスは万病の原因です。早めに解決策を考えましょう。

今仕事が辛いと我慢して働いている方におすすめの4つの選択肢

今仕事が辛いと我慢して働いている方におすすめの選択肢があります。

4つあるので、それぞれ見ていきましょう。

あおい

誰にも話さずに一人で悩むのは絶対にNGですよ。

上司に相談してみる

上司に相談するのはかなり効果的ですね。

余程上司が話しにくい人でないなら、相談してみましょう。

上司は部下が売上に貢献出来て、活躍出来る人材にするノルマがある場合も多いです。

なので、上司も部下がつまらなそうに仕事をしていたらピンチなんです。

自分の昇給&昇進にも関わるので、どうにかしたいと思ってくれる場合が多いですよ。

その際に「ただ自分は今の仕事が嫌なんです」と伝えるのはNGです。

嫌な理由が分かりづらく、また希望ではない仕事に回されるかもしれません。しかも、仕事が嫌と感じる原因がワガママっぽく聞こえてしまいますよ。

「将来的にXXのキャリアを描きたいと思っています。けれども、今の仕事ではそれが実現出来ません。なので、XXの仕事に携わりたいです。」の様に理想・現実の問題・解決策をセットで話しましょう。

すると、上司も解決策を描きやすいので対応がしやすいです。

なお「今の仕事で我慢している」と上司に言いづらい方は多いはず。

その際は今の仕事が嫌だとは伝えずに、飲み会の席で上司に「XXの仕事に携わりたいです」と意欲のみを話すのも有効ですよ。

異動希望を出す

異動希望を出すと、高い確率で自分の希望の仕事に就けますよ。

ただし、この方法は異動制度がある会社のみの限定ですが。ベンチャー企業だとこの方法が使えない場合が多いはず。

一方で異動制度がある会社でも、今の仕事である程度の成果を上げていないと希望が通らない場合が多いですね。

例え最初の仕事が希望とは全く違うものでも、「自分は努力が出来る人間だ」と周囲に示すのを目標に働きましょう。

また「今の仕事がどうしても合わないし、出来ない。別の仕事が合っている」という場合は成果が関係なしに異動が可能になり得ます。

けれども、異動先の仕事が自分に合う保証はありませんね。

あおい

周囲に営業がどうしても合わなくて、事務や経理に異動した人が多いですが、このパターンでしたね。

異動も今の仕事で我慢して働かなくて済む手段の一つですよ。

転職を考える

転職は大きな決断ですが、毎日Happyに働ける環境に移れる可能性が高いです。

転職をすると、会社の社風・労働環境(リモート可など)・年収・人間関係が一気に変わるので。

けれども、安易な転職はおすすめしません。

転職をするなら、事前に新しい会社について徹底的に調べましょう。働いている人にインタビューをするのも良いです。

内定後にオファー面談の機会を設けてもらえる会社が多いです。

オファー面談の際に、昇給率や残業時間などの採用面接では聞きづらかった内容を確認しておきましょう。

あおい

私の友人が年収だけで転職をしてしまい、3ヶ月後にどうしても合わなくて退職しました汗。

彼女の様にならない為にも、転職をするなら事前準備を抜かりなく行いましょう。

適度に休む

適度に休むのも重要です。

有給消化をして休みながら、今後はどうするかを考えると良いです。

以前、下のTwitterを読んだのですが納得でした笑。

確かに、仕事が原因で体調不良になってしまった知人は私の周りにも多いので。

有給消化の最中に転職活動を行っても良いですしね。

仕事やプライベートで辛い事があったら、有給を使って休んでリラックスしましょう。有給が無理なら、突如発熱した事にして休みましょう笑。

一回心の病になってしまうと、回復に時間がかかってしまいますよ。健康だから働けるんですね。

長く働き続ける為にも、適度な休みは重要です。

まとめ

仕事で我慢して働くのは無意味である理由を理解して頂けたはず。

その解決策は本記事の内容を参考にして下さい。

自分の思い通りに働くのは難しいです。ストレスがなく、成長も出来る職場は極めて稀ですよ。

しかし多少のストレスはあっても、満足のいく環境で働いていると充実感がありますね。

仕事で我慢している方は、今の環境が満足のいくものかを考えると良いです。

みなさんがHappyに過ごせる環境で働ける事を願っています^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です