【22歳で月収100万円達成】
フリーランスエンジニア"あおい"のプロフィール

完全初心者にPythonエンジニアは無謀!知識ゼロから目指せる人の10個の条件

こんにちは!フリーランスエンジニアのあおいです。

今日は、完全初心者が知識ゼロからPythonエンジニアを目指せる10個の条件ご紹介をします。

プログラミング完全初心者で

「Pythonエンジニアとして転職したい」

と考えている方は多いはず。

けれども、プログラミング完全初心者がPythonエンジニアになるのは無謀なんです。

本記事では、私が今までPythonエンジニアとして働いて来た経験を元に詳しく解説します。

ぜひ参考にして下さいね^^

完全初心者からPythonエンジニアになれる人の10個の条件

完全初心者からPythonエンジニアになれる人の10個の条件を詳しくご紹介します。

Pythonエンジニアになるのは決して簡単ではありません。

よく「プログラミングは簡単!誰でも出来る!」と言われていますが、あれはプログラミングスクールのセールス文句です笑。

特に初心者の時は、環境や向き不向きに左右されます。

では早速、それぞれの条件を見ていきましょう。

勉強時間を確保出来る

勉強時間を確保出来る人でないと、初心者からPythonエンジニアになるのは難しいです。

コンピューターの言語をマスターしなければならず、時間がかかってしまうからです。

今まで人間の言語を使ってきたのに、Pythonを始めたらコンピューターの言語を使用しなければいけません。

なので、理解しづらい知識が多いんですよね。

「休日のみに勉強して、Pythonエンジニアに就職したい」と考えている方は多いと思います。

しかし、ちょっと勉強して実現出来るものではありません。

注意
中には「プログラミングの知識ゼロでも歓迎!」と書かれているPythonエンジニアの求人もありますが、入社後の99%は全くPythonを使わない仕事をさせられます。

この様な会社に入社してもスキルはつかないし、メリットはありません。ご注意を!

少なくとも簡単なPythonの開発なら引き受けられる様に、勉強時間を確保しレベルを上げましょう。

短期間で身につくと思っていない

短期間で身につくと思っていないのは重要です。

1ヶ月間集中的に勉強したとしても、基礎知識しか身につかずPythonエンジニアとして働けるレベルにはなれないからです。

あおい

プログラミングスクールで「あなたも1ヶ月でエンジニアになれる!」という様なキャッチコピーがよくありますが、1ヶ月ではPythonに限らずエンジニアになれません笑。

私はよくあの手の広告が誇大広告にならないなと感じています・・・。

そもそも、1ヶ月でPythonエンジニアになれるなら「AI人材が不足」とは騒がれませんよね。

1ヶ月ではとても身につかず、知識の量が多く難しいから人材不足が起こる訳で。

Pythonエンジニアとして働ける様になるには、半年間はしっかり勉強する必要があると感じます。

急いでPythonエンジニアになろうとせず、じっくり勉強してからの方が良い仕事に就けますよ。

かく言う私も初心者の頃は1ヶ月でエンジニアになれると思っていました(・・;)

プログラミングに挫折しそうな人必見!挫折する理由とその解決策5選

そして、「自分には無理なんだ」と思ってプログラミングを挫折してしまいました。

当時の事は上の記事に書いてあるので、反面教師にして下さい。

Pythonエンジニアになりたい気持ちが強い

Pythonエンジニアになりたい強い気持ちは何より大事です。

強いモチベーションがないと、目標達成は出来ません。ちょっとした失敗ですぐに辞めてしまうので。

Pythonエンジニアになりたい理由は最初は何でも良いです。

  • Pythonエンジニアになって、今より多く収入を稼ぎたい
  • 需要のあるスキルを身につけて、食いっぱぐれない様にしたい
  • 今流行りの技術に興味がある

など、どんな理由でもモチベーションを保てるならOKです。

目標を目指して頑張りましょう。

また、Pythonエンジニアになりたい理由は出来るだけ具体的な方が良いです。

例えば「今より多く稼ぎたい」なら「来年の5月までに+15万円の給与UPを目指す!」の様に明確にしましょう。

今の自分に何が足りていないのかが分かりやすくなるので、おすすめですよ。

最適な学習環境にいる

最適な学習環境にいるのも見逃せません。

周りにPythonエンジニアが一切いない状況で、知識ゼロから独学で勉強するのは酷です。

あおい

大抵の人は上手くいかず、嫌になって辞めてしまうからです。

では「最適な学習環境ってどんな所?」と疑問に思う読者の方がいるはず。

具体的には

  • 勉強する内容が明確であるカリキュラム
  • 詰まったら質問出来るメンター
  • 同時期に同じ目標に向かって頑張る仲間
  • プログラミング初心者から成功した事例

