【22歳で月収100万円達成】
フリーランスエンジニア"あおい"のプロフィール

評判の良いファイナンシャルスタンダードの無料セミナーと相談会に行った感想と口コミ

こんにちは!フリーランスエンジニアのあおいです。

今日はファイナンシャルスタンダードと言う投資スクールのご紹介をします。

老後に2000万円用意問題もあり、

「お金に不安がある・・・。投資信託とか初めてみようかな。」

と言う方は多いのではないでしょうか?

給料だけで十分貯金が出来るのが理想ですが、そうではない方も多いでしょう。

先日、ファイナンシャルスタンダードの無料セミナーと相談会に行って来ました。

私は自営業なので、年金が少なかったり(そもそも貰えるのかな・・・)退職金がなかったりして、サラリーマンの方よりも資産形成を考える必要があります。

そんな自営業の事情を不安に思っていて、今回セミナーと相談会に行きました。

結論から言うと、お金の不安を抱えた人はファイナンシャルスタンダードのセミナーと相談会に行く事を検討してみて下さい!

一方、

お金に不安がある人

投資って何か怖いんだよね・・・
と思う人もいるはず。

そうですよね、失敗して損をする事を考えると怖いですよね。

だから、プロに運用してもらった方が安心なのです。

あおい

過去に対面証券・ネット証券で運用に失敗した方にもおすすめです!

早速、ファイナンシャルスタンダードの概要を見て見ましょう。

ファイナンシャルスタンダードの概要

運営会社 ファイナンシャルスタンダード株式会社
所在地 〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビル11階
費用 売買手数料・信託報酬
レッスン形式 講義・コンサル
サポート・質疑応答 定期的なメンタリング

ファイナンシャルスタンダードはファイナンシャルスタンダード株式会社が運営する資産運用サービスです。

ファイナンシャルスタンダードの特徴はいくつかありますが、もっとも大きなものは「独立系ファイナンシャルアドバイザー(IFA)である」と言う点です。

ちなみに
独立系ファイナンシャルアドバイザーは、どこの金融機関にも所属しない中立の立場でお客さんの資産運用をしてくれます。

例えば、株の金融機関に属しているファイナンシャルアドバイザーなら「株が1番良い金融商品ですよ!」と言うに決まっています。

独立系ファイナンシャルアドバイザーはその様な事がない存在です。

独立系ファイナンシャルアドバイザーでない場合、勧められる金融商品に偏りが出てしまうので、最適な資産形成が出来るか分からないですよね。

もちろん、買う金融商品が決まっている場合は独立系ファイナンシャルアドバイザーでなくても良いはずです。

しかし大抵の方は投資初心者なので、分野に縛られず色々な金融商品を相談しながら学べる独立系ファイナンシャルアドバイザーの方が良いです。

あおい

ファイナンシャルスタンダードは契約すると無料で定期的にメンタリングをしてもらえます。

また、セミナーや相談会でも金融商品の基礎的な事からおすすめの金融商品まで教えてもらえました!

そんなファイナンシャルスタンダードのメリットを見ていきましょう!

ファイナンシャルスタンダードの口コミ

このご時世なので、ファイナンシャルスタンダードの利用者は増える一方です。利用者からの感想や口コミが多数投稿されています。

私の資産全体のことを考えながら、適切なアドバイスをして頂けることに非常に感謝しています。 また、様々なところから多くの情報を収集しており、投資について非常に参考になっています。

引用:ファイナンシャルスタンダードのHP

以前は楽天証券のネット取引ですべて自分で考えながらやっていましたが、上手くいっていませんでした。 ファイナンシャルスタンダードは担当の方が、私の意向や目標に合わせて細かく運用設計をしていただいており、現在は安心して資産を預けています。

