【22歳で月収100万円達成】
フリーランスエンジニア"あおい"のプロフィール

データサイエンティストは副業で稼げる!副業で月50万円以上稼いだ管理人の体験談つき

こんにちは!フリーランスエンジニアのあおいです。

政府が副業解禁をして以来、データサイエンティストで副業したい方も多いのではないのでしょうか?

実際、

「より多くの手取りを稼ぎたい」

とか

「スキルを身に付けたい」

と思い副業を始めたデータサイエンティストもいらっしゃいます。

特に副業は手っ取り早く収入を増やせる方法で、「もっと手取りがあればなあ」と考えている方に打ってつけの方法です。

一方で、「人脈がないから副業が出来ない」と考えて諦めている方も多いはず。

そんな事はありません!

私自身、会社に新卒として入社してすぐの22歳からデータサイエンティストの副業を始めています。

もちろん、社会に出て間もないので、全然人脈なんかありません。

しかし私は、新卒の時から24万円を継続的に副業で稼いでいて、フリーランスエンジニアになってからは50万円以上の副業収入を得た時もありました。

なので、副業収入を得るのは決して難しい事ではありません。

本記事で私の体験談を元に詳しく方法を解説しているのでぜひ参考にして下さいね^^

データサイエンティストは副業が出来るの?

データサイエンティストも副業が出来ます!

副業のデータサイエンティストの求人を募集している会社は色々とありますよ。

「データを外に持ち出せない事が多いからデータサイエンティストは副業が出来ない・・・」と思っている方もいるのではないでしょうか?

確かにそのような会社も多いのは事実です。

けれども、データを外のPCからでも利用出来る環境の会社もあります。

そのような会社が副業求人を募集していて、「データを流出させないように気をつける事」を契約として守れば何も問題なく業務を出来ます。

ちなみに

データサイエンティストが気をつけていても、PCがアタックされてデータが流出してしまう事も可能性としてあります。

そのような場合、契約書の文言にもよるのですが「データサイエンティストに責任があり、損害賠償沙汰になる」と言う事にはならないのでご安心下さい。

現在、データサイエンティストのニーズがここ数年で急に高くなっている事から副業の求人も増えています。

次にデータサイエンティストが副業でどんな案件が出来るのか見てみましょう。

データサイエンティストが副業できる案件5つ

データサイエンティストの主な副業の仕事内容は以下の5つに分かれます。

土日を使えば月10万円以上の副業収入を得られるものばかりです!それぞれを詳しくみていきましょう。

データ分析

データ分析の案件はデータサイエンティストの副業の王道でしょう。

本業のスキルがそのまま副業に生かせます。

なので、高単価を獲得しやすいメリットもあります。時給にすると、2500円〜5000円で求人が募集されている事が多いです。

データ分析の副業の仕事の流れは基本的にフルタイムのデータ分析と全く変わらず、

  1. お客さんのニーズのヒアリングをする
  2. 基礎分析をしてあたりをつける
  3. 本格的に分析する
  4. レポートとして結果を提出

の4ステップになります。

ちなみに、私自身がデータ分析の副業をした経験から感じるのですが

  • データが少ない
  • データの相関が全くない

事がフルタイムのデータ分析に比べて圧倒的に多いです。

そもそも、データ量が十分あって高い確率で相関がある事が分かっている場合、副業で案件を依頼せずフルタイムで依頼しますよね。そんなビッグデータは自社のビジネスに活かせる匂いしかしないので。

副業で依頼されるのはお客さんも「出来るか分からないから試しにやってみたい」からが大半です。

なので副業だと、フルタイムのデータ分析と比べ工夫のしどころが沢山ある所がやりがいに感じる反面、失敗に終わってしまうプロジェクトが多い事も多いのが残念な所です。

AI開発

AI開発もデータサイエンティストのメインの副業案件です。

こちらも本業のスキルが副業に直結します。

時給にすると3000円〜6000円でしょうか。AI開発は現時点で出来る人材が少ないので、副業求人ニーズが高いので案件が獲得しやすく高単価が多いです。

論文調査をして実装したり、モデルの精度を上げたりと副業だからと言って業務内容が変わる事はありません。

一方、フルタイムで働いても実際にビジネスに活かせるAIを作るには半年以上かかるのが大半なのに、副業だと作業時間が限られてくるので、

  • 1年以上の長期案件になる
  • 比較的精度の良いモデルが出来たらお客さんの会社のデータサイエンティストに渡し、改善してもらう

のどちらかor両方になる事が大半です。

ちなみに、自分がせっせと精度を上げたモデルがお客さんの会社のデータサイエンティストに引き取られて、その後どの様に使われたのか分からなくなった時は寂しい気持ちになりました・・・。