の4つがあると伸び率が早まりますよ。

特に「詰まったら質問出来るメンター」は外せません。

どんなに頭の良い人でも、最初は教えてもられる人がいないと勉強が先に進まなくなってしまいます。

あおい

環境次第では、目標達成が出来る習得期間を短く出来ますよ。

1年かかるものを半年で仕上げる事も可能です。

教えてもらうのが当たり前と思っていない

教えてもらうのが当たり前とは思っていないのはPythonエンジニアを目指すのに大事な条件です。

自分で勉強を進められるから教えてもらわない内容も理解出来て、どんどんスキルを伸ばせるからです。

教えてもらうのが当たり前と思っている人は、その時間しか勉強しない場合も多いですね。

今の時代はネットにも良い教材があって、いつでもどこでも勉強出来るのに。

自分でも勉強しないのはもったいないですね。

それに、Pythonエンジニアとして働いてからもずっと教えてもらえる訳ではありません。

いずれは一人で開発して完結出来る様にならなくてはいけません。

あおい

自分で勉強出来ると、活躍出来るエンジニアになれるスピードが早いですね。

色々と行動出来る

色々と行動が出来る人は、Pythonエンジニアになれる確率が高くなります。

チャンスを掴んで、大きく成長出来る確率が上がるからです。

「知っている人がいないから・・・」とIT系イベントに参加しない人は多いですが、非常にもったいないですよ。

業界の知り合いを増やせるし、仕事の募集をされている時も多いんです。参加しないメリットはありませんよ。

完全初心者からPythonエンジニアを目指す時は人脈が使える場合が多いです。

初心者ゆえに実績がないですが、「知人だから」という理由で仕事を依頼してもえる事もあるので。

あおい

私自身も完全初心者の時に知人からPythonの副業を依頼してもらいました。

それが実績になり、副業案件を継続的に獲得出来る様になりましたよ。

当時の話はこちらの記事に書いてあります。参考にして下さいね。

12社の経験でわかったプログラマーのための副業ガイド【リモート可】

ネットを使った情報検索が得意である

ネットを使った情報検索が得意なのは大事なスキルになります。

プログラミングを始めたら、ネットでググるのは日常茶飯事だからです。

エラーが出たら、その都度ググります。

また、技術を理解するのに本よりもネットを先に利用する場合が多いですよ。

「ググり力がプログラミングスキルと比例する」と言っても過言ではありません。

ネットを上手く使って、情報を理解出来る人が成長速度が早いです。

あおい

「普段ネットをあまり使わない」という方はプログラミングを始める前に、ネットで調べ物をする癖をつけると良いですよ。

ロジカルシンキングが強い

ロジカルシンキングが強いとPythonの理解も早いです。

プログラミングはロジカルに成り立っているからです。

なので、その仕組みを理解出来る思考を持っている方が理解が早くなるんです。

あおい

「ロジカルシンキングに自信がない!」と感じた方はロジカルシンキングの本を一冊読むと良いですよ。

おすすめの本は「マッキンゼー流 入社1年目ロジカルシンキングの教科書」です。

ロジカルシンキングの概要を抑えられ、体系的に学べる所が勉強になります。

この本を読むだけで、ロジカルシンキングがどういうものかが分かるはず。

注意
ロジカルシンキングが出来る=プログラミングが出来るではありません。

あくまでもロジカルシンキングはプログラミング基礎の土台です。勉強すべき事は一杯ありますよ汗。

問題の細分化が上手い

問題の細分化が上手いと、エラー解決が上手いです。

プログラミングのエラーはなぜ出ているのかが分からない場合が多いんです。

その際に、エラーが起こっているかもしれない原因を一つ一つ検証しなければなりません。

なので、問題細分化力が必要になります。

とはいえ、コンサルの仕事でもない限り、仕事で問題解決を強く求められる場合は少ないはず。

手軽に問題細分化力を把握する為にも本を読みましょう。

おすすめの本は「世界一やさしい問題解決の授業」です。イラストが多くて、無理なく読破出来る一冊ですよ。

問題解決のフレームワークも紹介されていて、内容が充実しています。

あおい

Pythonエンジニアになるには学ぶべき内容が多いです。

しかし、一つずつ着実に理解していくと補えるものばかりです。

一人で何でも出来ると思っていない

一人で何でも出来ると思っていないのは意外に重要です。

この手のタイプは「独学でマスター出来る」とか「企業への直接応募だけで内定が獲得出来る」と考えがちです。

もちろん、そう考えていても初心者からPythonエンジニアになれるのなら問題ありません。

けれども、なれない場合は誰かにサポートしてもらう事を検討すべきです。