引用:ファイナンシャルスタンダードのHP

良い口コミが多いですが、一方でこんな口コミも見つけました。

この方はどう言う話を聞いたのでしょうかね?気になる所です。

では、次に私がファイナンシャルスタンダードの無料セミナーと相談会を受けて感じたメリットを紹介します。

ファイナンシャルスタンダードの5つのメリット

ファイナンシャルスタンダードのメリットは5つあります。

ゴールから逆算したプランを提案してくれる

無計画にお金を増やそうとしても上手くいきません。しかし、ファイナンシャルスタンダードではゴールから逆算したプランを提案してくれるので、備えが十分出来ます。

人生でお金がかかるシーンは、

  • 海外旅行
  • 結婚
  • 子供が私立の学校に進学
  • 親の病気

など何度もあり、大きなお金が動きます。

その様な時に困らない様に投資も設計すべきです。

ファイナンシャルスタンダードでは、将来のいつの時点にいくら必要か目標を立てて、リスクが低くなりリターンが高くなる方法を一緒に考えてくれ提案してくれます。

あおい

初心者だと自分一人では中々投資計画を立てにくいです。

しかし、今まで様々な人達をコンサルして来たノウハウを持っているファイナンシャルアドバイザーと一緒にプランを立てると、目標額に到達出来る道筋が明確になります。

実際に私のプランも相談会で一緒に考えてもらいました。

長期を前提とした投資

積立投資は投資期間が5年〜老後までかかるので長期前提でないと出来ません。

しかし、従来の日本の金融機関は頻繁な売買をお客さんにしてもらう事で売り上げを上げているので、初心者は長期的な投資をしづらかったです。

ファイナンシャルスタンダードでは、売買に対して手数料は取らず残高に応じてフィーを払う方式なので、長期投資が可能です。

一方、投資をしていると経済状況により「上がった!」とか「下がった・・・」と言う感情の起伏が激しくなってしまう事もあります。

この感情の起伏が投資を続ける時に厄介です。起伏を繰り返している内に「投資が疲れた・・・」と感じて辞めてしまう人が多いからです。

投資でお金を貯めるのが目的なはずなのに、感情が原因で選択肢が貯金だけになってしまうのはとてももったいないです。

けれども、自分が汗水垂らして働いたお金が減っていくのは悲しくなってしまいますよね(-_-)当然です。

なので、ファイナンススタンダードでは相場を読まない投資を行っています。

相場を正確に読むのはプロでも難しいんです。

あおい

ファイナンシャルスタンダードでは相場を読まず、長期的な経済状況を踏まえて投資活動を行います

その為、一喜一憂せず投資を続ける事が出来ます。

無理なく投資を学べ継続出来る

ファイナンシャルスタンダードでは無理なく投資の知識を学べ、投資活動を継続出来ます。

経済・投資などの知識は会員様専用サイトで動画形式で学べるので、個人のスケジュールに合わせられるからです。

例えば、「新興国株式の投資リスク」や「株式のリターンの源泉について」などの講座があるそう。

また、投資期間のサポートや質疑応答は、ファイナンシャルアドバイザーが定期面談を通して運用状況の説明やサポートを行ってくれるので、自分の都合の良い時に行ってもらえ無理なく投資を継続出来ます。

普段のお仕事を続ける前提でファイナンシャルスタンダードを利用する方が大半のはず。

その際に、厳しいスケジュールや毎回オフィスに通わなければならないとかだと、投資が疲れてしまいますよね。

あおい

ファイナンシャルスタンダードを利用すると無理なく投資を始められ継続出来ます!

ファイナンシャルアドバイザーは全員大手銀行・証券会社出身

「しっかりした金融知識や経験を持っている人に相談したい」と言うのはみんなが思う事ではないでしょうか。

ファイナンシャルスタンダードのアドバイザーは全員大手銀行や証券会社の出身の方で、金融と投資に詳しい方ばかりです。安心して相談出来ますね。

一方でどことは言いませんが、会社の研修で金融知識を学んだだけでコンサルタントと名乗って商品提案している所もあります・・・。

そんな会社に自分の人生が左右する可能性がある投資を相談したいとは思いませんね。何なら、その会社の研修を受けてしまえば済む話ですし。

ファイナンシャルスタンダード以外にも投資スクールはありますが、その際もファイナンシャルアドバイザーの実績はしっかりと確認しておきましょう。

独立で中立的な立場である

独立で中立的な立場である点も見逃せません。

ファイナンススタンダードは独立系ファイナンシャルアドバイザーである為、各商品を偏見なく選ぶ事が出来ます。

「保険がいいです!」とか「絶対株式投資がおすすめ」とか巷には色々な話があふれています。

もちろん金融商品にはそれぞれメリットとデメリットがあり、どのメリットを選択すべきかは人によります。

自分の頭で金融商品を選ぶから、最適な商品を選べるんですね。

一方、私も見せてもらえたのですが、ファイナンシャルスタンダードが用意している商品はとても多いです!

