【22歳で月収100万円達成】
フリーランスエンジニア"あおい"のプロフィール

gitのローカルリポジトリ&GitHubのリモートリポジトリの削除方法

こんにちは!エンジニアのあおいです。

この記事では、「gitのローカルリポジトリ」と「GitHubのリモートリポジトリ」の削除方法を解説します。

「リポジトリの削除方法が分からない( ´ー`)⁇?」という方は是非参考にして下さいね。

gitのローカルリポジトリの削除方法

gitのローカルリポジトリを削除する方法は2つあります。

「rm -rf .git」とコマンドを打つ

  1. 削除したいリポジトリがあるディレクトリに移動する
  2. 移動したディレクトリで rm -rf .git とコマンドを打つ

rm -rf .git.git の . は現在のディレクトリという意味です。

つまりrm -rf .gitは「現在のディレクトリの中にあるgitリポジトリを削除するよ!」という命令をPCに送っているんです。

あおい

また現在のディレクトリの事を「カレントディレクトリ」と言います。

「rm -rf {レポジトリ名}」とコマンドを打つ

  1. cd .. で削除したいリポジトリがある1つ上の階層に行く
  2. 移動したディレクトリで rm -rf {レポジトリ名} とコマンドを打つ

GitHubのリモートリポジトリの削除方法

たった4ステップでGitHubのリモートリポジトリを削除出来ますよ。

この記事に沿って進めてみて下さいね。

  1. リポジトリのページで「Setting」ボタンをクリック
  2. ページの一番最後の「Danger Zone」に移動し「Delete this repository」ボタンをクリック
  3. フォームに「ユーザーネーム/ディレクトリ名」を入力する
  4. 「I understand the consequences,delete this repository」ボタンをクリック

これだけでGitHubのリモートリポジトリの削除が完了します。

あおい

なお削除したリポジトリは、90日以内まで復元可能です!

参考文献:リポジトリの削除

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です