【22歳で月収100万円達成】
フリーランスエンジニア"あおい"のプロフィール

「データサイエンティストの独学は無理!」と諦めた理由と私が選んだ方法

こんにちは!フリーランスデータサイエンティストのあおいです。

「独学でデータサイエンティストになりたい」

と思っている方は多いはず。

あおい

私も最初は独学でデータサイエンティストになろうと思っていました。

けれどもその結果、「データサイエンティストの独学は無理!」と感じたのですよね。

本記事では、私が独学でデータサイエンティストは無理と感じた理由をご紹介します。

また、どうしても独学でデータサイエンティストになりたい場合にすべき行動を詳しく解説します。

ぜひ参考にして下さいね^^

独学でデータサイエンティストは無理と感じる5つの理由

では早速、独学でデータサイエンティストは無理と感じる理由を5つ見ていきましょう。

あおい

最短で目標達成するのに独学は本当に不向きと思いました・・・。

それぞれを詳しく解説します。

努力の方向が間違ってしまう

努力の方向が間違ってしまうのは本当にもったいないですね。

知識ゼロなのに必要な知識が分かる訳がありませんから。

データサイエンティストを目指しているのにフロントエンドを熱心に勉強していたりと、勉強内容が間違っている場合が多いんですよね。

社会人で忙しいはずなのに、時間を有効活用出来なくてもったいないなと。

またどういうデータサイエンティストになりたいかにより、必要な知識が変わります。

”データサイエンティスト”と一概に言えないので「XXXとXXXを勉強すれば良い」と分かる訳ではないんですよね。

あおい

必要な知識を整理出来ないのは独学のデメリットです。

データ量が揃っている場合しか勉強出来ない

データが揃っている場合しか勉強出来ないので実務と直結しません。

実務のデータサイエンスは99%データが不十分なので。

どんな大企業でもデータが揃っている事はまあないですね。

教材はデータが十分に揃っていて、データが足りない場合の工夫が出来ません。

データが足りない場合も経験しておかないと、データサイエンティストになってから「考えていた仕事と違う・・・」と思ってしまう可能性大です。

あおい

「データサイエンティストは21世紀で最もセクシーな仕事です」と言った方がいるそうですが、そんな事はありません笑。

実際は泥臭い仕事ですよ。

綺麗なコードの書き方を知れない

綺麗なコードの書き方を知れないと”ちゃんとした”データサイエンティスト職に採用されづらいです。

余程教育熱心な企業でない限り、ゼロから未経験者を育てる余力がないですからね。

汚いコードでアウトプットを提出されると、周りのデータサイエンティストが色々と困ります。

読みにくいし、引き継ぎがスムーズに行かないですよ。

「リーダブルコード」という綺麗なコードの書き方を解説している本があり、この本を読めば知識は身につきます。

データサイエンティストになるなら非常におすすめの一冊です。

ただこの本を読むだけでは身につかず、データサイエンティストのフィードバックがあって初めて身につくと感じますね。

あおい

なので独学だとスキルアップが出来るデータサイエンティスト職の内定が取りづらくなります。

技術力が高いデータサイエンティストの手法を学べない

技術力が高いデータサイエンティストの手法を学べないと成長の妨げになります。

自分でゼロから考え出すのはあまりにも効率が悪いので。

上手く行っている人の手法を真似するのが最善ですよ。

真似て上手く行かなかったら自分で手法を考えれば良いだけの話です。

独学だと全て自分で考えないといけないので不便です。

また技術力が高いデータサイエンティストが何を参考にして考えているのかも知れて勉強になります。

あおい

他の人の手法を知れないのはデメリットしかありませんよ。

本当にデータサイエンスに携われる就職先かの判断がつかない

本当にデータサイエンスに携われる就職先かの判別が未経験だとつかないです。

データサイエンティスト職の求人と言いながら、入社後は違う仕事をさせられる場合は本当に多いんですよね。

偽データサイエンティスト求人は上のツイートの様な求人です。

未経験だと会社の業界での評判などの情報を得にくいですしね。

「全然データサイエンスではない!」という地雷データサイエンス企業は多いですよ。

また「流行のデータサイエンス職になれる」と謳い不当な労働条件を提示してくる企業もあるので。

エントリー企業・入社企業の選定は現役データサイエンティストに一度相談した方が良いですよ。

手前味噌ですが、本記事のコメント欄に質問をして頂けると返信いたします!

どうしても独学でデータサイエンティストになりたい場合はどうすべきか?

