【22歳で月収100万円達成】
フリーランスエンジニア"あおい"のプロフィール

【インタビュー付】プログラミング初心者大学生がフリーランスエンジニアになる方法

こんにちは!フリーランスエンジニアのあおいです。

この記事では、プログラミング初心者大学生がフリーランスエンジニアになる方法を詳しくご紹介します!

「プログラミングを勉強して、大学生の間からフリーランスエンジニアとして働いてお金を稼げたらいいな」

とか

「就職活動を万全にする為に学生フリーランスエンジニアになりたい」

って思っている学生さんは多いようですね。

しかし、まだまだ大学生フリーランスエンジニアは極わずかです。

どの様に勉強して今の仕事が出来る様になったのかや仕事の獲得方法などを聞ける機会はありません。

そこでこの記事では、私の友人である大学生フリーランスエンジニアの小林秀樹君のリアルな体験談も掲載する事で、大学生フリーランスエンジニアの実態を出来るだけ詳しく解説します。

参考にしてくださいね。

大学生でもフリーランスエンジニアとして働けるって本当?

「大学生でもフリーランスエンジニアとして働けるのかな?」と疑問に思っている方はいませんか?

確かに会社で働いた経験がないのに、フリーランスエンジニアとしてアルバイト以上のお給料がもらえるなんて美味しい話すぎると思うかもしれません。

しかし、プログラマーの世界では、現実にありえます。

その実情を紹介しますね。

スキルさえあれば仕事を獲得出来る

大学生フリーランスエンジニアに限らず、一般的にフリーランスエンジニアはスキルがあれば仕事を獲得出来ます。

なぜなら、IT業界は実力主義だからです。年齢や経歴は関係ない場合が多いです。

この前、高校生でフリーランスエンジニアをして稼いでいる方のお話を見ました。

最初は「高校生!?」と驚きました。しかし、普通のエンジニアは真似出来ない技術を持っている高校生で、「これは、仕事の依頼も沢山来るだろうなあ」と感じました。

また、正社員エンジニアとして雇われても、「毎日エクセルをスクショしている・・・」と言う方も多いです。

その様な場合だと、いくら働いてもプログラミングのスキルは身につきません。

つまり、働いた経験が重要なのではなくてシステムを完成させる力が重要なのです。

よって、大学生でもシステムを完成させる力を身につけられたら、お仕事を獲得出来ます。

フリーランスエンジニアの需要は高い

現在、お仕事の数>>>フリーランスエンジニアと言う超売り手市場です。

フリーランスエンジニアに限らずIT人材の不足は、2030年で約45万人にもなるそうです。

(参考資料:人材不足のIT業界で「戦力外オジサン」がはびこるワケ

その為、「猫の手でも借りたい!」と言う人手不足の企業は多くあり、その様な企業が大学生フリーランスエンジニアにお仕事をお願いする場合が多いです。

また、今後さらにIT人材が不足することから大学生でもお仕事を獲得しやすい状況になりそうです。

正社員経験がなくても仕事を獲得出来る方法がある

仕事を獲得出来る方法が複数ある事も大学生がフリーランスエンジニアを出来る理由の一つです。

大抵のフリーランスエージェントは実務経験がある方でないと利用が出来ません。

しかし、クラウドソーシングやSNSなどのお仕事を獲得する方法があり、大学生でも十分にお客さんに自分のスキルをアピール出来る機会があります。

お仕事を獲得する方法について後半でより詳しく解説します。

では次にフリーランスエンジニアとして働くまでの具体的な勉強法を見ていきましょう。

大学生がフリーランスエンジニアとして働くまでの勉強法5ステップ

大学生がフリーランスエンジニアとして働くまでの勉強法を詳しくご紹介します。

基本的に、この項目で紹介する5つのステップ通り知識を身につけていければ、大学生でもフリーランスエンジニアになることができます。

これから目指したい方は参考にしてくださいね。

オンライン教材でプログラミングの基礎を学ぶ

まずは、オンライン教材で学びましょう。格安でプログラミングの基礎を習得出来ます。

おすすめのオンライン教材はUdemyです。

UdemyにはWEB開発やデータ分析などプログラミング系の講座が多くありますが、写真や料理などの幅広い講座を提供しています。

Udemyのおすすめの教材を紹介した記事があるので、ご興味のある方はご覧下さい。

UdemyのおすすめWEBプログラミング・デザイン講座12選

さて、一般的に「プログラミングをマスターするにはプログラミングスクールに通おう!」と言われています。

実は私もこの次の「ステップ2」で紹介しています。

しかし、「なぜステップ2でプログラミングスクールに通うのに、その前にオンライン教材で学ばなければならないの?」と思う方もいることでしょう。それには理由があります。

なぜなら、「予習をしてからプログラミングスクールに通った方が絶対に良いから」です。

プログラミングスクールも無限に通える訳ではなく、受講期間が決まっています。大抵、1〜3ヶ月です。

「1ヶ月でフリーランスエンジニアになれる!」と言うプログラミングスクールの広告も散見されますが、絶対に1ヶ月ではフリーランスエンジニアにはなれません!

