【22歳で月収100万円達成】
フリーランスエンジニア"あおい"のプロフィール

Flaskの勉強法2ステップ

データサイエンティストのあおいです!
今日はPythonのフレームワークとして使われる頻度の高いFlaskの勉強法について解説していきます。

現場で使われるPythonのWEBフレームワークとして、
DjangoかFlaskがメジャーであると思います。

しかし、現段階でFlaskの書籍や動画などは数が少ないのが現状です。

そこでこの記事では、
少ないリソースの中でも私が分かりやすいと感じる本・サイトなどを紹介します!

この記事を読んで効率的にFlaskを勉強しましょう。

ステップ1:ゼロからFlaskがよくわかる本 でFlaskの概要を抑える

まずは、ゼロからFlaskがよくわかる本: Pythonで作るWebアプリケーション開発入門(Kindle)でFlaskの全体観を掴みましょう。

この本のオススメポイントは以下の点です。

・Flaskのお作法が広く網羅されている
・深く解説されていない分、挫折しにくい
・値段が何と¥490で内容の割に安い

値段が安い割に内容が充実している点がオススメです。
まずは、この本を一通り読んでFlaskの概要を抑えましょう。

ステップ2:チュートリアルの日本語版に取り組む

次に、チュートリアルを日本語訳したこちらのサイトに取り組んで見ましょう!

ゼロからFlaskがよくわかる本と内容が重複する所があるのですが、復習として取り組みましょう!

一方で、このサイトではWEBの仕組みがよく分からないと何の話をしているのか理解できない点があるので、WEBの知識がいまいち・・・と言う人は以下の本を読んで見ましょう!

 

イラスト図解式 この一冊で全部わかるWeb技術の基本と言うタイトルだけあって、
様々なページが図解されていて直感的に分かりやすいのでオススメです。

まとめ

いかがでしたか?以上がFlaskを勉強する2ステップとなります。

効率的に勉強して、実務に生かしましょう!

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です