【22歳で月収100万円達成】
フリーランスエンジニア"あおい"のプロフィール

【体験談】フリーランスエンジニアになって大変だった大事件Best5

こんにちは!フリーランスエンジニアのあおいです。

この記事では、フリーランスエンジニアになって私が経験した大事件を5つご紹介します!

「5つもあるの???」って感じですが、実際にフリーランスをしていると、大なり小なりトラブルは起こります。

ただ、どの事件も最後は大きな問題にならず乗り越えることができました。

この記事をご覧の方も、私の失敗談を読んで、同じ失敗をしない様に参考にしてくださいね^^

フリーランスエンジニアになって大変だった事件5選

フリーランスエンジニアになってトラブルはたくさんありましたが、特に思い出に残っている事件は次の5つです。

お給料が払われない可能性があってかなり焦った事件

事の発端は、私がお客さんの意図とは違うものを納品してしまったのが原因です。

お客さんに「これじゃない!」と厳しく言われる羽目になったトラブルを引き起こしてしまったのです。

私にももちろん悪い所はあったと思うのですが、そのお客さんはシステムの仕様を全く詳しく説明してくれない方でした・・・。

契約書に「成果物に大幅に問題がある場合はお給料が支払われない可能性がある」と言う内容の文言が入っていて、「これはお給料が支払われないのでは・・・」と心配になりました。

このお仕事はフリーランスエンジニアエージェント経由でもらったお仕事で、エージェントの担当者からも「お給料が支払われない可能性があります」と言われました。

「お給料が支払われなかったらどうしよう」とは思いましたが、「貯金もあるし1ヶ月ぐらいなら大丈夫か」と前向きに考える様にしました。

結果、エージェントの担当者が丸く収めてくれ、無事お給料が支払われました。

もし、システムの仕様を全く詳しく説明してくれないお客さんに当たってしまったら、トラブルを避ける為にもエージェントに相談するかすぐに契約解除する方が良いです。

お給料が支払われないのはまだいい方で、損害賠償になると大きな痛手を負う事になってしまいます。

契約書が戻って来ないまま納品してしまい報酬が未払いになるかも事件

契約書が戻って来ないまま納品してしまう事もありました。

これは厳密に言うと、納品したのではなく「成果物を取り上げられた」と表現するのが正しいです。

知人の紹介でもらった仕事で、お客さんとも私は知り合いでした。

知り合いが多い事から油断してしまい、私は契約書を結ばないまま作業を始めてしまいました。

もちろん、普段なら契約書を結んでからしか働きませんが、お客さんの「すぐに契約書を送るね」の言葉を信じてしまいました。

しかし、お客さんは忙しかったのか3ヶ月経っても契約書が送ってくれないと言う事件になりました。

「契約書を早く送って欲しいです」と何度も催促したのですが、全く送られて来ませんでした。

そして、契約書が送られる前にものは8割型完成してしまいました。

「一体どうなっているの」と不信感を抱きましたが、ここから更に事件は起きます。

お客さんから「ちょっとシステムを見せてもらいたい」と言われたのでコードを送ると、「もう予算も残ってないからこれで良いよ」と言われ、予期せぬ形で納品してしまう事になりました。

「契約書は送られていないのに、納品してしまった。これはまずい事になったぞ」と思った私は再度お客さんに契約書を送って欲しいと言ったのですが、一行に送られて来なく。

市役所の無料弁護士相談に相談すると、「はじめに請求書は送っているので、お給料が支払われない事はないとは思うんですけどねえ」と言われました。

ちなみに

契約書を結ばないままフリーランスが働くと、何か問題があった時フリーランス側が不利になる場合が多いそうです。

裁判で、「契約書を結ばなかったあなたの責任です!」と言われてしまう可能性が高いそう。

みなさん、働く際は必ず契約書を結びましょう。もちろん契約書の内容はしっかり確認しましょう。

しかし、システムに欠陥があった時に莫大な損害賠償が来る可能性があるので、契約書は早く結んだ方が良いとの事でした。

結果、お仕事を紹介してくれた知人に相談し、その知人からも言ってもらって、契約書は無事送られて来ました。

あおい

余談ですが、この案件のお給料は納品してから半年後に振り込まれました・・・!