多すぎて逆に選べない状態になるのですが、その場合もファイナンシャルアドバイザーの方がアドバイスをくれるので心配ありません。

あおい

お金は大事ではありますが、所詮人生を快適にするツールでしかありません。ツールを増やして、自己実現をしましょう!それを行えるのが投資なのです。

ファイナンシャルスタンダードの3つのデメリット

ファイナンシャルスタンダードのデメリットは3つあります。

短期間で大幅に資産を増やす商品は扱っていない

ファイナンシャルスタンダードでは、FXの様に短期間で大幅に資産を増やせる商品は扱っていません。

ファイナンシャルスタンダードで扱っているのは長期的な時間をかけ、年利3〜5%ぐらいで増やしていく商品のみです。

最短でも5年の投資期間は必要な商品がほとんどだそう。

「リスクを取ってもいいから、短期間で大幅に資産を増やしたいよ!」と言う方はファイナンシャルアカデミーの方が合っているかもしれません。

ファイナンシャルアカデミーの体験記事があるので、そちらをご覧下さい。

【インタビュー付】講師は?Financial Academy(ファイナンシャルアカデミー)を利用した評判・口コミ

ちなみに、5年も経ったら独身の人は結婚しているかもしれないし、転職しているかもしれません。

その様なライフスタイルの変化に合わせて、ファイナンシャルアドバイザーが軌道修正の為のアドバイスをくれます。ライフスタイルの変化があっても安心ですね!

本当にお金のない人は利用が厳しい

本当にお金がない人ほど早めに対策をするべきなのですが、やはり投資にはまとまったお金が必要です。

そのお金が用意出来ない人は投資を考える前に

  • 転職する
  • スキルアップする
  • 生活費を下げる

などお金を増やせそうな選択肢を探しましょう。

投資をするならば、iDeCoやNISAでない限り100万円ぐらいは貯金があった方がいいかなと感じています。

一方で、「自分はどうしても貯金が苦手で・・・」と言う方もいるはずです。

女性限定にはなってしまいますが、その様な散財しがちな方にはBookee(ブーキー)が合っています。

Bookee(ブーキー)ではiDeCoやNISAなど誰でも始めやすい投資を重点的に教えてもらえ、貯金が出来る習慣になる仕組みもあります。

レビュー記事があるので、良かったら参考にして下さいね^^

【体験談】ABCash(エービーキャッシュ)旧bookee(ブーキー)の評判は本当?無料相談したメリット・デメリット

横のつながりが作りづらい

「せっかくスクールに通うのだから、横のつながりを作りたい!」と思っている方もいるかもしれません。

確かに同じ目標を目指して頑張っている仲間がいると、やる気や継続率が圧倒的に変わって来ます。

また、仲間内で情報交換も出来ますね。

一方、ファイナンシャルスタンダードは基本マンツーマンなので、他の方と横のつながりを作るのは難しいです。

投資仲間を見つける場合は、他で見つけた方が良いです。

次に、セミナーの体験談をご紹介します。

ファイナンシャルスタンダードのセミナー体験談

ヒルトン東京で行われたセミナーに行って来ました。その体験を赤裸々に書きます。

ヒルトン東京は超豪華でした!普段めったに行かないので、テンションが上がりました笑。

休憩時間にコーヒーとお菓子が出たのですが、それも超絶美味しかったです・・・!

講師はファイナンシャルスタンダードの代表の方で、資産運用コンサルティングの経験がとても豊富な方でした。

セミナーでは、

  • 株式
  • 債権
  • 金利
  • 投資信託
  • 運用までのプロセス

について学びました。

それぞれとても分かりやすく解説してもらえました。

私は趣味で投資の本などを読んで来たので、ある程度の基礎知識はあると思うのですが、本では学べない実践的なお話を聞けてとても為になりました。

例えば、「株式と債券のどちらに投資すればいいか」と言う内容があって、金融状況からそれを判断出来るそう。私が資産形成する際に絶対に使える知識です。

一方セミナー内で「なぜ投資信託で損するのか」のお話があり、それが1番面白かったです。人の感情が経済予測を鈍らせていると言う内容でとても納得行きました。

あおい

興味のある方はセミナーに参加してみて下さい!

セミナーに参加すると無料相談会に参加出来る権利がもらえます。

ファイナンシャルスタンダードの無料相談会

セミナーに参加した後に無料相談会に参加出来るので行って来ました。

担当してくれたのは、宅地建物取引士やファイナンシャルプランニング技能士などをお持ちのファイナンシャルアドバイザーの方でした。

当日はまず

  • 債権
  • 投信
  • 保険

の商品のメリット・デメリットを教えてもらいました。

「株はハイリスクハイリターンで保証がない」とか「保険は保証があるがお金の増え方は悪い」とかのお話を聞かせてもらいました。

あおい

自分に合う投資商品を考えられました!

