【22歳で月収100万円達成】
フリーランスエンジニア"あおい"のプロフィール

【元タレント・現社長が語る】好きなことを仕事にする方法と難しい理由

こんにちは!エンジニア社長のあおいです。

私は学生時代、モデルやタレントなどの仕事をしていました。

あおい

大きな仕事をしていた訳ではなく芸能活動と呼べるレベルではないと思っていますが、一応肩書きはタレントでした。

当時私の本業は学生でしたが、タレント・役者をしている人と多く出会えました。

けれどもタレント・役者をしている知人の多くは最低限の生活をしていて、「好きなことを仕事にするのは本当に正しいのかな?」と疑問に思う時は多くて。

なので私は5年前から、最近よく言われている「好きなことを仕事にする」を考える機会が多かったです。

この記事では、タレントをしていた時から今まで私が考えた、好きなことを仕事にする方法と難しい理由についてを書きます。

私の意見の部分は大きく、絶対に内容が正しいと思ってはいません。

しかし今の仕事に対して悶々としている方の参考になれば幸いです。

好きなことを仕事にするのは可能

好きなことを仕事にするのは可能です。

現に私の知人にも舞台俳優やアイドルの仕事だけで食べている人はいます。

そういう人達になぜ今の仕事が出来たのか話を聞くと、決まって「この仕事が好きだから続けられた」とか「下手の横好きで・・・」と返って来ますね。

なので「好きなことを続けていたら仕事になった!」という羨ましい話はあるのです。

しかし好きなことを仕事にしている人の全員が、もの凄く努力をしたからその状況があると感じますね。

好きなことを仕事にするにはもの凄い努力が必要

アイドルはステージ上では華やかだけれど、ライブの為に週に何十時間も歌やダンスのレッスンをしています。

しかもそこまで売れていないアイドルの月給は1万円だったりと、経済的な苦しさが続くのは珍しくありません。

アイドルで食べている人はそんな状況でも人気が出る為にひたすら活動して、好きなことを仕事にしている今があるんです。

あおい

もしも私がアイドルが出来るルックス・歌&ダンスのセンスがあったとしても、あの生活は絶対に無理ですね・・・。

一方で努力せずとも一時的に好きなことが仕事になる人はいます。

けれども上手くいかなくなった途端に、努力している人にあっという間にポジションを取られてしまうんです。

努力している人は虎視眈々とポジションを狙っている訳で。

なので結果的に、ポジションを取られなかった努力している人しか残らなかったと言えるかもしれません。

好きなことを仕事にするのが難しい理由

私は1年半ほど芸能事務所に籍を置いていましたが、「好きなことを仕事にするのは難しい」と痛感しました。

好きなことを仕事にするには、才能や努力や運など色々な要素が必要だからです。

一つの要素だけでは足りないんですよね。

例えば演技が凄く上手いのに売れない役者は大勢いますよ。

大きな舞台に立てる機会が無かったり、ファンが中々付かなかったりと理由は様々です。

かつてプロデューサーが私を含む若手タレントに

芸能の仕事をしていると全員に3回大きなチャンスが振ってくる。そのチャンスを掴めたら大きく飛躍出来る。

プロデューサー

と話した事があって。

けれども私は

あおい

本当に全員に3回チャンスが振ってくるのかな?10回振ってくる人もいれば、1回も振って来ない人もいるんじゃないか。

と感じました。

そして仮に全員に3回チャンスが振ったとしても、1回も掴めなかった人に非があるよりも運がなかった場合が多いと思うんです。

これは芸能の仕事だけでなく、全部の仕事に言えるはず。

例えば企業でコツコツ働いて出世した、優秀なサラリーマンが起業して倒産するのはよくあります。

倒産の理由は様々ですが、本人がどうしようもない事は多々起きます。

競合が成長しすぎたり、起業家ではなくてサラリーマンの方が圧倒的に向いてたら、頑張っても中々状況は変えられません。

あおい

必要な要素を全部持っていて、初めて好きなことを仕事に出来るんです!