納品1ヶ月後に入金するとメールでやり取りしたにも関わらず。一体、どうなっているんだ!

突如契約解除された事件

プロジェクトが予算の都合で急遽終了してしまい、必然的に私も契約解除された事がありました。

そのお仕事は直接契約で働いていたもので、確かに契約書に「プロジェクトが終わったら契約解除するかもよ」と言う文言があるのははじめから認識していました。

しかし、プロジェクトがたったの2週間で終わってしまうとは夢にも思っていませんでした。ちなみに、そのクライアント企業は大企業です。

しかも、私はそのプロジェクトをメインの仕事として働いていて、そのお仕事がなくなると10万円の副業収入しか収入がなくなる訳で。

この時は本当に運が良くて、プロジェクトが終了した次の日にお仕事が見つかりました。

お仕事が見つかった日から働き始める日まで3日間期間が空いてしまい、もちろんその間は無収入ですが、長い土日だったと思う事にしました。

あおい

未だに謎なのが、なぜ2週間で終わるプロジェクトを始める気になったのかと言う所ですね。

納期を過ぎてしまい信頼を失った事件

納期を過ぎても完成していない事もありました。これは本当に申し訳なかったです。

引き受けたお仕事が想像以上に難しかったのと、納期が3週間と短かったのとで、全く間に合いませんでした。

お客さんからは「すぐに完成させて欲しい」と当たり前の事を言われ、とにかく必死になって開発しました。

結局私が納品したのは納期から1週間も経った後なのですが、その1週間一切家から出ず、連絡が来ても誰にも返信せずと言う完全缶詰状態で開発していました。

納品出来た時の安堵感は今も鮮明に覚えています。しかし、お客さんからの私への信頼はゼロになってしまいました。

納期に間に合わないとお客さんからの信頼は失われてしまいます。

信頼は、今後フリーランスと言う自営業を行なっていく上で非常に大事です。

「納期は絶対」を意識して働きましょう。

超実力があると勘違いされて大変だった事件

超実力があると勘違いされて、もの凄く難しいお仕事を依頼されて大変だった事がありました。

「22歳の時にフリーランスとして独立しました」と話すと「超実力があって、自信もある人なんだな」と結構勘違いされます。

実際の私はそんな事はなく、フリーランスになったのも偶然だし、自信は一切ありませんでした。

独立した時の事はこちらの記事にまとめたので、興味のある方は読んでみて下さい。

新卒フリーランスエンジニアになって経験した失敗とおすすめしない理由

その時も勘違いされ、実力をはるかに超えたお仕事を任されてしまいました。

今ならその方がお客さんの為になると思うので、はっきり「出来ません」とお断りするのですが、当時は「依頼されたのだから何とか完成させなきゃ」と思ってしまい取り掛かりました。

当たり前ですが、実力以上のお仕事が出来る訳がありません。

一向に完成しない状態を見かねたプロマネが初めて私の実力を見間違っていた事に気づき、その後は私のスキルに合ったお仕事を依頼してもらえました。

この一件で気づいた事があります。

それは、「出来ない事は出来ないとはっきり言うべき」と言う事です。

自分が思っている以上にエンジニアの代わりはいるからです。

納期に間に合わなかったり、成果物に間違いがあるとお客さんに迷惑が掛かります。

そんな事が起こるなら、最初から別の人に依頼した方がずっと良いです。

自分が出来るお仕事をしっかりこなすのが、働く上で重要です。

フリーランスエンジニアのためのリスク防止法

「上の5つの事件を起こらない様にしたい」と言うフリーランスエンジニアがほとんどではないでしょうか。

そんな方に比較的安全に働ける様になるリスク防止法を2つご紹介します。

フリーランスエージェントを介して働く

まずは、フリーランスエージェントを介して働くとリスクを少なくする事が出来ます。

特に、初心者フリーランスエンジニアはエージェント経由で働くのが適しています。

エージェント経由で働くと、以下の4点が守られます。

  • 契約書関係は本当にしっかりしている
  • 契約終了の際は1ヶ月以上前には教えてくれる
  • トラブルが起きた際に自分で交渉しなくて済む
  • 業務委託契約なので、基本成果物に責任は負わない