格安のPythonスクールに通うのも良いです。Pythonスクールは高価な所が多いですが、コスパが神レベルのスクールもありますよ。

また就職が決まらないのなら、転職エージェントの利用を考えるべきです。

情報を持っているキャリアコンサルタントと転職活動を進めた方が、初心者なら成功率が上がりますよ。

評判の良い転職エージェントのギークリー(Geekly)を利用した感想と口コミ 評判は?転職エージェントのワークポート(WORKPORT)を利用した感想と口コミ

未経験可の求人がある転職エージェントなら「ギークジョブ」と「ワークポート」が便利です。

私も利用したことがあるエージェントですが、無理に応募を勧められる事はありませんでした。参考にして下さい。

【条件に当てはまらなかった人へ】Pythonエンジニアを目指せる行動3選

上の10個の条件に当てはまらなかった人も落ち込む必要はありません!

コツを押さえるだけで、完全初心者からPythonエンジニアを十分に目指せますよ。

Pythonエンジニアを目指せる行動は3つあります、それぞれを見ていきましょう。

初心者もくもく会に参加する

初心者もくもく会に参加すると、他の人がどの様に勉強しているのかが分かります。

目標を達成する為にどんな教材で勉強しているのかや、どの様に就活を進めているのかを知れるからです。

他の人の勉強法や就活方法を真似るととても参考になりますよ。

自分でゼロから効率が良い方法を生み出す必要はありません。

また、エンジニアとして働いている方がもくもく会を主催している場合が多いです。

なので、今までどの様にキャリアアップをしてきたかを詳しく聞ける事が多いですよ。

就職のアドバイスもしてもらえるかも。

あおい

私自身も、初心者の頃に参加したもくもく会で出会った方と今もつながりがあります。

有益な情報を教えてもらったり、いつも助けられています。

Pythonエンジニアに勉強・就活のコツを相談する

Pythonエンジニアに勉強・就活のコツを相談すると、就活に必要なスキルと身につけ方を明確に教えてもらえます。

今はPythonエンジニアとして働いている人も昔は完全初心者だったはず。

Pythonエンジニアとして就職するまでどの様に行動してきたかを根掘り葉掘り聞きましょう笑。

その過程で失敗した事もあるはず。その点は同じ失敗をしない様に反面教師にしましょう。

なお、相談をするべきPythonエンジニアは選びましょう。

ちなみに、以下に当てはまるPythonエンジニアの過程を聞いてもあまり参考にならないです。

  • 東大など超頭の良い大学を出ている→錯覚資産で採用される場合が多いから
  • 子供の頃からプログラミングをしている→スタートが早すぎて参考にならないから
  • 情報科学部・情報系専門学校の出身である→授業で扱っている可能性が高いから
  • Pythonエンジニアという名でテストやアノテーションばかりしている→そもそもPythonエンジニアではないから

相談をするべき人は、なるべく自分と同じ境遇の人が良いですよ。

なお、手前味噌ですが本ブログでは無料でプログラミング相談を載っています。

コメント欄からお気軽に連絡を下さい!

Pythonのプログラミングスクールに通う

Pythonのプログラミングスクールに通うと、自然と学びやすい環境に所属出来ます。

「独学が厳しいな・・・」と感じている方は早めにスクールの利用を検討した方が良いですよ。

Pythonスクールに通うと

  • 自由に質問が出来るメンター
  • 同じ時期に学習を始めた仲間
  • 学ぶべき内容が明確なカリキュラム
  • 就職サポート

が揃うので勉強がしやすいからです。

現役Pythonエンジニア目線で選んだスクールはこちらの記事にまとめました。

どこが安い?Python初心者におすすめなプログラミングスクール

一方で私の意見ではありますが、完全独学で就職まで目指すのはおすすめしません。

時間がかかりすぎるし、業界の事が分からない完全初心者が一人で入社する企業を選ばない方が良いと考えているからです。

プログラミングの独学が絶対に無理な6つの理由

詳しくは上の記事で解説しています。興味がある方はご一読下さい。

まとめ

完全初心者にPythonエンジニアは無謀である理由を理解していただけたはず。

Pythonエンジニアになるのは医者や弁護士を目指すよりは簡単です。

しかし、完全初心者から何かの片手間で勉強しても目指せる職業ではありません。

Pythonエンジニアを目指したい強い気持ちと学習に割ける時間が少なくとも必要です。

完全初心者からPythonエンジニアを目指す場合は、本記事で紹介した知識ゼロから目指せる10個の条件を参考にして下さいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です