【22歳で月収100万円達成】
フリーランスエンジニア"あおい"のプロフィール

【インタビュー付】最短でインフラエンジニアフリーランスになる極意とは?

こんにちは!フリーランスエンジニアのあおいです。

今日は、エンジニア社長にフリーランスのインフラエンジニアになる極意を徹底取材しました。

派遣や正社員で運用保守をされている方で

「フリーランスのインフラエンジニアを目指してるけど何をすれば良いのか分からない」

とか

「自分の年齢でもフリーランスのインフラエンジニアになれるかな?」

とか疑問に思っている方は多いはず。

本記事では沢山のエンジニアを輩出している株式会社RaiseTechのエナミコウジ社長へのインタビューを掲載しており、リアルな情報をご紹介しています。

また、インフラエンジニアの報酬の相場や必要なスキルもご紹介しています。

参考にして下さいね^^

フリーランスのインフラエンジニアになる極意を直撃インタビュー

ご自身がフリーランスのインフラエンジニアでもあるエナミコウジさんにインタビューをしました。

エナミさんは小学生の頃からプログラミングを始められ、現在は「Raise Tech(レイズテック)」というプログラミングスクールを経営されているエンジニア社長です。

あおい

本日はよろしくお願いします。エナミさんは現在、社長業をされながらエンジニアとしても働かれているのですか?
はい、そうです。僕が運営しているRaise Tech(レイズテック)というプログラミングスクールが現場第一主義を徹底しています。
なので、今もエンジニアとして働いていますよ。

エナミさん

あおい

そうなのですね。

エナミさんは最高月単価150万円の凄腕過ぎるエンジニアです。そんなエナミさんにフリーランスのインフラエンジニアのリアルをお聞きします!

未経験からフリーランスのインフラフエンジニアになるのに効率的なステップ

あおい

早速質問させて下さい!

未経験からフリーランスのインフラエンジニアになるのに効率的なステップは何でしょうか?

うーん、そうですね。

僕が考える効率的なステップは

  1. 派遣・正社員で運用保守をする
  2. クラウドのインフラを必要としている現場に移る
  3. フリーランスのインフラエンジニアになる

です。

エナミさん

あおい

なるほど。
まずは運用保守に携わり、インフラの基礎知識を学びましょう。

運用保守は未経験者にも比較的広く門戸を開いている業務です。なので未経験からの転職も夢ではありませんよ。

エナミさん

あおい

そうなんですね。
次に、クラウドのインフラを必要としている現場に移ると良いです。

この時「オンプレミスからクラウドに移行したい」などの課題解決が出来る現場だと尚良いです。

エナミさん

あおい

最近オンプレミスからの移行は多いですからね。
そして3ステップ目で、フリーランスのインフラエンジニアになるのがおすすめです。

未経験からフリーランスのインフラエンジニアになるのはハードルが凄く高いんです。

エナミさん

あおい

未経験からフリーランスエンジニア希望の方は沢山いらっしゃいますけれど、諦める方がほとんどですよね。
しかも、仮になれたとしても、良い単価は厳しいです。

実務経験を積んでから、フリーランスのインフラエンジニアになった方が良いですよ。

エナミさん

フリーランスのインフラエンジニアに向いている人の特徴

あおい

フリーランスのインフラエンジニアに向いている人の特徴は何かありませんか?
向いている特徴は「マメ・几帳面・ネガティブ」ですね。

エナミさん

あおい

へえ!それはなぜ?
インフラはWEBアプリケーションの土台です。なので、その土台が崩れると全部動かなくなってしまうんです。

実際、WEBアプリケーション側よりもインフラ側の間違いの方が事故の規模が大きくなってしまいます。

エナミさん

あおい

勉強になります。
土台を任せられるのは、信頼出来る人ですね。

エナミさん

フリーランスのインフラエンジニアに向いていない人の特徴

あおい

一方で、インフラエンジニアに向いていない人の特徴は何ですか?
向いていない人の特徴は「楽観主義者」です。

エナミさん

あおい

なるほど、先程と逆の特徴ですね。
下手したら大事故につながる可能性があるのに、「なんとかなるさ」で続けられたら困りますから。

万が一問題が発生したとしても、すぐに報告出来るマメさが欲しいです。

エナミさん

あおい

私の身近な所で起きたのですが、インフラの事故で600万円の損害を生んでしまった事例を知っています。

問題を放置しがちな楽観主義者はインフラエンジニアに合わないですね。

フリーランスのインフラエンジニアになるまでどの様に勉強したのか

あおい

エナミさんはフリーランスのインフラエンジニアになるまでどの様に勉強されたのですか?
僕の場合は少し特殊でして笑。小学4年生からLinuxでサーバーを立てていましたよ。

エナミさん

あおい

何と!そんな早くからプログラミングされて来たんですね。
社会人になってからは、現場の中で結果を出しながら知識を身につけていきました。

エナミさん

あおい

なるほどなるほど。
なので、僕が使った事がない技術を使っている現場のみに参画していました。

結構現場を転々としていたかもしれません。しかし、いつも学習目的ではなく結果を出していましたね。

エナミさん

あおい

フリーランスエンジニア程結果を求められますからね。

フリーランスのインフラエンジニアになってからの失敗談

あおい

フリーランスのインフラエンジニアになってからの失敗談はありましたか?
本番サーバーのデータを消した事ですね笑。

バックアップから無事戻しましたが。

エナミさん

あおい

それは大変でしたね!
本番サーバーのデータを消した事ですね笑。

バックアップから無事戻しましたが。

エナミさん

あおい

戻ったのですね!それは良かったです。
その時は、深夜にバージョンの置き換えをしていました。

置き換える時にゴミが残っているのが嫌だったのでファイルを削除したのですが、削除の対象を間違えたんです。

エナミさん

あおい

削除対象を間違えるのはエンジニアあるあるですね。
復元が出来るかのテストをしていなかったのでヒヤヒヤでしたね。

復元して元どおりになった時はホッとしましたよ。

エナミさん

あおい

そんな修羅場があったんですねえ。

未経験からフリーランスのインフラエンジニアを目指せる年齢

あおい

未経験からフリーランスのインフラエンジニアを目指せる年齢はありますか?
私のTwitterによく「XX歳ですが今からフリーランスを目指せますか?」という質問が来るので関心が高い方は多いはず。
目指すだけなら何歳でもいけますよ。