あおい

仕事なのでそれでもいいのですが、手塩にかけて育てたモデルの行方は知りたかったですね笑

WEB開発

データサイエンティストはWEB開発も出来る人が多いので、WEB開発も副業の選択肢になります。

特にAIをWEBに組み込む案件なら、データ分析の知見があるWEB開発も出来る人の方が技術ニーズが合います。

あおい

私自身もその様な案件を依頼される事は多いですね。

時給は2000円〜4500円が相場と感じています。

具体的には、Pythonを使いDjangoもしくはFlaskのライブラリを使いサーバーを開発する事が多いです。

副業だと、0から完成まで一貫して一人で全て開発する事はほぼなく、機能ごとの開発を依頼される事が多いです。

なので、お客さんの会社のエンジニアとチーム開発で進めて行く事になり、

  • チーム開発の基本を守る
  • 分かりやすいコードを書く

などの事に気をつけて働く必要があります。

プログラミングスクール講師

プログラミングスクールの講師は副業求人のニーズはかなりあるのですが、

  • 教育が好き
  • 実務経験1年未満

のどちらかに当てはまる人が行うべきかなあと感じています。

なぜなら、プログラミングスクールの講師はあまり儲からないからです。

時給1500〜2500円の求人がほとんどで、開発副業なら少なくとも時給3000円はもらえるので割に合わないですね。

ただし、実務1年目の人が副業を探しても見つかりづらいので、学んだ事のアウトプットも兼ねてプログラミングスクールの講師をやってみると言うのは良いはず。

人に教える際はまず自分で知識を整理して噛み砕いて伝える為、知識が深まります。

また、勉強が上手い受講生の方法を自分が真似る事も出来ます。

一方、根っからの教育好きの方は儲かる儲からない関係なくプログラミングスクール講師の副業はやりがいを感じられるのではないでしょうか。

技術顧問

技術顧問は超高単価を獲得出来るプラチナ副業です。

時給5万円〜10万円の案件も多いです。(時給10万円・・・。欲しいですね笑)

けれども、高時給なのは訳があります。

それは、誰でも出来る副業ではないからです。

技術顧問の副業は

  • 企業のCTOとして働いている(orいた)
  • 大企業で技術部署の大人数をマネジメントしている(orいた)
  • 博士の学位を持っていて技術を専門的に理解している(稀に修士の学位しかなくてもずば抜けて理解している人でも可)

のどれかに当てはまらないと出来ません。

つまり、何らかの専門性を持っていないと採用はされません。

上記のどれかに当てはまるには、とてつもない努力か時間をかけて得られるキャリアのどちらかが必要です。

ゆえに、”普通のデータサイエンティスト”は出来ません。

あおい

上記に当てはまる人なら技術顧問の副業を探しても良いかもしれません

データサイエンティストの副業で月50万円以上稼いだあおいの体験談

私は実務1・2年の時からデータサイエンティストの副業で月24〜50万円以上をずっと稼いできました。

副業収入だけで生きていけそうな額ですが、当時休日はありませんでしたね・・・。もちろん今、休日を返上して働いて良かったと思っていますが^^

私は今まで、

  • データ分析
  • AI開発
  • WEB開発
  • 大人数に教える講師業
  • 技術記事のライティング
  • メディア運営

とありとあらゆる副業をして来ました。

なのでその経験から、「副業で少ない時間で大きく儲ける方法」を考えたのでご紹介します。

結論から紹介すると、

割の良い継続収入が見込める開発系副業と単発で大きな収入が見込める副業を組み合わせる

と良いと感じています。

具体的にどう言う事かと言うと、まず「割の良い継続収入が見込める開発系副業」とは

  • データ分析
  • AI開発
  • WEB開発

の事を言っています。

これらの案件は時給4000円以上のものが多く手堅く稼げます。

あおい

実際私は実務2年目の時、時給4500円でAI開発の案件をしていました

例えば4500円の時給で週10時間働くと1ヶ月で18万円の副業収入になります。

普段のお給料に18万円プラスされたら嬉しい人は多いのではないでしょうか。

また、これらの案件は3ヶ月以上の契約になるものが多く継続的に副業収入を得る事が出来ます。

「単発で大きな収入が見込める副業」は特に何の案件かある訳ではないのですが、例えば私の場合なら、

  • 10人以上の大人数の前でプログラミングの講師を行い日給4万円をもらう
  • 時給2万円ぐらいのお宝開発案件で2ヶ月間で50万円をもらう

などがありました。

両方とも継続して依頼される訳ではないのですが、依頼された際には大きな収入をもらえます。

例えば、上の条件等で開発副業をしながら月1回プログラミング講師を行うと、18万円+4万円=22万円の副業収入を得られます。新卒のお給料並みですね!