プログラミングも難しく、特に初心者の頃は何が何だかさっぱり分からないはず。

プログラミングが全く何か分からない状態でスクールに行くと、概要を掴む事で受講期間が終わってしまう可能性大です。

折角お金を払ってスクールに通うのに、それではもったいないですよね。

なので、予め予習をしてから通った方が受講期間を有意義に過ごせます。

プログラミングスクールで実践力を培う

予習して基礎知識を身につけたあとは、プログラミングスクールに通い、「実践力」を培いましょう。

ステップ1でも解説しましたが、プログラミングスクールで学ぶ事はプログラミングではありません。

では具体的にどの様な実践力を培うと良いのかと言うと、それは「一人でアプリケーションを開発出来る力」です。

なのでプログラミングスクールでは、実際にアプリケーションを作る事に焦点を当てましょう。

開発しようとすると、予期せぬエラーの連続で、コードの管理もうまく出来ないはずです。

そんな時にメンターの方にアドバイスをもらうと無駄に時間をかけずに開発を学べます。

学校と並行してスクールに通いたい方は、次の記事で「夜間でも通学できるプログラミングスクール」を紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

夜間に通学出来るおすすめプログラミングスクール7選

今流行りの人工知能を学びたい場合は次の記事で詳しく紹介していますので、参考にご覧ください。

プログラミングスクールで習った事を復習し、エンジニアになる準備をする

予習→実践と来たら、次は復習が大事ですね。

と言う事で、プログラミングスクールの受講期間が終わったら復習を必ずしましょう。

一回学んで定着するのが理想ですが、実際には何回もやってみないと身につかない事が多いです。

おすすめの復習方法は、オリジナルアプリケーションを作ってみる事です。

オンライン教材や本を見ながら、一つのアプリケーションを開発するのでも良いのですが、それだと作り方がそもそも教材に書いてあるので写経になってしまいます。

自分の頭であまり考えなくても出来てしまいますよね。

なので、作り方から考えるオリジナルアプリケーションの開発が復習に適しています。

またオリジナルアプリケーションを開発すると、その後仕事が取りやすくなると言うメリットもあります。

プログラミングスクールと自分で作った2つのアプリケーションをポートフォリオとしてインターン先を探す時に見せると、採用してもらえる確率がぐんと上がります。

オリジナルアプリケーションの開発はメリットだらけですね。

エンジニアインターンで実践経験を積む

いきなりフリーランスエンジニアとして働く方もいますが、それだと完成出来なかった時のリスクが大きいので、まずはエンジニアインターンとして働いて学びを深めるが安全です。

「エンジニア インターン」で検索すると様々な求人サイトが出て来るので、その中からやってみたいものに応募すると良いです。

学校でもエンジニアのアルバイトを募集している事がありますが、あまり時給が良くないので他の方法で探した方が良いなと感じます。

インターンをする事は他にもメリットがあり、フリーランスエンジニアとしてお仕事を獲得する際に「インターンでXXのアプリケーションを作って来ました」と話すとより依頼されやすくなります。

もし自分が仕事を依頼する側なら、プログラミングの勉強だけして来た学生より実際に働いて来た学生に依頼したいと思いますよね?