【正社員編】好きなことを仕事にする方法

次に正社員の場合の好きなことを仕事にする方法を見ていきましょう。

あおい

個人的に「正社員だと自営業よりも好きなことを仕事にしやすいのでは?」と感じます。

大きく2つの方法がありますよ。

正社員と並行して副業で好きなことに取り組む

正社員と並行して副業で好きなことに取り組むのは、好きなことを仕事にする最も安全な方法ですよ。

正社員の仕事があるからお金には困らないし、好きなことの目が出るまで時間をかけられます。

私の周りにも「副業の収入が本業を超えたから会社を辞めて、好きなことの仕事一本にした!」という方は多いです。

また好きなことの仕事に本業の知見を生かせるなら、正社員の仕事をしながら副業でもスキルアップするのが可能ですね。

正社員の仕事と並行して働くので、好きなことの仕事にそこまで時間を避けない所はデメリットです。

しかし詳しくは後述しますが、好きなことで生計が立たなかった時でも仕事があるのは非常に重要ですね。

あおい

正社員の仕事があると精神的負担が大分減りますよ。

好きなことが出来る部署に異動する

正社員で好きなことが出来る部署に異動出来るなら、異動するのも一つの手です。

大企業やメガベンチャーだと異動制度が充実していますよね。

好きなことの仕事が出来るスキルが十分にあると示せたら、その分野の業務経験がなくても異動させてもらえますよ。

実際に私の知人で事務で働いていたけれど、長年やりたいと思っていたPRの部署に異動した方がいます。

その方は自分のインスタグラムのフォローワーを増やしたりして、PRのスキルを磨いて異動を実現させたそう。

あおい

今は正社員で働いていなくても、ある分野の仕事の知見を手に入れるのは可能ですよ。

オンライン教材は充実していますし、副業で働かせてもらって勉強するのも良いです。

【自営業編】好きなことを仕事にする方法

自営業の場合の好きなことを仕事にする方法をご紹介します。

あおい

自営業で好きなことを仕事にするなら、仕事獲得に全力を注がないと継続的に働けないなと感じますね。

主に3つの方法があります。

人づてで仕事を探す

自営業なら人づてで仕事を探す事を継続的に行った方が絶対に良いですね。

仕事の獲得方法で人づてがメインでなくても、人づてで仕事を探して見つかるとメリットが多すぎるので。

人づてで仕事を探すと、知り合いという安心感から仕事がもらいやすいんです。

また一度仕事で気に入ってもらえたら、その後も依頼してもらえる可能性は高いですよ。

さらに人づてでもらう仕事は、高待遇だったりやりがいのある仕事だったり魅力的である場合は多いです。

あおい

仕事がないか聞いてみるのは、誰でもすぐ出来るし無料なので、もはや聞かない手がありません!

ただしそこまで面識のない人に仕事がないか聞くと不審に思われるので、今まで関わりのある人に限定した方が良さそうです。

仕事がもらえるサービスを利用する

フリーランスエージェントなど仕事がもらえるサービスを利用するのも手です。

今はありとあらゆる業種の仕事を紹介してくれるエージェントがありますよ。

IT系の業種なら「プロの副業」、クリエイティブ系なら「レバテッククリエイター」が案件数が多くて便利です。

マージン(紹介手数料の事)は案件の10%程度で、中抜きが少ないですよ。

またクラウドソーシングサイトも案件を探しやすいので、フル活用するのがおすすめです。

たまに「マージンが抜かれるからエージェントは使いたくない!」という方がいますが、自営業で一番困るのは仕事がない事です。

あおい

エージェントを永久に使う必要はありませんよ。

別の方法で安定して仕事がもらえるようになるまで、エージェントにお世話になるので十分です。

仕事が来る仕組みを作る

仕事が来る仕組みを作れると、仕事がない事に困らなくなります。

時間がかかっても仕事が来る仕組みを作っておきましょう。

仕組みと言っても大げさなものではなく、単にTwitterやInstagramのフォローワーが多いだけでも大分仕事が来ますよ。

大体3000フォローワーぐらい集まったら、仕事が来始めますね。

後は営業マンを雇って、営業してもらうのも手です。

けれども誰かを雇うのは経済的負担になるので、最初はエージェントだけでも十分と感じます。

あおい

エージェントには元々営業マンが揃っていますからね。

好きなことを仕事にするのが成功する人の特徴

好きなことを仕事にするのは全員が出来る話ではありません。

あおい

成功する人には特徴があります!