金銭的・時間的事情でどうしても独学でデータサイエンティストになりたい方はいるはず。

あおい

どうしても独学で目指したい方はオンラインをフル活用しましょう。

独学でデータサイエンティストになりたい方が取るべき行動をご紹介します。

活用すべき教材

活用すべき教材は、Aidemy・PyQ・Udemyです。

まずはAidemyの無料カウンセリングを利用しましょう。

あおい

自分の希望から勉強すべき内容を教えてもらえますよ。
カウンセリング後にAidemyを無理矢理勧められる事もありません。

私もAidemyを利用した事があり、Aidemyの詳しい体験談はこちらの記事を見てみて下さい。

料金は?Aidemy Premium Plan(アイデミープレミアムプラン)の評判・口コミ

何を勉強すべきかが分かった後に、PyQとUdemyで必要な部分を学びましょう。

まず初めにPyQから取り組むと良いですよ。

PyQはPythonの基礎から丁寧に学べる優れものです。

かなり細かい所から解説してくれているのですよね。

私は実務一年目にPyQで勉強しましたが、内容のレベルが高いなと感じました。

けれどもその分、教材をしっかり勉強したらかなり力がつきましたよ。

【格安でPythonが学べる!】評判が良いPyQを受講した感想とリアルな口コミ

あおい

PyQは月2980円〜学べて価格が安いのも見逃せません。

次にUdemyを使いデータサイエンスで実現したいコアスキルを勉強しましょう。

おすすめの教材は下の記事をご一読下さい。セール時なら1300円ほどで勉強出来ます。

【Pythonは独学でOK】Udemyのおすすめの講座でデータサイエンティストになる方法

あおい

Udemyは質問対応をしてくれるので本当に便利ですよ。

勉強時間と勉強期間

データサイエンティスト職に採用されるのに必要な勉強時間は最低で約400時間と感じます。

毎週土日に8時間勉強して、それを半年間続けたらデータサイエンスに必要な基礎力は身につくはず。

一方で状況により一日何時間勉強出来るかは変わるはず。

なので勉強期間を区切るより、まずは「400時間勉強しよう!」と意識しましょう。

400時間は簡単に捻出出来る時間ではないと考える方が多いはず。

ただ会社のお昼休みや定時で帰れた業後などの細切れ時間にコツコツ勉強すれば、状況が変わりますよ。

あおい

塵も積もれば山となるで継続しましょう。

活用すべき求人サイト

活用すべき求人サイトはIndeed・Graspy(グラスピー)・ワークポートです。

一つの求人サイトのみで探すのではなく、全部使いましょう。

この前以下の様なツイートをしたのですが

Indeedは未経験でも応募可能な求人が他社に比べて多いんです。

またGraspy(グラスピー)はカジュアルにオフィス訪問が可能な所が良いですね。

希望の会社で働く人にリアルな情報を聞けたら良いですが、捕まらない事は多いですよね。

けれどもGraspy(グラスピー)なら気軽にオフィスに伺え、働いている様子を見れます。

また登録すれば利用可能なデータサイエンスのオンライン教材もありますよ。

評判は?Graspy(グラスピー)でプログラミング学習とエンジニア転職を実現しよう

利用も登録も無料なので、一度内容を見てみてはいかがでしょうか。

最後にワークポートも未経験が応募可能なデータサイエンス求人が豊富なエージェントです。

ワークポートの運営会社が無料プログラミングスクールを運営している事もあり、未経験からのデータサイエンティスト就職のノウハウもあります。

あおい

55歳以上の方のエンジニア転職実績も何件かあるそう。
シニアな年齢の方と相性が良い転職エージェントです。

トータルコスト

トータルコストは約3万円かかると考えておいて下さい。

金額はPyQを半年間・Udemyで講座を三つ・本を二冊購入した想定です。

データサイエンススクールに通ったら約15万円はかかってしまいます。

経済的負担を減らせる所は独学のメリットですね。

ただ独学の結果で就職後に安いお給料しかもらえないと、本末転倒です。

データサイエンススクール経由で良い求人を紹介してもらい月35万円のお給料をもらうのと、自力で就職して月25万円のお給料をもらうのでは前者の方が経済的メリットが大きいので。

あおい

トータルで見て何が得かを考えましょう。

注意点

注意点は「自分で全てこなせる」と思わない事です。思わぬドツボにはまってしまいます。

頭の良い人にありがちな思考ですが、データサイエンスは未知な分野のはず。

意図的に操作されているネットの情報を鵜呑みにしてしまうかもしれません。

現役データサイエンティスト目線で見れば「何だこれ!」という情報は多いですよ。

迷った時は周りのデータサイエンティストに相談すると良いですよ。

あおい

就職は人生の一大事なはず。
独断で決断するのは辞めておきましょう。

22歳でデータサイエンティストになった私が実践した方法

22歳でデータサイエンティストになった私がどの様な勉強をしてきたかを解説している記事が複数あります。

まず下の記事で「データサイエンティストの必要スキルの身につけ方」をご紹介しています。

未経験からデータサイエンティストになる具体的方法と私がおすすめしない理由

実務で必要不可欠な知識の詳しい勉強法を解説しています。

あおい

また学生の時にデータサイエンティストインターンに参加していました。
【体験談】女子大生がデータサイエンティストのインターンに参加して感じたこと

なお難しくない分析なら機械学習を使う場合が多いはず。

機械学習に特化した勉強法は以下の記事で紹介しています。

機械学習とは?月単価80万円データサイエンティストが勉強法も解説

興味のある方はぜひご一読下さい。

まとめ

データサイエンティストの独学は無理と私が感じた理由を理解して頂けたはず。

「どうしても独学で身に付けたい」という場合でない限りはデータサイエンススクールに通うと良いです。

あおい

自己アフィリエイトで15万円ぐらいは稼げますよ。

最短で活躍出来るデータサイエンティストになる為に、自分に合った方法を今一度考えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です