ちなみに、エンジニアインターンで働いた経験があると就活に有利です。

注意
インターン先を選ぶ際、社長以外のメンバーは全員学生の会社は選ばない様にしましょう。

エンジニアの正社員の方がいる会社を選ぶべきです。

社員の方がいると「実際にエンジニアとして働いて工夫している事」や「今後のキャリア戦略」を聞けるので、就職した後に生きる話を聞く事が出来ます。

仕事を獲得し、エンジニアとしてスタート

ステップ4まで完了しある程度一人で開発出来る力がついたら、実際にフリーランスエンジニアとして働いてみましょう。

仕事の取り方としては以下の方法があります。

  • 人づてに紹介してもらう
  • ポテパンフリーランスを利用する
  • クラウドソーシングを使う
  • SNSで募集する

それぞれを見ていきましょう。

まずは人づてに紹介してもらう方法です。

知人からの紹介でお仕事をもらう方法は最も安心・安全な方法です。

知人からの紹介ゆえ変な条件のお仕事は来ないでしょうし、何かトラブルがあった時も知人が間に入ってくれる事もあるからです。

しかし、大学生は社会人とは基本接点がないのでお仕事を紹介してくれる人と多く繋がるのは中々難題です。

次に安全なのはポテパンフリーランスを利用する方法です。

ポテパンフリーランスは唯一、実務未経験のフリーランスエンジニアでも利用出来るフリーランスエージェントです。

私も初めて登録した時は大学生でした。

ポテパンフリーランスを詳しく紹介している記事があるので、見てみて下さい。

【口コミ】評判が良いポテパンフリーランスを利用した感想とリアルな体験談

それでもお仕事が見つからなかった場合、クラウドソーシングサイトを利用すると良いです。

クラウドソーシングサイトだと、クラウドワークスランサーズココナラが便利です。

クラウドソーシングサイトでお仕事を獲得するには、まずサイトで1つでも仕事を獲得出来たかが肝です。

お仕事を依頼するかどうかはサイトでの実績が重要です。

なので、1つでも仕事をもらい、その仕事を全力でこなし満点の評価をもらう事で、その後のお仕事の獲得しやすさが大幅に変わります。

注意
クラウドソーシングサイトでは、びっくりブラック条件のお仕事も多く募集されています!

引き受けるお仕事の条件は十分に注意しましょう。

SNSで募集するのは最終手段です。

なぜなら、SNS経由でのお仕事獲得はどの様な相手からか全く分からない事もあるからです。

SNSで声をかけてもらい、その後その会社のオフィスに行きちゃんと業務委託契約書を結び働いている、と言う状況なら安心です。

しかし、相手が誰か分からずフルリモートで契約書はなく、ただ納品だけしてもらいたいと言われた・・・と言う場合は辞めておいた方が良いです。

募集の際は、

こんな感じで、出来る事や条件を記載すると良いです。

投稿する際は友人に拡散してもらう事をお願いすると、より仕事を獲得出来る確率が高くなります。

色々な方法を使って、お仕事を獲得しましょう!

大学生でフリーランスエンジニアとして働く小林秀樹君へのインタビュー

現在、大学生でフリーランスエンジニアとして働いている小林秀樹君にインタビューしました。大学生フリーランスエンジニアとして働いて来た実態を詳しく聞いちゃいます!

あおい

今日はよろしく!まず質問なんだけど、何で大学生フリーランスエンジニアになろうと思ったの?
理由は2つあって、まずは自分が将来会社で働くイメージがつかなかったからかな。

小林君

あおい

なるほど、確かにそれは私も大学生の時に感じてた!自分が満員電車に揺られて通勤するのが想像出来なかった
後は、すでに自分より先にフリーランスで働いていた人とチーム組むことになったからもあるかな

小林君

あおい

そんなきっかけがあったんだね。中々、学生でフリーランスとして働いている人はいないから何かきっかけがないと、大学生フリーランスエンジニアになろうとは思わないよね
大学3年生の時にフリーランスエンジニアを始めたから、もう2年近く働いている事になるね

小林君

大学生フリーランスエンジニアになるまでどうやって勉強したのか

あおい

フリーランスエンジニアになるまでにどうやって勉強したの?
プログラミングスクールには通った事はないんだけど、それなりに教えてもらえる環境にはいたんだよ

小林君

あおい

なるほどなるほど。どういう状況?
一番最初にプログラミングと出会ったのは学部の授業だったんだよね。その時はC言語とHTMLを学んだよ

小林君

あおい

確かに小林君の学部にはプログラミングの授業がありそうだよね
その後、某中高生向けプログラミングスクールのメンターを始めて。その時JavaでAndroidアプリの開発を学んで

小林君

あおい

メンター、やってたね!それから?
それから、少しだけProgateで勉強して後は仕事で学んだ感じかな

小林君

あおい

そうなんだ!結構、独学で勉強して来たんだね

普段どの様にお仕事を取っているのか

あおい

気になるのが普段どんな感じでお仕事を取っているの?学生だと応募出来ないお仕事も多いよね
大半は知り合い経由なんだよね

小林君

あおい

やっぱ人づてなんだね。小林君はエンジニアらしからぬコミュ力の持ち主で、知り合いが多そう!大学生がフリーランスエンジニアとして働くなら、コミュ力とか人脈とか技術以外の部分も絶対に重要になって来るよね。
時々、クラウドソーシングを使って仕事を獲得する時もあるよ