次に以下の投資に関する事を整理しました。

  • ハイリスクハイリターンを狙うかローリスクローリターンを狙うか
  • 毎月投資にいくら使えるのか
  • 何年後にどんな支出がありそうか
  • 何年間投資を行うか

これは本当に重要です!投資を考えているみなさんは一度考えましょう。

特に太文字で書いた「ハイリスクハイリターンかローリスクローリターンか」は結構重要です。


上のグラフを見て見て下さい。

緑はハイリスクハイリターン型、青はローリスクローリターン型の投資です。

みなさんはどちらの投資がお好みでしょうか?

これは私が実際に面談で聞かれた事です。

どちらの投資が良いかはありません。

自分の目的やリスク許容度からどちらの投資が理想かを選び、そこから逆算して金融商品や投資期間を選びます。

”投資”と言っても色々な商品や方法があります。

面談をしてもらう事で、自分はどんな投資を行いたいのか、何年かけていくらまで目指したいのかなどを明確にする事が出来ました。

最後に、私におすすめの金融商品を4つ紹介してもらいました。

それぞれ必要な投資期間や利率が違い、それらを上手く組み合わせる事でポートフォリオを組む事が出来ます。

他にも非課税の商品やそれぞれの商品にあり得るリスクなども教えてもらい、充実した1時間でした。

無料セミナーの参加方法

無料セミナーへの参加は簡単です。

セミナーへはHPに移動して

こちらの入力フォームに記入します。

1分もかからず手軽に出来るので、興味のある方は参加を検討してみて下さい^^

ファイナンシャルスタンダードはどんな人におすすめできる?

ファイナンシャルスタンダードにおすすめな人は以下のどれかに当てはまる人です。

投資で失敗したくない人

投資で失敗したくない人はファイナンシャルスタンダードの利用を検討すると良いです。

お金の不安がある人

自分で経済の流れを読む事なんて勉強しても出来ないよ。
と感じる方は多いと思います。

確かに投資はプロでも勝つ事が出来ない世界です。

なので、完全に一人で投資するよりはプロのサポートありきで始めた方が失敗する確率が低くなります。

100%勝つ事が出来ないにしても投資のノウハウはある訳で、それを利用しないで0から我流で進めていくのはもったいないですよね。

もちろん投資に慣れて来たら自分でやってみるのでも良いので、最初はサポートしてもらいながら始めるのが良いです。

兼業投資家でありたい人

ファイナンシャルスタンダードは働きながら資産形成をしたい人を対象にしています。

「専業投資家として生活する」プロの投資家を養成する講座ではありません。

「定年退職するし専業投資家として働いて、老後の生活費を稼ぎたい」と言う人はファイナンシャルアカデミーの方が合っているかもしれません。

【インタビュー付】講師は?Financial Academy(ファイナンシャルアカデミー)を利用した評判・口コミ

「仕事と並行して投資活動をしたいから、投資に時間はそこまで割けない。なので、ほっておくタイプの投資をしたい」と言う方にファイナンシャルスタンダードはぴったりです。

本気で資産を増やしたい人

本気で資産を増やしたい人しかファイナンシャルスタンダードを利用しない方が良いと感じます。

理由は「ファイナンシャルアドバイザーが勝手に資産を増やしておいてくれるよ」と他力本願になってしまう危険性があるからです。

ファイナンシャルアドバイザーはプランを提案してくれたり、アドバイスしてくれたりはしますが、最後に決めるのは自分自身です。

「どの商品を買う」とか「いつ売却する」とかを最終的に判断するのは自分です。

なので、アドバイス等はあるものの基本的には自分で考えなければなりません。

自分主体で考えないと投資が上手く行かなかった時に、ファイナンシャルアドバイザーのせいにしたり、商品のせいにしてしまうかもしれません。

それだと失敗も生かせらず、単に損をしてしまう事になります。

「ファイナンシャルアドバイザーがどうにかしてくれる」と考えている人は日本の銀行に資産を預けていた方がずっと良いのでは、と感じます。少なくともマイナスになる事はないですからね。

あおい

本気の人にファイナンシャルスタンダードが合っています

まとめ

お金に不安のある人は多いはず。

ですが、不安に思うだけだと何も解決が出来ません。

なので、お金に不安のある人は一度ファイナンシャルスタンダードのセミナーに行ってみて、投資の概要を掴んで見てはいかがでしょうか?

お金がないと生活をする事が出来ません。

しかも、実家が資産家とか余程の高給取りとかでない限り、お金の不安と言うのは付いて回る話です。

セミナーに参加すると、お金の不安を無くす第一歩を踏み出す事が出来ます。主に平日のお昼頃に開催されていて、会社勤めの方は中々参加しづらいとは思いますが、時間の都合の着く時に行ってみましょう。

セミナーは2時間ですが、新しい知識を仕入れる事が出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です