エナミさん

あおい

なるほど。
50代の方が未経験からエンジニア職に7社内定した事例がありますよ。

エナミさん

あおい

それは凄い!
しかし、自分で考えて行動できるかは大事ですね。

フリーランスの場合は年齢がハードルになりますし。また、未経験からフリーランスは再現性がないです。

エナミさん

稼げるフリーランスのインフラエンジニアになるには

あおい

稼げるフリーランスのインフラエンジニアになるコツはありますか?
クラウドのエンジニアになると稼げますよ。

クラウドでインフラ構築する企業が増えているので。なお、オンプレミスを使う企業は今後減って行きますね。

エナミさん

あおい

なるほど!
プログラミング言語1つとクラウドインフラを扱えると高単価を狙えます。

オンプレミスからの移行に対応出来る様に、クラウドインフラのメリットとデメリットをしっかり理解して現場に行きましょう。

エナミさん

フリーランスのインフラエンジニアが儲けやすい会社の特徴

あおい

フリーランスのインフラエンジニアが儲けやすい会社の特徴は何かありませんか?
まずはインフラエンジニアに限った話ではありませんが、大手企業からはやはり高単価が獲得しやすいです。

エナミさん

あおい

無い袖は振れないですからね。
後は、クラウドインフラを扱っている企業です。また、オンプレミスからクラウドに移行したい企業は知見があるエンジニアがいない場合が多く、高単価が狙えます。

エナミさん

あおい

年収UPの為にフリーランスエンジニアになる方は多いはず。参考にして下さい!

フリーランスのインフラエンジニアによくある問題

あおい

フリーランスのインフラエンジニアによくある問題はありますか?
クラウドインフラが流行ったので、良くも悪くもインフラの基礎が分からなくなっている所ですかね。

エナミさん

あおい

知識は重要ですね。
何が問題なのかが分からなかったり、問題の解決への筋道が立てられない人が多いです。

インフラは設定が間違っているのは教えてくれるけど、何が間違っているかは教えてくれません。エラーが出たら内容を教えてくれるプログラミングとは違うんですね。

エナミさん

あおい

と言いますと?
例えばインフラの場合、URLが一文字間違っていても「接続出来ません」とだけ言われます。

一方で、プログラミングだと「URL設定が間違っています」と言われるんです。

エナミさん

あおい

確かにそれはありますね。
なので、知識がないと何が間違っているのかが分かりません。

また知識不足ゆえに、雑に扱って問題が生じたり、消してはいけないファイルを消してしまったりでトラブルを招いてしまいます。

エナミさん

あおい

フリーランスのインフラエンジニアになるのに訓練は絶対に必要です。
勉強して知識を身につけるのがフリーランスのインフラエンジニアへの近道ですよ!

このインタビューを読んで「本気でフリーランスのインフラエンジニアを目指したい!」と思った方は、エナミさんが運営されているRaise Techの利用を検討してみると良いです。

評判が良いRaise Tech(レイズテック)でAWSレッスンを受講した感想とリアルな口コミ

私も受講した事があり、かなり親切に指導してもらえました。

興味がある方は上の記事から私の体験談を読んで下さい。

フリーランスのインフラエンジニアの報酬

フリーランスのインフラエンジニアの報酬は、月単価60万円前後が平均です。

実際に出ている案件で月単価65万円程度のものが圧倒的に多いですね。単価70〜80万円の案件もありますけれど、少ないです。

あおい

Pythonで単価80万円程の案件はよく見かけるので、インフラ案件は若干単価が低いかもです。

元から単価がそこまで高くないので、インフラ案件を受ける際はエンド直の一択で探したいですね。

ちなみに、今まで私が利用したフリーランスエージェントで、良かった所だけをご紹介している記事があります。

23歳女子でもフリーランスエンジニアで月80万円稼げた!利用したおすすめエージェント7選

エンド直の案件を探す際はご一読下さい。

フリーランスのインフラエンジニアの必要なスキル

フリーランスのインフラエンジニアに必要なスキルは一概には言えません。

案件ごとに必須条件が違うからです。

しかし、必須条件として

  • Linuxサーバの運用・サポート・構築の経験(1年以上)
  • ミドルウェアの設計構築経験
  • クラウド環境上での開発経験(1年以上)

の項目が多いですね。

また尚可条件として、サーバ移行作業経験が多いです。

上記の4つの経験を中心に、現場でスキルを磨いていくと、需要が高いフリーランスのインフラエンジニアになれますよ。

あおい

未経験からでも、2年間集中的に勉強をすれば身に付けられる内容です。

未経験からフリーランスエンジニアを目指している方にとって、かなり再現性が高い方法ですよ。

誰にでも可能性があるので、最も早い今から始めるのがおすすめです(*´꒳`*)

まとめ

フリーランスのインフラエンジニアのリアルについて理解して頂けたはず。

特にエナミさんのインタビューは、リアルな話で参考になる部分が多いです。

クラウドのインフラエンジニアの需要は、これからどんどん高くなっていきます。

その波に乗り、稼げて活躍出来るエンジニアになる為に、コツコツ勉強を続けましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です