あおい

4500円の時給を獲得する事も日給4万円ほどのプログラミング講師を見つける事も難しくないので、再現性は高い方法ですよ!

では次は副業の探し方を見ていきましょう。

データサイエンティストの副業の探し方

データサイエンティストの副業の探し方は6つあり、

  • 人づてでお仕事をもらう
  • WEB系制作会社に連絡する
  • Wantedlyを通してお仕事をもらう
  • 副業エージェントを通してお仕事をもらう
  • Twitter経由でお仕事をもらう
  • クラウドソーシングでお仕事をもらう

の方法があります。

それぞれの方法で具体的にはどの様に副業を見つけたらいいかはこちらの記事

12社の経験でわかったプログラマーのための副業ガイド【リモート可】

の後半で解説しているのでぜひ参考にして下さいね^^

ちなみに、副業エージェントはWorkship AGENTプロの副業が高単価な案件が豊富で利用を検討すると良いです。

それぞれのエージェントをこちらの記事で解説しているので興味があったら読んでみて下さい。

評判が良い副業エージェントのWorkship(ワークシップ) AGENTを利用した感想とリアルな口コミ 「プロの副業」で月30万円の副業は稼げる?毎月24万円の副業収入を稼いだ管理人の体験談付き

データサイエンティストの副業でよくある質問

こちらではデータサイエンティストの副業で疑問に思いそうな事をまとめました。

それぞれを見ていきましょう。

どのくらいの実務経験が必要なのか

開発系副業をやりたい場合、少なくとも実務経験半年は欲しいです。

ただし半年の場合、応募出来る副業求人はかなり少ない可能性大です。

一方データサイエンス系の修士を持っている場合なら、新卒のすぐからでも副業可能なので、その点は個人のバックグラウントによりますが。

ちなみに実務経験2年以上になってくると色々な副業案件が選べる様になって来ます。

もちろん、2年間ただデータサイエンティストと言う名のエクセルスクショ係を行なっていても副業は出来ません。

具体的にどの様なスキルが必要なのかは次の項目で見ていきましょう。

どのようなスキルが必要なのか

開発系副業を行いたい場合、以下の表の内容が目安になります。

案件内容 必要なスキル
データ分析 お客さんのニーズのヒアリング〜分析結果の説明までの一連の流れを行なった経験
AI開発 モデルを作成し、精度の改善を行った経験
論文の調査・実装も行っていると尚良い
WEB開発 サーバー開発を行った経験
AWSやHerokuなどのインフラ環境を使った事があると尚良い

一方、講師系副業の場合はデータサイエンティストとして働いた経験があれば、講師経験は未経験でも可の求人が大半です。

週どれくらい働けば良いのか

週10時間以上働ける事が求められる場合が多いです。日数にすると週2日以上ですね。

なので、副業を探す場合は少なくとも週10時間は働ける環境を確保しましょう。

お子さんがいる場合はパートナーに今まで以上に子育てにコミットしてもらえる様に交渉すると良いです。

あおい

週20時間以上働く副業ワーカーの方は体調管理に気をつけましょう

まとめ

「老後に2000万円準備問題」などもあり、今後副業のニーズはより高まって行くでしょう。

副業が出来るデータサイエンティストは専門的なスキルを持った人だけではありません。

もちろんその様な専門性が必要な副業もありますが、普通のデータサイエンティストは普段の業務内容と同じレベルの副業を探せば良いだけです。

お金とスキルが貯まる副業をはじめない理由はありません!

思い立ったら吉日です。どんな副業案件があるのは早速探してみてはいかがでしょうか。

2 COMMENTS

西 駿希

お疲れ様でございます。
いつもブログを拝見させていただいてます。
一つお伺いしたい事がございまして、
入社当時の仕事内容ですが、
AI開発、WEB開発、データ分析など、
様々な分野を任されていたのですか?
それとも独学で学ばれたのですか

返信する
あおい

ご質問ありがとうございます!
両方ですかね。

正社員の時からAI開発やWEB開発やデータ分析など幅広く担当していました。なので、仕事を通して学んだことは多いです。
一方で学生時代のインターンの時からエンジニアリングやデータサイエンスの仕事をしてきました。インターンの仕事にキャチアップするために独学で学んだ事も多かったです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です