これらの4点が揃うと、上で紹介した5つの事件のほとんどを未然に防ぐ事が出来ます。

常駐のお仕事を探したいなら、この記事で紹介しているエージェントに登録すると良いです。

23歳女子でもフリーランスエンジニアで月80万円稼げた!利用したおすすめエージェント7選

また、リモートワークのお仕事を探したい場合はこの記事で紹介しているエージェントの利用を検討すると良いです。

エンジニアが在宅・リモートワーク案件を探せるフリーランスエージェント7選

トラブルは本当に逃れたいですよね。エージェントを使うと滅多に変な事は起こりません。

一つの仕事だけをしない

フリーランスエンジニアが恐れている事の一つは「お仕事がなくなる事」ではないでしょうか?

お仕事がなくなるとお給料がなく、生活が困ってしまいます。

しかし、契約解除はどの会社でも起こり得る事です。

スキルが足りないとか内製化をするから、とか色々な理由があります。

お仕事がない状態を作らない様にするには、副業をするのが合っています。

副業と言っても、フリーランスエンジニアの副業は稼げるものが多く、副業収入だけで生活出来る方も大勢います。

ちなみに
技術顧問のお仕事は時給5万円ぐらいのものも多いとの事です。

「でも、人脈が少ないから副業のお仕事なんて獲得出来ないよ」と言うフリーランスエンジニアの方も多くいらっしゃるはず。

大丈夫です!人脈がなくても副業のお仕事は見つかります!

今、副業のお仕事を紹介してくれるエージェントもあります。具体的には、Workship AGENTとプロの副業がお仕事を見つけやすいです。

評判が良い副業エージェントのWorkship(ワークシップ) AGENTを利用した感想とリアルな口コミ 「プロの副業」で月30万円の副業は稼げる?毎月24万円の副業収入を稼いだ管理人の体験談付き

また、他にも副業のお仕事の見つけ方はあり、詳しくはこちらの記事で紹介しています。

12社の経験でわかったプログラマーのための副業ガイド【リモート可】

時間が許す限り複数のお仕事を掛け持ちすると、一つのお仕事が例え契約解除になっても他の仕事があるので収入的に困りません。

フリーランスエンジニアは大変・・・でも私は大好き!

ここまで、フリーランスエンジニアの大変な所ばかり紹介して来ました。

しかし私は、フリーランスエンジニアになった事を一切後悔はしていません!

私は22歳でフリーランスエンジニアになった訳ですが、

あおい

こんな22歳のちっぽけな私にもお仕事を依頼してくれる人が沢山いるんだな。

ありがたいな。

と感じながら過ごす事が出来ました。

昔、「自営業の休みはお客さんがいない時」と聞いた事があります。これは本当にその通りだと感じています。

私はフリーランスエンジニアになってから、プライベートで一日中遊ぶ事はいまだに一切なく、ずっとただひたすらにお仕事をして来ました。

それが「疲れたな」と思う事もあるのですが、お客さんがいないと働けないんですよね。

日本には、お仕事が欲しいのに獲得出来ないフリーランスが大勢います。むしろ、そう言う人の方が多いかもしれません。

沢山お仕事を依頼してもらってずっと働きっぱなしの私は、働く喜びを感じながら働いています。

お仕事をくれるお客さんに感謝です。

まとめ

本記事で紹介した大事件は、この記事を読んでいるあなたの身に起こらない様にして下さい。

最善の注意を払いましょう。

そして、大変でないお仕事はありません。

フリーランスエンジニアも大変だし、正社員も大変だし、社長も大変だし、ニートも大変です。

全てのお仕事は大変なので、自分がやりたいと思える働き方で過ごすのが一番です。

”フリーランス”や”エーアイ”などの響きの良い言葉に惑わされずに、自分が今後どうなりたいかを逆算しましょう。

そして、理想の自分に最短でなれる働き方を選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です