その特徴を4つご紹介しますね。

好きなことをどのように仕事にするか戦略を立てられる

「好きなことを仕事にしたい!」と思って、何となく行動するだけでは上手くいきません。

好きなことを仕事に出来る方法とスケジュールを立てられる人でないと成功しないんです。

好きという熱意だけでは仕事にならないんですよね。

お客さんからしたら発注側が仕事を好きかどうかはどうでもよく、きっちりと働いてくれれば良い訳で。

今まで私が出会ってきた、好きを仕事にしたいと奮闘している人は、「どのように仕事にするかの方法立て」が弱い場合が多かったと感じます。

仕事の獲得の仕方や仕事を大きくする方法を考えられるのは重要ですね。

好きなことを仕事にする行動が出来る

好きなことを仕事にする方法を、ただ考えて終わるのは意味がありません。

実際に行動しないと何も変わらないし、その方法が正しいのかも分かりませんから。

私が芸能事務所に入っていた時、仕事の獲得をマネージャー任せにする人は多かったです。

マネージャーに全信頼を置いていたのかもしれないしその背景は分かりませんが、非常にもったいないなと。

黙っていて向こうから仕事が沢山来る事は100%ありませんよ。

手や足を動かして、自分で好きなことを仕事にしていきましょう。

好きの気持ちを継続出来る

好きの気持ちがなくなれば、その時に好きなことを仕事にするのを諦めてしまいます。

なので些細な失敗があっても気持ちがなくならない程、好きでないと仕事にはなりません。

「ちょっと好き」レベルでは厳しいですね。

少なくとも何年も続けられるぐらい好きでないと、芽は出ませんよ。

また好きなことを仕事にする途中で、「やっぱ好きじゃなかったわ!」と気づく事はよくあります。

その時は別の仕事をすれば良いだけなので、無理に好きな気持ちを持ち続ける必要はありません。

あおい

長年ずっと好きでいられる方が珍しいと思いますよ。

周りの人が出来ない事を出来る

周りの人と同等の事しか出来ないなら、好きなことは仕事になりにくいです。

スキルや努力量など差がつけられるものがないと、お客さんがわざわざ「仕事を依頼しよう!」とはならないですよね。

「周りがこれぐらいだから自分もこの程度で良い」と考えてはダメですよ。

そういう考えを持っていたら、ただ周りに埋もれるだけです。

少なくとも好きなことが仕事になっている人レベルまでは、自分を引き上げる必要があります。

その為に時間を割いたり出来ないと、好きなことは趣味で終わってしまいますね。

好きなことを仕事にするのが失敗する人の特徴

一方で好きなことが仕事にならず失敗する人もいます。

好きなことを仕事にするのは難しいですよ。

好きなことが仕事にならない人の特徴を3つご紹介します。

他の仕事をしたくないだけ

今の仕事などを単にやりたくないから、好きなことを仕事にしたいと思っていても失敗します。

こういう思考だと、好きなことが仕事にならなかった時にすぐ挫折してしまうので。

「やっぱ辞めよ」と簡単に辞めて、新しい別の仕事に挑戦して失敗する→新しい仕事を始める、のループに陥りがちなんです。

なのでずっと仕事が続かない状態が続くんですよね。

今の仕事が合わないと感じていても、今の業種で転職が出来るぐらいにはスキルを身につける努力をした方が良いですよ。

もちろん余程合わないなら無理に頑張る必要はありませんが、今の仕事の中で仕事の基礎力を身につけておいた方が得です。

あおい

業種にはよりますが、今の仕事のスキルが好きなことを仕事にしたい時に役立つ場合は多いですね。

頑張っていれば仕事になると考える

頑張っていれば仕事になると考えるのは、半分当たっていて半分間違っています。

頑張らないと仕事にはなりませんが、ただ頑張るだけだと時間だけを浪費して失敗してしまいますよ。

「頑張っていればいつか誰かが見つけてくれる」という発想は捨てましょう。

「どう働いたら効率的に好きな事を仕事に出来るか」を考えて行動すべきです。

また時間をかけずとも好きなことが仕事になるのが一番ですよ。

単に頑張るのではなく、正しい方向性で頑張るのが重要です。

現実を見ない

現実を見ずに「自分なら絶対に出来る!」と思う人は上手くいかないですね。

現実を見ないと、なぜ自分が上手く行かないのかが分からなくなってしまうので。

自分を信じるのは大事ですが、自分を過信するのは意味がありません。