小林君

あおい

クラウドソーシングはお仕事獲得の便利ツールだよね

リアルにお金はいくらもらっているか

あおい

それで、リアルに月いくらぐらいもらってるの笑?
月10万〜20万円ぐらいかな

小林君

あおい

そんなに稼いでいるんだ!学生のバイトのお給料はせいぜい5万円ぐらいだから、リッチな大学生だな〜!!
これからはもっと稼げる様になりたいね。今参画しているのが、スタートアップだったり資金が潤沢ではない組織だったりするから、大手のお仕事に参画したらもっともらえそうだよね

小林君

あおい

それはあるね!お客さんの予算の都合でお給料が大きく変わるのがフリーランスエンジニアの世界だからね

お金はどうやって決めているのか

あおい

お金はどうやって決めているの?学生だからって足元を見られそう
基本的には工数×単価で決めてるよ

小林君

あおい

そうなんだ、それが分かりやすいよね
後は、プロダクトの価値を基準に計算する事もあるよ

小林君

あおい

大学生なのに流石!

大学生フリーランスエンジニアになってからの失敗談

あおい

失敗談は何かある?
契約書をきちんと巻かなかった事でお金を支払ってもらえなかった事かな

小林君

あおい

そんな事があったんだ。確かにフリーランス全般にあり得そうだけど、それはひどいね

大学卒業後はどうするの?

あおい

今も生活出来るぐらいは稼いでいると思うけど、大学卒業後はどうするの?就職?
いや、この先もフリーランスエンジニアを続けていくよ

小林君

あおい

そうなんだ!
そして、その先は法人化させたいね

小林君

あおい

小林君ならすぐに法人化が必要になって来るよ〜!これからも頑張ってね!!

ちなみに、小林君はブログもやっています。駆け出しエンジニアの方は見てみて下さい!

上記のインタビューで「大学生フリーランスエンジニア」という実態がかなりイメージできたのではないでしょうか。

やはり、リアルな人の体験や経験は参考になりますね。

最後に、大学生がフリーランスエンジニアになる時によくある質問をいくつかピックアップしてみましたので紹介しますね。

よくある質問

開業手続きは簡単?

開業手続きは簡単と言えば簡単です。

なぜこの様に濁しているかと言うと、私は税務署の方とマンツーマンで開業手続きをしたからです笑。

開業手続きの書類を渡されても、ほぼ全ての用語の意味が分かりませんでしたし、どう書けばいいのかも分かりませんでした。

近くにいた税務署の方を呼んで、「学生で、どう書けば全然分からないんですけど・・・」と話して、それぞれの項目の意味と書き方を説明してもらいました。

全部用紙に記入出来て、「これで大丈夫ですかね?」と聞いたら、「僕に聞かれても・・・。多分、大丈夫じゃないですかね?」と苦笑いされました。

あおい

税務署の方はきっと親切に対応してくれるはず!

いくらの売り上げがあると開業手続きをしないといけないの?

約20万円以上の売り上げがある場合は、開業手続きをしなければなりません。

そして確定申告が必要になって来ます。

20万円以上売り上げがあって開業手続きをしていない場合は脱税になってしまいます。

私は大学生の頃からフリーランスとしてちょこっと稼いでいましたが、この事実を知らなかったです。

「自分は開業手続きが必要なんだ!」と分かって、慌てて税務署に行った記憶があります。

あおい

22歳で脱税罪になってしまう!と本当に慌てました笑

開業手続きをすると必ず両親の扶養を抜ける事になるの?

いいえ、必ず抜ける事にはなりません。

アルバイトとインターンで稼いだ金額が103万円を超えると親の扶養を抜けた方が税金面で得です。

扶養を抜けても良いかは、予め両親と相談しましょう。

私は社会人になってから両親の扶養を抜けましたが、扶養を抜けた後両親の支払う税金が結構高くなり、両親ががっかりしていました笑。

まとめ

大学生の内からフリーランスエンジニアとして働くと、お金も儲かりますが、それ以上に貴重な経験が出来ます。

自分でお仕事を獲得して、働いて、納品する経験は、サラリーマンでも出来ず自営業出ないと出来ません。

フリーランスエンジニアをやっていると自然とビジネススキルも身につきます。

さらに、大学では出会う事の出来ない人と沢山知り合う事が出来、いい事ずくしです。

これからフリーランスエンジニアを目指している大学生のみなさんは、ぜひフリーランスで働いてみて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です