今好きなことが仕事になっていないなら、何が原因なのかを徹底的に考えましょう。

芸能事務所にいた人で「自分は他の人と違う!自分は絶対に売れる!」と信じている場合は多かったです。

あおい

しかし私は「売れた時に初めて自分は違ったと言えるんじゃないか」と思いまして。

仕事で成功するまでは「自分は凡人。だから人一倍の努力が必要」と自分に対して思っておくのが丁度良いと考えています。

好きなことを仕事にするのが失敗した時の為に準備しておくこと

好きなことを仕事にするのが失敗した時をあらかじめ考えておいた方が良いです。

あおい

どれだけ工夫して頑張っても、運がなくて失敗する時はありますよ。

何事も備えあれば憂いなしです!

いつまで好きなことを仕事にする為に頑張るのか期限を決める

「X歳になるまで仕事にならなかったら諦める」など期限を決めましょう。

頑張り続けても芽が出ないものはありますよ。

どんなに貧乏でも仕事だけをする人生で良い人は少ないはず。

多くの人が家庭を持ったり、趣味に取り組んだりする時が欲しいと思っています。

なので好きなことを仕事にする為に頑張る期限は設けた方が良いですよ。

あおい

何年間も頑張って芽が出ないなら、意外とあっさり諦められるもんです。

趣味で好きなことを続ける事は出来ますしね。

好きなことが仕事にならなかった時に何の仕事をするのか考える

好きなことが仕事にならなかった時に何の仕事をするのか・出来るのかを考えておきましょう。

かつて取り組んでいた仕事に戻るのでもいいですし、職業訓練校に通って新たなスキルを身につけるのもアリです。

私の担当ではないマネージャーが「マネージャーは売り込む事は出来るけど、再就職までは支援出来ない」と話していた事があって。

どんな仕事でも、好きなことが仕事にならなかった時に別の道を探すのは自分なんですよね。

特に好きなことが仕事にならなそうな時は、別の仕事なら何が出来るのか考えたり準備をしましょう。

いざ失敗した時に、すぐに別の仕事を始められるセーフティネットを作るべきです。

貯金を準備しておく

貯金を貯めておいて、仕事がないorミスをした時に備えておきましょう。

独立しているなら、なおさら好きなことを仕事にするなら貯金は大事ですよ。

「ミスをしたり情報漏洩したら違約金を払う」という契約書を書く時はどんな仕事でもあります。

もちろんそうならない様に気をつけるべきですが、全員に違約金を支払うリスクはある訳で。

また度重なる緊急非常事態宣言で、役者をしている知人の多くがバイトを失ってしまいました。

役者は居酒屋などの飲食店のバイトをしている人が多いんですよね。

あおい

さらに「絶対に病気をしません!」と言える人はいないはず。

どんな事が起こっても大丈夫な様に備えましょう。

好きなことを仕事にしても幸せとは限らない

最後に私はまだ社会人歴4年ですが、「好きなことを仕事にしても幸せとは限らないな」と強く感じていいます。

以前この様なツイートをしたのですが


この知人が就職活動も会社の仕事も頑張っていたのを知っているので、凄く残念な気持ちになりました。

「次期にはチームリーダーになりたい!」とバリバリ働いていたので、仕事に対してやりがいを感じていたはず。

あおい

しかしある日突然別の知人から「Xさんがうつ病になってしまい休職するらしい」と聞きました。

知人は周りが羨む会社・年収で出世候補でしたが、幸せではなかったのかもしれません。

また役者一本で働いている売れっ子役者(役者は大抵バイトをして生計を立てています)の方が、飲み会で「今は仕事があるけれど、先は分からないからなあ」とボソッと言っていたのが印象的でした。

当たり前ですが、どんな仕事でもずっと成功している保証はありません。

あおい

好きなことが仕事になっても、自分が考えた生活にならない可能性はありますよ。

まとめ

好きなことを仕事にする方法と難しい理由を理解して頂けたはず。

あおい

一日8時間は働くので、好きなことが仕事になるのが一番です。

しかも好きなことがお金になるなんて最高ですよね!

けれども好きなことが仕事になっても、幸せとは限らないのが難しい所です。

好きなことを仕事にするのが絶対的な正解ではなく、選択肢の一つと思うのが良いのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です